« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その1 「春」になった。 | Main | ブラジルのロナウド2008 その13 32歳。 »

terça-feira, 23 de setembro de 2008

ブラジルの経済2008 その9 ブラジル通貨レアルは反転。

9月22日(月)のサンパウロ株式市場は、
指標のBovespaで51540と前日比2.86%下落した。

カントリーリスクは283ポイントで、
前日比1.79%上昇している。

ところが、
米ドルは、商業レートがR$1.7920と、
2.12%下落。
つまり、ブラジル通貨のレアルが上昇した。

株とカントリーリスクがマイナスであるにもかかわらず、
通貨だけが上昇したことになる。

この理由として、
米ドルとレアルの金利差が広がったからだと説明されている。
ブラジルのレアルの金利は、
先週0.75%も一挙にあがり、年率13.75%にもなった。

これに対し、米ドルは2%である。

年末まで、レアルの金利はさらに上昇し、14.75%になると、金融当局の担当者が計画していることもあるので、12月末の交換レートはR$1.65にも達するという予想がある。

(過去30日間の米ドルの対レアルレートの推移)
Sps20080922abrlusd00000012245470224
(2006年1月からの米ドルの対レアルレートの推移)
Sps20080922bbrlusd00000012245373724
(過去30日間の日本円の対レアルレートの推移)
Sps20080922cbrljpy00000012245470224
(90日前の交換レートを100としたときの、レアルの対米ドル、対ユーロおよび対日本円レートの推移)
Sps20080922dbrlusdeurjpy00010012245
※※グラフはすべてクリックすると拡大する。

-------------------------------
驚異のブラジル金利。

消費者向けの金利は、年率50%以上になる。
分割払いでものを買うと、恐ろしいことになるのだが、
それを気にせずにものを買う人が多いこと。

|

« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その1 「春」になった。 | Main | ブラジルのロナウド2008 その13 32歳。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/42565598

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの経済2008 その9 ブラジル通貨レアルは反転。:

« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その1 「春」になった。 | Main | ブラジルのロナウド2008 その13 32歳。 »