« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その1 「春」になった。 | Main | ブラジルのロナウド2008 その13 32歳。 »

terça-feira, 23 de setembro de 2008

ブラジルの経済2008 その9 ブラジル通貨レアルは反転。

9月22日(月)のサンパウロ株式市場は、
指標のBovespaで51540と前日比2.86%下落した。

カントリーリスクは283ポイントで、
前日比1.79%上昇している。

ところが、
米ドルは、商業レートがR$1.7920と、
2.12%下落。
つまり、ブラジル通貨のレアルが上昇した。

株とカントリーリスクがマイナスであるにもかかわらず、
通貨だけが上昇したことになる。

この理由として、
米ドルとレアルの金利差が広がったからだと説明されている。
ブラジルのレアルの金利は、
先週0.75%も一挙にあがり、年率13.75%にもなった。

これに対し、米ドルは2%である。

年末まで、レアルの金利はさらに上昇し、14.75%になると、金融当局の担当者が計画していることもあるので、12月末の交換レートはR$1.65にも達するという予想がある。

(過去30日間の米ドルの対レアルレートの推移)
Sps20080922abrlusd00000012245470224
(2006年1月からの米ドルの対レアルレートの推移)
Sps20080922bbrlusd00000012245373724
(過去30日間の日本円の対レアルレートの推移)
Sps20080922cbrljpy00000012245470224
(90日前の交換レートを100としたときの、レアルの対米ドル、対ユーロおよび対日本円レートの推移)
Sps20080922dbrlusdeurjpy00010012245
※※グラフはすべてクリックすると拡大する。

-------------------------------
驚異のブラジル金利。

消費者向けの金利は、年率50%以上になる。
分割払いでものを買うと、恐ろしいことになるのだが、
それを気にせずにものを買う人が多いこと。

|

« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その1 「春」になった。 | Main | ブラジルのロナウド2008 その13 32歳。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの経済2008 その9 ブラジル通貨レアルは反転。:

« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その1 「春」になった。 | Main | ブラジルのロナウド2008 その13 32歳。 »