« ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その105。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その337 拙宅に来る鳥301。 »

quinta-feira, 11 de setembro de 2008

ブラジル・サンパウロは「冬」2008 その11 今年の最高気温を記録。

9月11日(木)、サンパウロSão Paulo市は、今年もっとも高い気温になった。
国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)の測定では、サンパウロ市の北部のミランチ・ヂ・サンタナMirante de Santanaで、15時過ぎに33.4℃であった。

今日までの記録では、2月12日に記録されたもので、32.8℃だった。

国立気象研究所Inmetの測定が、サンパウロ市の公式なものとされている。


サンパウロ市役所の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)は、サンパウロ市北部のジャサナンJaçanã地区とトレメンベTremembé地区で34.6度を記録している。
しかし、危機管理センターの測定では、今年もっとも暑い日は、引き続き2月12日である。
この日、危機管理センターCGEは同じくジャサナンJaçanã地区で35.3℃を記録していた。

危機管理センターCGEのペルースPerus(北部)とサン・マテウスSão Mateus(東部)の測定所は、最高気温が33度を超えたことを記録した。
.
カンポ・ヂ・マルチCampo de Marte空港(北部)とコンゴニアスCongonhas空港(南部)では、危機管理センターCGEが15時に33℃を記録した。

主な研究所の天気予報では、この木曜日は気温が高くなるとしていた。
予想では、33℃であった。

危機管理センターCGEによる、サンパウロで記録された湿度は、世界保健機関OMS (Organização Mundial da Saúde)が推奨している最低の30%であった。

危機管理センターによると、
9月12日(金)の天気予報では、太陽が強く照り、気温は上がる。
サンパウロSão Paulo市では、気温は33度に達するに違いない。

-------------------------------
念のために、はっきりしておくが、
サンパウロは、今はまだ「冬」である。

今まで、一番暑かった2月12日は、間違いなく「夏」であった。

夏でも、最高気温が30℃を超えることはあまりないサンパウロ市である。

もっともこんなに気温が上がっても、
夕方になると、
すぐに気温が下がってしまう。

夜は、窓を閉めて、布団を使わないと、確実に、風邪を引いてしまう。

拙宅は、
この気温では、
家の中は寒い。

市内にある温度計は、15時30分頃に34℃を示していた。
35℃を示していたのもあった。
広告に出ている人物は、ペレである。
Sps20080911cr

※※ところで、Globo局は、
   同じ国立気象研究所の測定結果として、
   最高気温は33.5度だと報道している。
   15時過ぎの測定結果である。
   どちらが本当なのか。

   ところで、
   国立気象研究所の15時の次の測定は、
   21時という。
   6時間に1回の測定となる。

※※最終的には、35.5度が正しかったようだ。
   Folha de Sao Paulo紙は、
   サイトは変更していないが、
   9月12日(金)の紙面では33.5℃としている。

|

« ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その105。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その337 拙宅に来る鳥301。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/42450158

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「冬」2008 その11 今年の最高気温を記録。:

« ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その105。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その337 拙宅に来る鳥301。 »