« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その8 夏らしい日。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その138。 »

segunda-feira, 13 de outubro de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その101 セリエB第27節コリンチャンス対ブラガンチーノ戦 観戦1。

9月24日(水)22時から、サンパウロでももっとも伝統があるパカエンブー競技場でおこなれた、サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第27節コリンチャンス対ブラガンチーノ戦を観戦に行った。

平日の試合なので、いつもよりは観客が少ないようで、周辺道路も渋滞はしていなかった。
Sps20080924fa

パカエンブー競技場の東側のイターポリス通りも、車は徐行で進むことができた。
Sps20080924fb

正面スタンドもまだ、それほど埋まっていなかった。
Sps20080924fc

イタポリス通りから競技場の壁に沿って降りる急な階段。
手摺りがなく、とても危険な階段だ。
明るい窓のようなところが、競技場の最上段になる。
そこから、ひもが降りてきて、その下にいるものが「商品」をくくり付けていた。
それを、上にいるものが引っ張りあげていた。
競技場内では、指定業者だけが飲料やスナックなどを販売できる。
だが、現実には観客のふりをして入ったものが、チョコレートやピーナッツを売って回る。
数は多くない。
時々、警察に捕まって、連れ出されている。
こうやって商品を搬入していたのだ。
Sps20080924fd

パカエンブー競技場の正面ファサード。
Sps20080924fe

正面入り口。
Sps20080924ff

シャルレス・ミラー広場には、入場を待つ長い列ができていた。
Sps20080924fg

この日のシャルレス・ミラー広場。
※クリックすると拡大する。
Sps20080924fh

競技場の中に入ったが、やっぱり観客は多くない。
Sps20080924fi

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんのお席だけが、すでにかなり埋まっていた。
動員があったようだ。
Sps20080924fj

なんだか場違いにきれいなお姉さんが歩いていった。
明らかにモデルさんだ。
Sps20080924fk

コリンチャンス大好きおばあさんの第1号は、もう完全に設営ができていた。
Sps20080924fl

上機嫌。
Sps20080924fm

競技場内では何かセレモニーがあったようだ。
Sps20080924fn

背番号18のユニフォームを着ている人は、
北京でのパラリンピックの水泳で金メダルを獲得した人だ。
Sps20080924fo

コリンチャンス大好きおばあさんの第1号も、気になったようで、ネット際まで見に行っていた。
Sps20080924fp

普段は試合の時には絶対に開けることはないグランドと観客席を隔てている扉を開けた。
青い襟の人がその金メダリストだ。
彼は、生まれつき腕に障害がある。
Sps20080924fq

彼は、コリンチャンスの元選手のはずだ。
Sps20080924fr

この日の試合は元々23日(火)20時30分からの予定であったが、
Globo局の都合で24日(水)22時に変更になった。
そのGlobo局のグランド・レポーター。
Sps20080924fs

Tシャツ親父改めメッセージ親父も現れた。(補足1)
Sps20080924ft

ブラガンチーノの選手達が、
オレンジ色のユニフォームに、白い帽子で現れた。
Sps20080924fu

グラウンドの中央に向かっていたのだが、
思い出して、アウェー席のファンに挨拶した。
Sps20080924fv

ブラガンチーノの選手達の記念撮影。
※クリックすると拡大する。
Sps20080924fw

セレモニーがあったせいか、カメラマンがいつもよりずっと多かった。
白いレンズが目立つ。
つまりキャノンの割合が60-70%。
Sps20080924fx

コリンチャンスの選手達が入ってきた。
またあの女の子がいる。(補足2)
Sps20080924fy

コリンチャンスの選手達が、グラウンドの中央で挨拶。
Sps20080924fz

コリンチャンスの控えの選手達と技術委員会。
Sps20080924fza

コインを投げた主審。
Sps20080924fzb

審判と両キャプテンの記念撮影。
コリンチャンスの選手達は記念撮影を行わなかった。
Sps20080924fzc

円陣を組むコリンチャンスの選手達。
グラウンドに出てくる前にも、通路で円陣を組んでいるのだが。(補足2)
Sps20080924fzd


補足:
この試合の実況中継放送を録画して、わかったことで補足がある。
(補足1)
メッセージ親父の「メッセージ」は、試合前の画面に映し出された。
Sps20080924td
「我々は戻っている。 これで安らかに死ぬことができる」
コリンチャンスが、セリエAに復帰が確実になったことを喜んでいるのだ。

(補足2)
コリンチャンスの選手たちは、グラウンドに出てくる前に、
地下にあるロッカールームから大体70メートルほど地下の通路を歩いてくる。
そして最後に南側ゴール付近で階段を上ってグラウンドに出てくる。
その通路内で、一度監督などのスタッフや控えの選手も含めて円陣を組んでいる。
Sps20080924te

そして、階段を上る前で、
特別な子供だけが待っていて、
スタッフが選手に渡している。
Sps20080924tf

つづく。

|

« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その8 夏らしい日。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その138。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/42781972

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2008 その101 セリエB第27節コリンチャンス対ブラガンチーノ戦 観戦1。:

« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その8 夏らしい日。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その138。 »