« ブラジル・サンパウロの小鳥 その364 拙宅に来る鳥328。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その234 Os gêmeos 92。 »

quinta-feira, 9 de outubro de 2008

第28回サンパウロ・ビエンナル その2 工事開始。

10月26日から12月6日まで、
サンパウロのイビラプエラ公園にあるビエンナル館で開催される「第28回サンパウロ・ビエンナル」。

考えてみたら、もう開催まで2週間ちょっとである。

会場の設営工事が進んでいるかもしれないと、ふと思ったので、ちょっと見に行ってきた。

ウナギの寝床のように長いビエンナル館では、今は何も催し物は開催されていない。
前回のビエンナルの時には、早くから建物の一角に大きな幕が設置されていたのだが、今回はまだ何もない。
あと2週間ほどなのだが、会場となるこの建物周辺では、ビエンナルを告知するような掲示は何もない。
Sps20081009pibza

最下層の広大なスペースも、
前回の入り口付近から見てみたが、まだ広々としたままだ。
今回はこの層には何も作品を展示しないと展示企画者がかなり前から言っていたが実際はどうなるのだろう。
Sps20081009pibf

だがよく見ると、
何か作品らしきものが一つある。
Sps20081009pibg

横に回ってみると、明らかに作品らしいことがわかる。
Sps20081009pibh

確かに、何か作品の制作が行われている。
Sps20081009pibj

さらに、さらにその上の層では、
もっと工事が行われていた。
Sps20081009pibk

Sps20081009pibl

外では、木工工事がどんどんと行われていた。
Sps20081009pibm

そして、決定的に作品と思われるものが、建物の外側に設置されている。
Sps20081009pibc

最上層とその下の層の壁から、それぞれ螺旋状に滑り台が出ている。
Sps20081009pibd

そして、滑り台は、再び建物の中に入るのだ。
Sps20081009pibe

これは結構危険な滑り台になると思うのだが、
実際に使用させてくれるのだろうか。

滑り台を、屋内から見たところだ。
Sps20081009pibi

会場から、200メートルほど離れたマルキースと呼ばれる通路にも壁が立てられている。
Sps20081009pibw

これが、ビエンナルの作品になるのかどうかわからない。
前回は、このあたりには作品として円柱群が立てられていた。
Sps20081009pibv

最上層やその下の層はまだ会場の設営工事が行われているようには思えなかった。

滑り台と壁以外には、会場の周辺での作品展示工事が行われている様子はなかった。

前回のビエンナルにあわせて開催された「"//PARALELA"展」が行われた建物は、現在は「アインシュタイン展」が開催されており、今回も「パラレロ展」が開催されるのかどうかは不明だ。
Sps20081009pibp

-------------------------------
ビエンナル財団は、実はちょっともめもごとが起きている。

前回の第27回サンパウロ・ビエンナルの後に就任した会長と、展示企画者の間でも、費用の件などで、ぎくしゃくしたものがあるようだ。

ブラジルなので、あと2週間あれば何とか様になっているのだろうと思うのだが、どうだろうか。

しばらく、工事の進捗をみるために、頻繁に、イビラプエラ公園に立ち寄ってみようと思う。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その364 拙宅に来る鳥328。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その234 Os gêmeos 92。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/42742419

Listed below are links to weblogs that reference 第28回サンパウロ・ビエンナル その2 工事開始。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その364 拙宅に来る鳥328。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その234 Os gêmeos 92。 »