« ブラジルの経済2008 その12 サンパウロ株式市場取引一時停止。 | Main | ブラジルの経済2008 その13 サンパウロ株式市場取引、2度目の一時停止。 »

segunda-feira, 6 de outubro de 2008

ブラジル・サンパウロの選挙2008 その9 サンパウロ市長選は第2回投票へ。

10月5日(日)は、
ブラジル全土で、
市長選と市議会議員選挙が行われた。

ブラジルは、電子投票が行われているので、広い国土にもかかわらず、開票は早い。
時差はあるが、8時から17時の投票が終わったあと、
各投票機の投票データが送られる。

データは送られても、
集計に多少の時間がかかるので、5-10分で結果が出るわけではない。

ところが、
サンパウロ市の場合は、
トラブルがあり、
22時で開票率60%程度。
24時で開票率90%。
100%になったのは、もう明け方。

市長選挙の結果は次の通りで、
現市長のジウベルト・カサビが事前の世論調査の結果を予想を超えて第1位。
そして、1位になると見られていた元市長のマルタ・スプリシーが僅差で第2位。

元サンパウロ州知事のジェラルド・アルケミンは3位。
Sps20081006ta

人口20万人以上の市長選挙で、過半数を獲った候補者がいない場合は、
上位2候補者による決選投票が3週間後に行われることになっている。

つまり、ジウベルト・カサビとマルタ・スプリシーの間で戦われる。
これから、
落選した候補者の党の有権者を獲得するための、
交渉が行われる。

サンパウロ市の選挙地区での第1位の候補者を表した地図がある。
マルタ・スプリシー候補は、周縁部ではすべて1位だった。
周縁部は、貧しく、そして治安が悪く、病院もなく、交通も不便なところだ。
こういったところで、5割-6割台の得票率だったが、
逆に、ジウベルト・カサビ候補が第1位の地区では、
つまり中産階級以上の多い地区であるが、
10%台程度の得票で3位に終わったところも多かった。
Sps20081006tb

サンパウロ市長選挙でも、
結果に、
格差が露骨に現れた。

|

« ブラジルの経済2008 その12 サンパウロ株式市場取引一時停止。 | Main | ブラジルの経済2008 その13 サンパウロ株式市場取引、2度目の一時停止。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの選挙2008 その9 サンパウロ市長選は第2回投票へ。:

« ブラジルの経済2008 その12 サンパウロ株式市場取引一時停止。 | Main | ブラジルの経済2008 その13 サンパウロ株式市場取引、2度目の一時停止。 »