« ブラジル・サンパウロの小鳥 その383 拙宅に来る鳥345。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その18 また、気温が下がった。 »

terça-feira, 28 de outubro de 2008

ブラジル・サンパウロの「日本移民100周年」 その17 「汗と感動のグランドステージ」。

2008年は、ブラジルに日本人の最初の集団移民が到着して100周年で、それを記念する行事が行われている。
6月に、皇太子殿下もご出席になったような、主なイベントが集中していたのだが、今もまだ続いている。

このブログでは、
普段から、ブラジルの日系社会については取り上げていないのだが、それはそれで理由がある。

一つには、距離を置きたいからである。
日本の古い社会的関係が凝縮し、そこには魑魅魍魎が跋扈していると思っている。

いったん入り込めば、言葉も通じる世界で楽なのだろうが、それも度を過ぎると何のためにブラジルにいるのかわからなくなる。

そういうこともあって、日本人も日系人もほとんど全く住んでいない地区に拙宅があり、日系人すらも見かけないような場所で過ごすことが多い。

それでも、月に一回くらいは、リベルダーヂの東洋人街のガルボン・ブエノ通りを歩く。
だいたい、日本食の買い出しのためだ。

※この頃、どうしても日本食を食べたい単身赴任の駐在員の呼び出しが増えているので、月に3-4回は、このあたりを夜徘徊するようになりつつある。
でも、食事そしてカラオケの出費が高く一晩で300レアルもかかるのには閉口している。
ほかで、別の遊びもしなくてはならないし、楽しいのだが、つきあいも大事だ。

先週、そのガルボン・ブエノ通りを歩いていて、ポスターを発見した。

※クリックすると拡大する。
Sps20081024cb

11月に、「雪村いづみと沢竜二」のショーが、このリベルダーヂにあるブラジル日本文化福祉協会記念大講堂で開催されるそうだ。

なんだか盛りだくさんのショーになるようだ。

ほとんどが日本語で書かれており、ご高齢の日本人の一世が主たる対象なのだろう。

ブラジル日本文化福祉協会記念大講堂が、どんなところかもしれないのだが、
ちょっとだけ見てみたい気もした。
ちょっとだけだ。

よく読んでいるうちに、「汗と感動のグランドステージ」というキャッチに、徐々に違和感を覚えた。
「汗」と「感動」は、並立しないのではないかと思っている。

何となく読んでしまった時には何も感じなかったが、
じっくり見ているうちに変だと思えてきた。

まあ、どうでもいいことだ。

サンパウロでみかける日本語にときどきどうかなと思える表現があるが、これもその一つである。

100年周年で、それも地球の裏側のことである。
今こそ衛星放送やインターネットがあるが、ほとんど切れていたような日本との関係である。
こういうことも仕方がないと思っている。

味噌があり、醤油があり、米があり、納豆も、ちくわも、こんにゃくもあることに、感謝している。
すべてが、100年間に渡る日本人とその子孫の「血と汗と涙の結晶」であることは言うまでもない。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その383 拙宅に来る鳥345。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その18 また、気温が下がった。 »

Comments

はじめまして
宗崎といいます

沢竜二 を検索していてこちらの記事を拝見しました

>「汗と感動のグランドステージ」

このキャッチコピーは、日本人がもっていったものだと思います

沢竜二は殺陣が売りの俳優で
70歳を超えた現在も、激しい殺陣を繰り広げます
その時は、汗が飛び散る様です

昔からその汗が、魅力となっていました

今も、その為に前日のビールは欠かさないようです

以上の事情により、日系社会に発生する変化した日本語ではなく

ぜひその汗を(つまり、奮闘ぶりを)観に来てほしいとの宣伝文句だと思います

以上、そうざきの意見です

追伸
私の叔母も ブラジル在住です

Posted by: そうざき かつひこ | terça-feira, 1 de dezembro de 2009 at 03:07

>そうざき かつひこ様
コメントありがとうございます。
とすると、「汗」の方は沢竜二様と竜劇隊の、おそらく剣劇のほうで、「感動」は雪村いづみ様のほうからの、キャッチコピーなんでしょうかね。

実際に行って鑑賞させていただいたわけではないので、
あまりこの件について、深入りはできませんが、
日本語のできる人が減る一方で、
リベルダーヂ地区でも、日本語の看板やポスターが、めっきり少なくなっているのは、さびしいことです。

Posted by: Sao_Paulo | quarta-feira, 2 de dezembro de 2009 at 01:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/42936341

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「日本移民100周年」 その17 「汗と感動のグランドステージ」。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その383 拙宅に来る鳥345。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その18 また、気温が下がった。 »