« ブラジル・サンパウロの小鳥 その382 拙宅に来る鳥344。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その17 最低気温24.3℃。 »

segunda-feira, 27 de outubro de 2008

第28回サンパウロ・ビエンナル その9 落書き集団の攻撃。

約40人が、サンパウロ・ビエンナルの建物の2階の壁、柱、手摺りに落書きをした。


「第28回サンパウロ・ビエンナル28ª Bienal Internacional de SP」開幕初日の10月26日(日)の19時30分に、普通の来館者のようにあるグループが建物に入り、落書きを始めた。

そこにいたある人達は行為に拍手をした。

展覧会の警備は通路を閉鎖し、警察が到着するまで人々の退場を禁止した。

警備と落書き者との間で衝突があり、彼らの半分は建物が閉鎖される前に逃げることができた。

警備によって拘束されたのは約20人で、荷物一時預け所のあたりにいた。

しかし、彼らは、窓を破ぶり、逃げた。
わずか一人の女性が、警察に連れて行かれた。

混乱は大きかった、というのは日曜日にビエンナルでは電子音楽のFischerspoonerのショーが行われたからである。

このショーの整理券を得るための人々の長い列があった。

この事件にもかかわらず、ショーは当初の予定通りの20時30分に行われた。

第28回サンパウロ・ビエンナルBienalの組織は、展覧会の初日には落書きpichaçãoの脅しに対して特別の警備体制をとると発表していた。

今回のビエンナルでは、展示企画者はオスカー・ニエマイヤーOscar Niemeyerによって設計された建物の2階を空っぽにすることにした。

落書き集団の行動はインターネットで計画され、7月に美術大学センターCentro Universitário Belas Artesの建物に落書きをしたグループのラファエル・アウグスタイチスRafael Augustaitiz,に関係していた。

そのときに、彼は彼らの目的は「美術とのその限界について討議する」"discutir a arte e seus limites"ためだったと言った。

先月、ギャラリー・ショッキ・クルツラルgaleria Choque Culturalが似たような攻撃を受けた。

これは、ビエンナルBienalの建物への侵入行為としては初めてではない。


23日(木)、開幕セレモニーの2日前に、「ステッカーを貼る独立グループ」"um grupo independente de 'coladores' de 'stickers' [adesivos]"と定義しているグルッポアラキgrupoAracがやはり建物の2階に侵入している。

-------------------------------
今回のビエンナルは、そういった攻撃を受けやすそうな雰囲気がある。

何しろ、あまりに何もないスペースが多いのだから。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その382 拙宅に来る鳥344。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その17 最低気温24.3℃。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第28回サンパウロ・ビエンナル その9 落書き集団の攻撃。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その382 拙宅に来る鳥344。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その17 最低気温24.3℃。 »