« ブラジル・サンパウロの「サッカー博物館」 その2 早回りでの紹介1。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その374 拙宅に来る鳥338。 »

domingo, 19 de outubro de 2008

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その143。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080306svzzq

Sps20080306svzzw

Sps20080306svzzzf

Sps20080306svzzzi

Sps20080306svzzv

|

« ブラジル・サンパウロの「サッカー博物館」 その2 早回りでの紹介1。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その374 拙宅に来る鳥338。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その143。:

« ブラジル・サンパウロの「サッカー博物館」 その2 早回りでの紹介1。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その374 拙宅に来る鳥338。 »