« サッカー・ブラジル選手権2008 その105 セリエA第30節終了。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2008 その106 第30節コリンチャンス対サント・アンドレ戦 観戦2。 »

segunda-feira, 20 de outubro de 2008

ブラジル・サンパウロの「サッカー博物館」 その3 早回りでの紹介2。

サンパウロ市の中心部に近く、
もっとも伝統があるサッカー場パカエンブー競技場内に設置されたサッカー博物館は、
9月29日(月)に開館セレモニーが行われ、
10月1日(水)から一般に公開された。

とりあえず早回りで博物館の内部を紹介する

続きである

ブラジルのサッカーの黎明期のコーナー。
ここは、説明がスペイン語、ポルトガル語、点字そして英語で書いてあった。
19世紀末に、英国人のシャルレス・ミラーがもたらしたというのが正史である。
Sps20081001mfr_2

壁一面の額には、その当時の写真が入っている。
何も、サッカーだけの写真ではなく、当時の風俗などもわかるようになっている。
説明がある写真も多いがすべてポルトガル語。
Sps20081001mfq

一部には映像もある。
Sps20081001mfs

額は、実は押すと回転し、裏面にも写真がある。
Sps20081001mft

中には、最初の日本人移民という説明がある写真もあった。
Sps20081001mfu

真ん中の人が、英国人のシャルレス・ミラーである。
言うまでもなく、パカエンブー競技場の前の大きな広場は彼の名前がつけられているのである。
Sps20081001mfv

ブラジルの作曲家のノエル・ローザ。
Sps20081001mfw

じっくり見ると30分ではとても足りない。

次は、サッカーと音楽というコーナー。
サッカーを題材にして曲を作った作曲家は多い。
Sps20081001mfx

ピシンギーニャ。
Sps20081001mfy

そして、
ワールドカップのコーナー。
最大の見所かもしれない。
Sps20081001mfz

ブラジルは、すべてのワールドカップに出場した唯一の国である。
それぞれの大会や、その大会でのブラジル人選手、そしてその年の人や出来事がパネルに掲げられている。
Sps20081001mfza

それぞれの塔の下部に、
小さく写真の説明が出ている。
ポルトガル語だけである。
Sps20081001mfzb

1930年の最初のブラジルチーム。
Sps20081001mfzc

1958年に、初優勝したときの新聞の見出し。
Sps20081001mfzi

1960年。
左から、ガリンシャ、ヴァヴァー、そしてザガーロ。
Sps20081001mfzh

マリア・エステール・ブエノ女史。
ご健在である。
パカエンブー競技場には彼女の銅像がある。
※クリックすると拡大する。
Sps20081001mfzj

1962年のワールドカップの立役者ガリンシャ。
生きていれば75歳である。
※クリックすると拡大する。
Sps20081001mfzg

1966年。
Sps20081001mfzd

ボサノバが霧散した後の音楽シーンを引っ張ったジョーヴェン・グァルダと呼ばれた一団。
金髪の女性はワンダーレイア。
そして、その隣にいるのがロベルト・カルロス。
※クリックすると拡大する。
Sps20081001mfze

エリス・レジーナとジャイール・ロドリグェス
Sps20081001mfzf

1994年の米国大会で優勝のブラジル代表。
ロマリオ、ドゥンガ、ラウ、ベベットに、レアンドロもいる。
※クリックすると拡大する。
Sps20081001mfzk

1994年には、良いことばかりではなかった。
5月に、アイルトン・セナが事故死した。
Sps20081001mfzn

優勝杯を持ったキャプテンのドゥンガ。
Sps20081001mfzo

ロマリオ。
Sps20081001mfzl

1998年のフランス大会のブラジル代表。
※クリックすると拡大する。
Sps20081001mfzm

2002年の韓日大会で優勝のブラジル代表。
※クリックすると拡大する。
Sps20081001mfzq

ロナウドが優勝杯を掲げた。
Sps20081001mfzr

2006年のドイツ大会のブラジル代表。
失望させたと説明に書かれている。
※クリックすると拡大する。
Sps20081001mfzp_2

このコーナーだけでも、1時間以上は必要だ。
ここは、ポルトガル語が理解できなくても、それなりに楽しめるだろう。
Sps20081001mfzs

続く。

|

« サッカー・ブラジル選手権2008 その105 セリエA第30節終了。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2008 その106 第30節コリンチャンス対サント・アンドレ戦 観戦2。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/42833598

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「サッカー博物館」 その3 早回りでの紹介2。:

« サッカー・ブラジル選手権2008 その105 セリエA第30節終了。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2008 その106 第30節コリンチャンス対サント・アンドレ戦 観戦2。 »