« ブラジル・サンパウロの選挙2008 その8 コリンチャンス頼み。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その129。 »

sábado, 4 de outubro de 2008

ブラジルの経済2008 その11 ブラジル通貨レアル続落。

10月に入っても、いっこうにブラジル通貨レアルの下落は継続している。

今週の米国の金融救済法成立にむけての不透明な動きが、レアルの一層の下落を招いたようだ。

この1ヶ月間に、レアルの対米ドルレートは、
1レアル=約0.60米ドルから0.50米ドル以下になった。
※※すべてのグラフはクリックすると拡大する。
Sps20081004abrlusd00000012245471324

同じく1ヶ月間で、日本円についても大きく下げた。
1レアル=約64円が、約53円になった。
Sps20081004bbrljpy00000012245471324

この一ヶ月間のレアルの対米ドル、対ユーロそして対日本円の変動の推移をグラフにしてみた。
Sps20081004cbrlusdeurjpy00010012245

レアルが上昇を始めた2004年8月からのレアルの対米ドル、対ユーロそして対日本円の変動のグラフなのだが、ほぼ2006年の水準にまでわずか2ヶ月ほどで急落したことがわかる。
Sps20081004dbrlusdeurjpy10010012245

これだけの変動があると、そろそろブラジルの実体経済にも影響が出てきたようだ。

絶好調とつい最近まで言っていた自動車販売が、金利の上昇で、消費者の買い控えが出てきた。
GMが、12000人に、10月20日から11月2日までの2週間の休暇を与えると発表した。
自動車産業は裾野が広いので、部品メーカーなどにも、その余波が広がるに違いない。

まだ、他の完成車メーカーはそういうことは発表していないが、早晩同じようなことになるのだろう。

|

« ブラジル・サンパウロの選挙2008 その8 コリンチャンス頼み。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その129。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの経済2008 その11 ブラジル通貨レアル続落。:

« ブラジル・サンパウロの選挙2008 その8 コリンチャンス頼み。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その129。 »