« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その238 Os gêmeos 96。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その408 拙宅に来る鳥370。 »

sábado, 22 de novembro de 2008

ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その1。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

季節は、冬になった。
ブラジルの季節では、冬は6月21日から9月20日までである。
つまり、日本でたとえると、夏至から秋分までの時期となる。

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。

サンパウロ市が寒いときは、
山を下りていっても、やはり寒い。

サンパウロが快晴でも、
海岸のほうは曇りがちで、むしろ気温が低いことが多いのは冬だ。

1時間も掛けて、海まで行っても、寒ければ、その往復の時間と費用(=約数千円)が無駄になる。

どうしても、海からは遠ざかってしまう。
Sps20080608a
※クリックすると拡大する。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その238 Os gêmeos 96。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その408 拙宅に来る鳥370。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その1。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その238 Os gêmeos 96。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その408 拙宅に来る鳥370。 »