« ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その5。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その242 Os gêmeos 100。 »

quarta-feira, 26 de novembro de 2008

ブラジル・サンパウロの「救命胴着」を装着した銅像。

ブラジル・サンパウロでは、
いつも街の中で、何かイベントが行われているように思う。

残念ながら、とてもそれらの一つ一つ追っていくことはできないどころが、
突然出くわしてなんだろうと思っただけで、そのままにしておくことも多い。

特に、10月下旬からは、第26回サンパウロ・ビエンナルが開催されていることもあって、
協賛するかのような美術展がいくつか開催されている。

それらを、とても追っかけることはできそうもない。

10月下旬から、
サンパウロの街角に立っている銅像のいくつかが救命胴衣を着けている。
全部で、20体ほどあるようだ。

わざわざ、それらを見に行ったりはしていないのだが、たまたま通りかかって、すでに4体見た。

最初に見たのは、
市内西部のヴィラ・ロボス公園の近くのロータリーにある銅像であった。
Sps20081027ca

Sps20081027cb

説明板も立っているが、ロータリーのまんなかの緑地で、とても歩いていくわけにはいかないところだ。
Sps20081027cc

次に見たのは、
東部のイピランガにある独立記念塔。
Sps20081109ck

Sps20081109cl

そして、また市内西部のパンアメリカン広場。
Sps20081119cz

Sps20081119cy

イビラプエラ公園にもあった。
Sps20081125pibp

Sps20081125pibo

こちらの説明板は安心して読むことができるところにあった。
※クリックすると拡大する。
Sps20081125pibn

一体どこがおもしろいのかよくわからない。

この作家は、サンパウロ市内を舞台にこんな展示を行っている。

2年ほど前には、
ピニェイロス川に、
人形が乗ったボートを数多く浮かべた。

昨年は、
チエテ川の堤防に、巨大なペットボトルを何本も並べた。
夜は、光って綺麗だった。

|

« ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その5。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その242 Os gêmeos 100。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/43230515

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「救命胴着」を装着した銅像。:

« ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その5。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その242 Os gêmeos 100。 »