« 第28回サンパウロ・ビエンナル その25 作品14。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その238 Os gêmeos 96。 »

sexta-feira, 21 de novembro de 2008

第25回サンパウロ国際オートサロン その11 SUZUKI。

「第25回サンパウロ国際オートサロン」が、
サンパウロ市北部のアニャンビー展示場で、
10月30日(木)から、11月9日(日)まで、開催されていた。

このオートサロンは、2年に一度、この時期に開催されており、
最近は、サンパウロF1の時期に一致している。

近年のブラジルにおける自動車販売の増大にもかかわらず、会場は変わっていないので、規模は大きくなっていない。

また、最近の世界的な金融危機の影響を受けて、ブラジルでは通貨レアルが米ドルに対して下落し、また金利が上昇したことで、輸入車も国産車も急激に売り上げを落としているのだが、このオートサロン自体はそういった状況になる前に企画されたであろうから、参加各社がブラジル市場の将来性を見た展示をしているのではないかという多少の期待もあった。

このオートサロンが、
サンパウロでいろいろと開催されているこういった展示会の中でもっとも美しいコンパニオンが大集合するので、過去2回はそういった美しい女性にかなり注目して紹介してきたが、今回はそれには注力しなかった。

SUZUKIは、オートバイではHONDAには、シェアでは大きく離されているが、
たぶん第2位の販売である。
CMにあのサブリナ・サトウを起用して久しい。

SUZUKIが、ブラジル市場に4輪での再参入を決めた。
そして、このオートサロンで、再披露を行った。
Sps20081031czu

展示しているのは、ただの1車種”Grand Vitara”。
(日本でのエスクード。)
4輪駆動のSUVだけである。
※この車種の1世代前のモデルを、GMがGMブランドで販売を続けている。
Sps20081031czr

Sps20081031czq

それに、コンセプト・カーを一台。
今時スポーツカーでもないと思うが、イメージをよくするためには役に立つだろう。
Sps20081031czw

派手なところはなかったが、真面目な展示で良かった。
やや難点は、狙いでもあったのだろうが、照明が周辺のブースに比べてかなり暗かったこと。
Sps20081031czp

|

« 第28回サンパウロ・ビエンナル その25 作品14。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その238 Os gêmeos 96。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第25回サンパウロ国際オートサロン その11 SUZUKI。:

« 第28回サンパウロ・ビエンナル その25 作品14。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その238 Os gêmeos 96。 »