« ブラジル・サンパウロの小鳥 その402 拙宅に来る鳥364。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2008 その134 セリエA第35節終了。 »

domingo, 16 de novembro de 2008

第28回サンパウロ・ビエンナル その20 作品9。

10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催中の、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

作品を紹介している

ビエンナル館の外に設置されている作品である。

この作品が、建物の外にあるのは、配布されている開場ガイドマップに記載されているので、わかっていたのだが、具体的にどこなのかがわからなかった。
開場にいる案内員に聞いても、それぞれ説明が違っていた。

来訪4回目にして、やっと適切な説明をしてもらい、場所を特定できた。

ビエンナル館からは約300メートル離れた林間にあった。
ビエンナル館から見ることはできない。
Sps20081114pibq

作家および作品についての説明である。
Sps20081114pibr

すべて、遊技器具なのだが、それぞれにポンプがついていて、
遊具を動かすと、水が循環するようになっている。
Sps20081114piby

そのために、非常に動きが重い。
子供では動かすことができないくらいだった。
Sps20081114pibz

緑の部分が回転すると、手前の螺旋状のものも回転し、水をくみ上げるというもの。
お父さんが必死で回してもゆっくりとしか動かない。
Sps20081114pibs

ブランコの4本の支柱にポンプがある。
一番動きが良かった作品。
Sps20081114pibt_2

シーソー。
全く重くて楽しくならない作品。
Sps20081114pibu

Sps20081114pibv

作品の上に寝転んで新聞を読んでいた若者。
頭の後ろにポンプがあるが、動かないようだった。
Sps20081114pibw

これもまた微動だにしなかった作品。
Sps20081114pibx

作家が何をやっても勝手だが、
子供が使えない遊具は遊具ではない。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その402 拙宅に来る鳥364。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2008 その134 セリエA第35節終了。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第28回サンパウロ・ビエンナル その20 作品9。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その402 拙宅に来る鳥364。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2008 その134 セリエA第35節終了。 »