« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その20 雨がち。 | Main | ブラジル・サンパウロの「秋の海」 その21。 »

terça-feira, 11 de novembro de 2008

第25回サンパウロ国際オートサロン その4 パイオニアとクラリオン。

「第25回サンパウロ国際オートサロン」が、
サンパウロ市北部のアニャンビー展示場で、
10月30日(木)から、11月9日(日)まで、開催されている。

このオートサロンは、2年に一度、この時期に開催されており、
最近は、サンパウロF1の時期に一致している。

近年のブラジルにおける自動車販売の増大にもかかわらず、会場は変わっていないので、規模は大きくなっていない。

また、最近の世界的な金融危機の影響を受けて、ブラジルでは通貨レアルが米ドルに対して下落し、また金利が上昇したことで、輸入車も国産車も急激に売り上げを落としているのだが、このオートサロン自体はそういった状況になる前に企画されたであろうから、参加各社がブラジル市場の将来性を見た展示をしているのではないかという多少の期待もあった。

このオートサロンが、
サンパウロでいろいろと開催されているこういった展示会の中でもっとも美しいコンパニオンが大集合するので、過去2回はそういった美しい女性にかなり注目して紹介してきたが、今回はそれには注力しなかった。

入場口のすぐ近くにパイオニアのブースがあった。
車が一台あっただけで、ほかに何もなく寂しく思っていた。
Sps20081031cg

だが、もう一つ別に広いブースを持っていた。
Sps20081031co

エイミー・ワインハウスが、画面の中で歌っていた。
Sps20081031cp

クラリオンも大きなブースを持っていた。
Sps20081031cn

ブラジルで販売されているカー・オーディオは日本でのそれと比べるとかなりシンプル。

また、今や主戦場となっているカー・ナビは、この市場には投入されていない。
地図データから作成することができないからだろう。

一部の富裕層の若者には、超大出力のカー・オーディオが人気。
車の後部をスピーカーで埋め尽くし、大音響で深夜に走り回る若者が、時折拙宅の周辺にも出没している。

|

« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その20 雨がち。 | Main | ブラジル・サンパウロの「秋の海」 その21。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/43080836

Listed below are links to weblogs that reference 第25回サンパウロ国際オートサロン その4 パイオニアとクラリオン。:

« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その20 雨がち。 | Main | ブラジル・サンパウロの「秋の海」 その21。 »