« ブラジルの経済2008 その20 デジタル・テレビ放送開始から1年。 | Main | ブラジル・サンパウロの「秋の海」 その15。 »

quarta-feira, 5 de novembro de 2008

第27回サンパウロ・ビエンナル その105 カタログをやっと入手。

2006年10月から12月まで、サンパウロ市のイビラプエラ公園のビエンナル館で開催されていた第27回サンパウロ・ビエンナル27ª Bienal de São Paulo

その出展作品集であるカタログCatálogoは、ビエンナルの終了から15カ月たって、やっと発刊されたようだったのだが、一般向けに書店で販売されるようなものではない。

まず、ビエンナル財団と交流がある世界中の美術関係者に配られる形が普通である。

どうしてもほしければ、出版社に連絡を取って入手できる。

ビエンナル財団には、知己の人がいるので、お願いすればもらえないこともないが、
そこまですることもないと思っていたので、そのままにしていた。

だが、
現在開催中の「第28回サンパウロ・ビエンナル」の会場内にある書店で、そのカタログが販売されていたので、
購入した。

この手の本なので、89レアル(=約4500円)と安くはない。
Sps20081105pibb

そのカタログの中の作品を見ているのだが、
2年前の会場は本当に活気があり、
まだ何とか理解できる作品も多かった。

今回のビエンナルがあまりにアレなので、本当に懐かしい。

|

« ブラジルの経済2008 その20 デジタル・テレビ放送開始から1年。 | Main | ブラジル・サンパウロの「秋の海」 その15。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第27回サンパウロ・ビエンナル その105 カタログをやっと入手。:

« ブラジルの経済2008 その20 デジタル・テレビ放送開始から1年。 | Main | ブラジル・サンパウロの「秋の海」 その15。 »