« ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その22。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その28 ちょっと涼しい。 »

domingo, 14 de dezembro de 2008

ブラジル・サッカー・オフ2008 その11 サントスのマルシオ・フェルナンデス監督留任。

サントスSantosの社長は、12月12日(金)の午後に、マルシオ・フェルナンデスMárcio Fernandes監督との契約を2009年の末まで更新したことを発表した。

マルシオ・フェルナンデス監督は、サントスPeixeをブラジル選手権で21試合指揮して、チームを降格圏から自由にした。
7勝8分け6敗であった。

サントスの社長のマルセロ・テイシャイラMarcelo Teixeiraは、マルシオ・フェルナンデス監督の仕事を賞賛して、良い果実を得るために継続することの重要性を強調した。

「マルシオ・フェルナンデス監督との契約更新は、ブラジル選手権Campeonato Brasileiroの後半で彼がおこなった仕事の継続である。 彼はサントスのチームを知っていて、我々は彼の仕事の継続がチームの選手の成熟と強化にとても重要であると信じている」と明言した。

マルシオ・フェルナンデスMárcio Fernandes監督は仕事を認めてもらった満足を隠さずに、プレシーズンから仕事を始められることを祝った。

「更新できて幸せである。 チームを引き受けたとき、チームはとても難しい状況にいた。 しかし、その状況を変えることができた。 そして今、一シーズンを始めて、自分の仕事を続ける機会を得た」と言った。

-------------------------------
サントスは、
お金がないので、
高い監督を雇えない。

マルシオ・フェルナンデス監督が、
意外に、
頑張ってくれたので、
そのまま安く使おうとしているのだろう。

|

« ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その22。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その28 ちょっと涼しい。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー・オフ2008 その11 サントスのマルシオ・フェルナンデス監督留任。:

« ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その22。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その28 ちょっと涼しい。 »