« ブラジル・サッカー・オフ2008 その20 アレシャンドレ・ガーロが、バイーアの監督に就任。 | Main | ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その27。 »

quarta-feira, 17 de dezembro de 2008

サッカー:コリンチャンスのロナウド その10 ロナウドのために、入場料を大幅値上げ。

ロナウドRonaldoが、コリンチャンスCorinthiansにいるときに、懐にするのはユニフォームのスポンサー・フィーだけではない。
ロナウドと契約をするために、コリンチャンスTimãoの社長はロナウドFenômenoにコリンチャンスのファンによって作られるケーキの一片をオファーした。
チケットを売り上げたことで得られるお金の一部をロナウドに向けるというものだ。

コリンチャンスの社長はまだ公式に発表していない。
しかし、ホームの試合での椅子指定席の入場料を上げる計画がある。

現在はそれは60レアル(=約2200円)である。
※※2008年のブラジル選手権では50レアルであった。
   60レアルになったことは一度もない。
   2007年のサンパウロ州選手権は、パカエンブー競技場の改修のために
   開催されていない。
   2006年の料金は40レアルであった。

予想では、90レアルか1000レアルに上がる。
差額は、ロナウドに入る。

「固定給与は椅子指定席の価格の値上げからだ。 一般席の入場料は据え置く、しかし需要も増えることだから、椅子席はあげる。 それは、それぞれの入場券について、20レアルか30レアルだ」とコリンチャンスCorinthiansのマーケティング担当副社長のルイス・パウロ・ローゼンベルグLuis Paulo Rosenbergは説明した。

期待されているところでは、ロナウドはコリンチャンスの試合に多くの人を引きつけるに違いない。
現在、パカエンブーPacaembu競技場には6,167の椅子指定席がある。
値上げが20レアルであれば、ロナウドRonaldoは、コリンチャンスTimãoの試合ごとにファンFielから12万レアルを得ることになる。

これ以外に、ロナウドは、ユニフォームの売り上げからも受け取る。
ロナウドは、袖やパンツのスペースごとに売り上げの80%を得る。

契約が終了する2009年12月末までに、約1200万レアルを得るだろう。

-------------------------------
パカエンブー競技場で開催されるコリンチャンスの試合には、
ほぼ無条件に、観戦に行っているのだが、
この値上げは、かなりきつい。

ロナウドが、出場するしないにかかわらず、価格が上がるのだろうか。

2009年のコリンチャンスのホームの試合は、
公式戦では次の通りだ。

サンパウロ州選手権がたぶん9試合。
ブラジル杯、勝ち抜けば試合数は増えるが、最低でも2-3試合はあるだろう。
そして、ブラジル選手権は19試合。

だいたい30試合くらいだが、
サンパウロ州最大の”クラシコ”の対パルメイラス戦などは、
モルンビー競技場で行われる可能性が高いので、
パカエンブー競技場での試合は、3-4試合は減るだろう。

ブラジルは所得格差が大きいので、
一番安い席と一番高い席から、売れていくというのは事実で、
パカエンブー競技場でも、
事実椅子指定席はいつも観客が多い席である。

取れるところから取ろうということなのだろうが、
ちょっと困った。

それだけのものを、ロナウドが見せてくれればよいが。

|

« ブラジル・サッカー・オフ2008 その20 アレシャンドレ・ガーロが、バイーアの監督に就任。 | Main | ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その27。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/43443266

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:コリンチャンスのロナウド その10 ロナウドのために、入場料を大幅値上げ。:

« ブラジル・サッカー・オフ2008 その20 アレシャンドレ・ガーロが、バイーアの監督に就任。 | Main | ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その27。 »