« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その29 週末は涼しい。 | Main | ブラジル・サッカー・オフ2008 その17 DFチアゴ・マルチネリがセレッソ大阪へ。 »

segunda-feira, 15 de dezembro de 2008

ブラジル・サッカー・オフ2008 その16 アツレチコ・ミネイロの新監督に、エーメルソン・レオン監督が就任。

エーメルソン・レオンEmerson Leão監督が2009年のシーズンに、アツレチコ・ミネイロAtlético-MGの指揮に復帰することになる。

エーメルソン・レオン監督は、給与のベースに合意しなかったことで、クラブを去ってから1年ちょっとでアツレチコ・ミネイロGaloに戻る。

あれから、エーメルソン・レオン監督は、サントスSantosそして11月に解任されたカタールのアル・サアヂAl-Saddを指揮した。Qatar

この日曜日(12月14日)に、エーメルソン・レオン監督は、契約取り消しの罰金の設定を必要とすることなしに、30分で合意したと言った。

「必要としない。 不満があれば、解決する」と、エーメルソン・レオン監督は言った。

アツレチコ・ミネイロGaloの公式サイトによると、1年間の契約が、この日曜日の午前中に、サンパウロSão Pauloのエーメルソン・レオン監督の家で、社長のアレシャンドレ・カリウAlexandre Kalil社長によって決定された。

エーメルソン・レオン監督は、火曜日(12月16日)の15時に、ロウデスLourdesの本部で記者会見を行う。
トレーナーのフェルナンド・レオンFernando Leãoとロドリゴ・シャヴェスRodrigo Chavesで、技術委員会comissão técnicaを形成する。

エーメルソン・レオン監督は、アツレチコ・ミネイロに戻ることを決めたのはベロ・オリゾンチBelo Horizonteに友達がいっぱいいて、良い思い出があるという事実だと言った。

「アツレチコ・ミネイロの指揮をしたときは、困難さはともかくとして、いつもとても良いことが起きた」

今回はエーメルソン・レオン監督にとって、アツレチコ・ミネイロAlvinegro mineiroを指揮するのは3回目になる。
最初は1997年で、ベロ・オリゾンチ100年杯Copa Centenário de Belo Horizonteと南米サッカー連盟杯Taça Conmebolの二つのタイトルを獲得した。
2回目は2007年の7月で、ブラジル選手権の時で、10試合無敗の時もあり、クラブを降格から救い、南米Sul-Americana杯の出場権を得た。

-------------------------------
エーメルソン・レオン監督が、またブラジルのサッカーに戻ってきたことになった。

このところ、監督として良い成績を残しているとはいえないエーメルソン・レオン監督にとっては、正念場でもある。

|

« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その29 週末は涼しい。 | Main | ブラジル・サッカー・オフ2008 その17 DFチアゴ・マルチネリがセレッソ大阪へ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー・オフ2008 その16 アツレチコ・ミネイロの新監督に、エーメルソン・レオン監督が就任。:

« ブラジル・サンパウロは「春」2008 その29 週末は涼しい。 | Main | ブラジル・サッカー・オフ2008 その17 DFチアゴ・マルチネリがセレッソ大阪へ。 »