« ブラジル・サッカー始動2009 その4 MFパウロ・バイエルはスポルチへ。 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」2008-2009 その11 夜に蒸し暑い。 »

segunda-feira, 12 de janeiro de 2009

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その245 Os gêmeos 103。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
2008年を通して、パンドルフォ兄弟の作品のみならず、
サンパウロ市内で次々とグラフィッチが、
サンパウロ市当局によって、塗りつぶされていった。

過去に紹介してきたグラフィッチのかなりの作品はもうなくなっている。

だが、12月下旬あたりから、
どうも「グラフィッチ狩り」の手が緩んでいるように思えるのである。

無機質なグレーに塗りつぶされていた壁に新たな作品が描かれても、
それが以前であればすぐにまた塗り消されていたのが、
この頃はそのままになっているのである。

市当局の予算の関係なのだろうか。

そういった中で、
パンドルフォ兄弟の新たな作品をまたいくつか発見できているので、
紹介しておきたい。

-------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部のセントロから、東部への大幹線道路のラヂアル・レスチは、セントロから出てすぐはアルカンターラ・マシャード大通りという。

そのアルカンターラ・マシャード大通りとプラシヂーナ通りの角にあった作品である。
Sps20090110cl

アルカンターラ・マシャード大通りに面している。
Sps20090110cn

Sps20090110cr

Sps20090110cm

Sps20090110cp

Sps20090110cq

作品のある建物とプラシヂーナ通りを挟んで東側のガソリン・ポストは営業しておらず、今は少なくとも数家族が居住しているようであった。
Sps20090110co

|

« ブラジル・サッカー始動2009 その4 MFパウロ・バイエルはスポルチへ。 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」2008-2009 その11 夜に蒸し暑い。 »

Comments

おっしゃる通り、ここのところ、Os Gemeosの作品に限らず、色鮮やかなグラフィッチを市内各所で見かけることができますね。

先日も、Vergueiroを車で走っていた時、Os Gemeosの新作を数点発見し、車を止め、喜び勇んで写真を撮ってしまいました。色鮮やかで、影の付け方もまさに新しい作品であるにもかかわらず、作品のモチーフが過去の作品を思わせるところがあり(メッセージ付き、何かを投げようとしているバンダリズモ風、等々)、とても嬉しくなりました。


彼らが未だにストリートでのグラフィッチを継続しているところに、深い感銘を受けますね。

Posted by: Masa | terça-feira, 13 de janeiro de 2009 at 21:09

>Masa様
サンパウロの古道Vergueiroにも、彼らの作品があるのですか。
Anchetaから市内に入るときに以前はよく通っていたのですが、このところほとんど使うことがありません。
彼らの通常のテリトリーからすすると、やや南に外れているようですね。
今後は、少し範囲を広げてみる必要があるかもしれませんね。

Posted by: Sao_Paulo | sexta-feira, 16 de janeiro de 2009 at 00:24

Vergueiroと言っても、地区は、Vila Mariana、地下鉄、Ana RosaとVila Mariana駅の間ぐらいだったと記憶しております。

以前より、Os Gemeosのグラフィッチ(絵文字のみ)がそのあたりにあったのは見ていたのですが、思いっきり大通り沿いなので発見した時は驚きました。

Os Gemeosは年末年始にかなり精力的に“働いて”いたようですね。新作を目の当たりにできて嬉しい限りです。


また、発見しましたら、当局には連絡せずに報告させて頂きます!

Posted by: Masa | sábado, 17 de janeiro de 2009 at 09:39

>Masa様
教えていただきましたグラフィッチ4点について、やっと取り上げることが出来ました。
ありがとうございました。
このところ、彼らの制作ピッチが上がっているようなので、作品の発見に力を入れています。
今のところ、新旧合わせて、数点のストックがありますので、順次ここで紹介していきます。
また、発見されましたら、ご一報いただけましたら、幸いでございます。

Posted by: Sao_Paulo | sexta-feira, 20 de fevereiro de 2009 at 01:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/43713596

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その245 Os gêmeos 103。:

« ブラジル・サッカー始動2009 その4 MFパウロ・バイエルはスポルチへ。 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」2008-2009 その11 夜に蒸し暑い。 »