« ブラジル・サンパウロのカカの結婚式が行われた教会の屋根が落ちた その2 死傷者名簿。 | Main | ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その57。 »

terça-feira, 20 de janeiro de 2009

ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その56。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

季節は、冬。
ブラジルの季節では、冬は6月21日から9月20日までである。
つまり、日本でたとえると、夏至から秋分までの時期となる。

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。

8月も下旬になると、冬も終わりに近づく。
太陽は徐々に高さを取り戻す。

冬の終わりの,
晴れた日の海は、
夏ではなかなかない快晴の空が広がる。

夏のように午後になって,雷雨になる可能性もなく、
夏の海以上に気持ちがよいともいえる。
Sps20080911svzi

Sps20080911svzr

Sps20080911svzp

|

« ブラジル・サンパウロのカカの結婚式が行われた教会の屋根が落ちた その2 死傷者名簿。 | Main | ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その57。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その56。:

« ブラジル・サンパウロのカカの結婚式が行われた教会の屋根が落ちた その2 死傷者名簿。 | Main | ブラジル・サンパウロの「冬の海」 その57。 »