« ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その29。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その30。 »

sexta-feira, 20 de fevereiro de 2009

サッカー・サンパウロ州選手権2009 その29 第6節 コリンチャンス対ポルツゲーザ戦 観戦1。

2月7日(土)17時から、
サンパウロ市でもっとも伝統あるサッカー場のパカエンブー競技場で開催された、
サッカー・サンパウロ州選手権第6節の、
コリンチャンス対ポルツゲーザ戦を観戦に行った。


拙宅を出たのは、試合開始1時間ほど前の16時。
試合終了後,家に戻るまで4時間以上もかかるとは、
このときは想像もしなかった。
すでに、トボガン席入り口には観客の列が出来ていた。
※トボガン席は、パカエンブー競技場の南側ゴール裏席。
Sps20090207fa

パカエンブー競技場の東側のイターポリス通りは、やや渋滞し始めていた程度だった。
Sps20090207fb

イターポリス通りから、競技場の外壁に沿った急な階段があるのだが、
その途中の急斜面で、
肉の串焼きの商売を始めようとしている男がいた。
Sps20090207fc

パカエンブー競技場の正面入り口。
Sps20090207fd

パカエンブー競技場の正面ファサード。
Sps20090207fe

パカエンブー競技場の正面にあるシャルレス・ミラー広場。
雲は出ていたが、晴れだった。
Sps20090207ff

この日のシャルレス・ミラー広場。
※クリックすると拡大する。
Sps20090207fg

パカエンブー競技場の西側の道路は南行きの一方通行なのだが、
車が逆行し、戻ってきていた。
Sps20090207fh

警察が規制して、通行止めにしていたのだ。
ポルツゲーザのファンと,コリンチャンスのファンが接触しないようにしていたのだ。
Sps20090207fi

入場料を大幅に上げた見返りなのか、
入り口にちょっとしたお飾りを設置した。
Sps20090207fj

競技場に入った。
ポルツゲーザは、同じサンパウロ市のクラブであるが、
手前のアウェー席には,多く見ても100人程度しかいなかった。
向こう側が、トボガン席。
Sps20090207fk

もっとも、
この時点では、競技場全体もまだ観客は少なかった。
Sps20090207fl

緑と赤は,ポルツゲーザのチームカラーである。
ポルトガルの国旗の色と同じである。
おそらく、ポルツゲーザのファンには、ポルトガル系の人が多いのだろう。
Sps20090207fm

コリンチャンス大好きおばあさん第1号ことドナ・ヴァルキーア・ヂ・ジェズスも登場。
Sps20090207fn

この日も、決まっている。
黄色は、コリンチャンスのGKのユニフォームの色である。
Sps20090207fo

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが、早くも応援幕を広げた。
Sps20090207fp

ビン・ラディン調も登場。
Sps20090207fq

続く。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その29。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その30。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/44110108

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権2009 その29 第6節 コリンチャンス対ポルツゲーザ戦 観戦1。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その29。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その30。 »