« サッカー:コリンチャンスのロナウド その36 朝帰りで、練習出来ず。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その37。 »

sexta-feira, 27 de fevereiro de 2009

サッカー:コリンチャンスのロナウド その37 規律違反で罰金。

ロナウドRonaldoは、規律違反で,コリンチャンスCorinthiansの社長により罰せられる。

2月27日(金)にも、プレジデンチ・プルーデンチPresidente Prudente市で、コリンチャンスTimãoの社長のアンドレス・サンシェスAndrés Sanchesが、ロナウドFenômenoは技術委員会が決めた時刻以降に合宿に戻ったことの罰金を支払うことを発表する。

木曜日、コリンチャンスの選手たちは、技術担当役員のアントニオ・カルロスAntonio Carlosの家で連帯を示した後で自由になった。
ロナウドRonaldoを例外として、コリンチャンスTimãoの選手たちはホテルに23時までに戻った。
ホテルの従業員によると、ロナウドは、期限よりも6時間も後の5時30分に現れた。

問題は、ロナウドが初めてコリンチャンスTimãoの一行と旅行をしているときに起きた。
コリンチャンスのユニフォームを着てのデビューが近いロナウドは、ロナウドの好きな表現での「試合にいることを感じる」“sentir o cheiro do jogo”, を始めるためにマノ・メネゼスMano Menezes監督に呼ばれていた。
しかし、最初の休みでロナウドはやってしまった。

コリンチャンスの役員たちは,ホテルに戻る時刻はとくになかった。
合宿は必要なく、プレジデンチ・プルーデンチPresidente Prudente市の夜を楽しんでいた。
それで誰もロナウドRonaldoと一緒にいなかった。

昨年12月12日に、公式にコリンチャンスTimãoで紹介されたときに、ロナウドFenômenoは、社長のアンドレス・サンシェスAndrés Sanchesの隣で、選手の一人としてあり、特別扱いはいらないと宣言していた。

-------------------------------
罰金は給与の10%らしい。

どうも、これで、さらにデビューが遅れるという。

ロナウドといえども、
コリンチャンスの最強ファン組織のガヴィオンエス・ダ・フィエウを、敵に回すことにならなければよいが。

|

« サッカー:コリンチャンスのロナウド その36 朝帰りで、練習出来ず。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その37。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:コリンチャンスのロナウド その37 規律違反で罰金。:

« サッカー:コリンチャンスのロナウド その36 朝帰りで、練習出来ず。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その37。 »