« ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その52。 | Main | ブラジルの「クロードヴィル・エルナンデス」連邦下院議員の容態悪化。 »

terça-feira, 17 de março de 2009

ブラジルのGlobo局が、ガルヴォン・ブエノ氏の後継者を捜す。

ブラジル最大のメディアグループのGlobo局が、この何ヶ月か、秘密裏に、そのうちに、ガルヴォン・ブエノGalvão Bueno氏の”後継者”"sucessor"となる第1級のスポーツナレーターlocutor esportivoを探している。

Globo局は、ラジオでもまだ知られていない新人を捜している。
と言っても、現在59歳のガルヴォン・ブエノ氏がすぐに引退することを意味していない。

ガルヴォン・ブエノ氏は、64歳となる、2014年のブラジルBrasilでのワールドカップCopa do Mundoのあとに引退を考えるに違いない。

しかし、Globo局は戦略的に前倒しに考えており、それで「新ガルヴォン・ブエノ氏」を探し始めている。

昨年、Globo局はスポーツナレーターの養成所を作るに至った。
いろいろな人が呼ばれて、訓練とテストが行われたが、誰も合格しなかった。
それで、発掘に力が入っている。

ナレーターの「序列」"hierarquia"では、Globo局にはクレーベル・マシャードCléber Machadoとルイス・ロベルトLuiz Robertoがいる。

クレーベル・マシャードは、レコルヂRecord局からの誘いを受けたが、契約の更新をしたばかりである。

国内のスポーツの大多数の放送を独占しているGlobo局にしては、レコルヂ局は取るに足りない。

-------------------------------
すでに、
Globo局は昨年末からは、
ガルヴォン・ブエノ氏の露出を減らす方向にある。

彼が、ナレーションをするのは、
サッカーのブラジル代表戦と、
F1だけに絞るようだ。

ガルヴォン・ブエノ氏は、
毎週月曜日21時から2時間半放送されるGlobo局の系列のスポーツ専門局の”Bem, Amigos!”では、
番組の司会を務めているのだが、
放送時間を毎回無視して、一人でしゃべりまくっている。
3月16日(月)の放送は、ほとんど3時間だった。

メリハリのきいた滑舌の良いナレーションでは、やはりガルヴォン・ブエノ氏は第一級である。
ただ、うるさい。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その52。 | Main | ブラジルの「クロードヴィル・エルナンデス」連邦下院議員の容態悪化。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/44375260

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルのGlobo局が、ガルヴォン・ブエノ氏の後継者を捜す。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その52。 | Main | ブラジルの「クロードヴィル・エルナンデス」連邦下院議員の容態悪化。 »