« サッカー・サンパウロ州選手権2009 その45 第14節終了。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その54。 »

quarta-feira, 18 de março de 2009

ブラジルの「クロードヴィル・エルナンデス」連邦下院議員が逝去。

サンパウロ州選出の連邦下院議員のクロードヴィル・エルナンデスClodovil Hernandes (PR-SP)が、3月17日(火)18時50分に亡くなった。

すでに、午後に脳死の宣告が出ていたが、臓器の贈与を進めるために、機器と薬で生かされていた。

だが、連邦区Distrito Federalの移植コーディネーターのルシオ・ルーカスLúcio Lucasによると、いかなる臓器も贈与できなかった。

角膜には、浮腫があって、取り出すことができなかった。

臓器の取り出しの許可は議員の秘書と公共省から出ていた。
彼には連絡を取っている近親者がいなかった。

議員の広報担当者のベルタ・ペレグリーノBerta Pellegrinoは、クロードヴィル・エルナンデスは亡くなったときに臓器を贈与する意志を何度も示していたと語った。

PRの党首のサンドロ・マベルSandro Mabel (GO)連邦下院議員は、
クロードヴィル・エルナンデスの通夜はサンパウロSão Pauloだけで行われると語った。
議員の秘書の当初の考えでは、ブラジリアの議会内でも行われるはずだった。

サンドロ・マベル連邦下院議員は、クロードヴィル・エルナンデスの秘書と夜のはじめに会議をした。
彼によると、遺体は18日(水)の8時に議会の手配により空軍機でサンパウロSão Pauloに運ばれる。
通夜は10時30分から、サンパウロ州議会場Assembléia Legislativaで行われ、17時にモルンビーMorumbi墓地に埋葬される。

脳死は、意志によって5時45分に確認された。
すぐに発表された発表では、引き続ききわめて重篤となっていた。

(経歴)
1937年6月17日、サンパウロSão Paulo市から402キロのエリザーリオElisárioに生まれた。
クロードヴィル・エルナンデスは、スペイン系の夫婦のドミンゴス・エルナンデスDomingos Hernandesとイザベル・サンチェス・エルナンデスIzabel Sanches Hernandesに養子に出された。
本当の両親を知らなかった。
内陸部の高校で学んだ。
ホモセクシュアルであることを明らかにした。
結婚せず、子供ももうけなかった。

スタイリスト、俳優、歌手、テレビの司会者、先生などしてきたクロードヴィル・エルナンデスは2005年に政治の世界に入った。
2006年にサンパウロ州で3番目に多い493,951票を得て、連邦下院議員になった。
任期は、2011年までであった。

-------------------------------
なんだかあっさりと亡くなってしまった。

いろいろな話題を振りまいてきた人だ。

ご冥福をお祈りする。


|

« サッカー・サンパウロ州選手権2009 その45 第14節終了。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その54。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「クロードヴィル・エルナンデス」連邦下院議員が逝去。:

« サッカー・サンパウロ州選手権2009 その45 第14節終了。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その54。 »