« ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その47。 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」2008-2009 その50 小雨。 »

quarta-feira, 11 de março de 2009

サッカー・サンパウロ州選手権2009 その42 第13節コリンチャンス対サン・カエターノ戦。

3月11日(水)21時50分から、
サンパウロ市でもっとも伝統があるパカエンブー競技場で、
サッカー・サンパウロ州選手権の第13節の
コリンチャンス対サン・カエターノ戦が行われる。

前日までに27千枚が売れていたチケットは、
16時には一番高い150レアル(=約6300円)もするチケットさえ売り切れて、
あとは二番目に高い100レアルのチケットしかないと、
パカエンブー競技場の売り場の案内人が言っていた。

チケットを買いに来る人たちよりも、
たむろしているダフ屋の方が多かった。

ロナウドがコリンチャンスのユニフォームを着て、
初めてサンパウロでファンの前で試合に出場するので、
もうサンパウロ市の誰もがロナウドのデビューを見たがっている。

テレビの一般のニュースも、
この話題を昨日から取り上げ続けている。

いつもより、
ずっと早く、20時過ぎには、家を出ようと思う。

その頃には、もうパカエンブー競技場の周辺は大混雑していることだろう。

-------------------------------
競技場に入ったら、
いきなりメッセージ親父が新作とともにいた。

このメッセージ親父とももちろん知り合いなのだが、
彼はコリンチャンス界では有名人で、
あのメッセージでよく競技場で取材されている。

通称ジャマンタという。
彼がアパレル業界にいることは知っていたのだが、
具体的に何をしているのかは知らなかった。

ところが、
一月ほど前に、
とある方から、
彼がある店の店頭で働いているところを見たという貴重な情報をいただきた。

これについては、いずれとりあげたい。

そのほかのいつもの著名人は、
コリンチャンス大好きおばあさん第1号も第2号も、
ビン・ラディン調も現れなかった。

みんなのお目当てのロナウドは、初めて先発出場した。

試合は、
サン・カエターノが前半21分に先制したのだが、
このゴールはよそ見をしていたので見なかった。

サブリナ・サトウが、2メートル後ろにいたのだから、仕方がない。
テレビの仕事中だった。
今度の日曜日に放送されるpanico na TVでその模様は放送されるだろう。

コリンチャンスは、前半35分に左SBアンドレ・サントスがゴールを決めて、同点に追いついた。

そして、
後半5分に、ロナウドが、クロスをあっさりと流し込んで逆転

そのほかでも、やはりロナウドは違う。
FIFA最優秀選手に3回も選ばれるということは、こういうことかとはっきりとわかる。

ロナウドは、後半33分に交代した。

試合は、コリンチャンスが2対1で勝利

約3万人の観客は、十分に満足して帰路についている。

前半から、
小雨が降り出していたのだが、
試合終了とともに本降りになった。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その47。 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」2008-2009 その50 小雨。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権2009 その42 第13節コリンチャンス対サン・カエターノ戦。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」2008 その47。 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」2008-2009 その50 小雨。 »