« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その274 Os gêmeos 133。 | Main | ブラジル・サンパウロは「秋」2009 その30 寒くなった。 »

sexta-feira, 12 de junho de 2009

ブラジル・サンパウロの小鳥 その482 拙宅に来る鳥444。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

自由に飛び回る小鳥たちが、次々と訪れるのを見るのは、
本当に楽しい物である。

新たな種類の小鳥だとなおのことである。

-----------------------------
そもそも赤い蜜の給餌器は、
ハチドリための物である。

それなのに、
サンニョット・シンゼントやサイーラ・アマレラやカンバシッカ、さらに
インコまでが現れる。

ハチドリが、近づきにくくなってしまった。

サンパウロ市の街中では、大体4種類のハチドリがいるらしいのだが、
拙宅にやってきていたのは、いつもテゾウロンといハチドリで、
尾羽が長く左右に割れていた。

ところが、この頃その尾羽が短いハチドリがあられるようになった。
まだ、子供というわけでもないようだ。

ハチドリは、
とにかく動きが素早いので、本当に撮影に苦労する。
何しろほとんど止まってくれないのである。

腹部が白くて、
尾羽が短いハチドリは、
図鑑で調べてみると、
ベイジャ・フロール・ヂ・ペイト・アズールというようだ。
Sps20090526avd

Sps20090526ave

Sps20090526avf

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その274 Os gêmeos 133。 | Main | ブラジル・サンパウロは「秋」2009 その30 寒くなった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/45315513

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの小鳥 その482 拙宅に来る鳥444。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その274 Os gêmeos 133。 | Main | ブラジル・サンパウロは「秋」2009 その30 寒くなった。 »