« ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その23 ゲイ・パレードの人たち12。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2009 その31 第8節終了。 »

domingo, 28 de junho de 2009

サッカー・ブラジル代表 コンフェデレーション杯2009 その10 決勝 ブラジル対米国戦。

6月28日(日)15時30分(*ブラジリア時間)から、
南アフリカのヨハネスブルグのエリス・パーク競技場で、
サッカー・コンフェデレーション杯の決勝のブラジル対米国戦が行われた。

地上波の中継は、
Globo局に加えて、バンデイランチ局も行ったようだ。

Globo局の放送は、15時13分に始まった。
CMのあと、
ナレーターのガルヴォン・ブエノ氏が登場した。

ブラジル国歌の演奏
早まわしの短いバージョン。

ブラジルの先発は、このところの試合と変更はなく、
コリンチャンスの左SBアンドレ・サントスがまたもや入っている。
(米国の先発)
Sps20090628ta
Sps20090628tb
(ブラジルの先発)
Sps20090628tc
Sps20090628td
(両チームの控え)
Sps20090628te

前半は、
ブラジルの組み立てが悪く、パスもつながらず、
気の緩みがでたのかと思えた。

前半9分に、米国のクリント・デンプシーのゴール

ブラジルは、ボールをカカに集め、真ん中からそして時には右から攻めるが、
米国の堅い守りに阻まれた。

前半19分カカが、そして前半21分にロビーニョがシュートしたが、DFに阻まれた。

前半27分に、米国のランドン・ドノバンが、カウンターのチャンスを生かして、
ラミレスをかわして、ゴール

これで、ブラジルは2点を先行された。

パスのミスも目立つブラジルは、
高さの点でも米国に劣り、
浮いたボールの処理に固執しすぎていた。

前半を終えて、ブラジルは無得点で、米国が2点リード。

後半になってすぐの40秒に、
マイコンからのボールを受け、
デメリットのマークをかわして、
ルイス・ファビアーノが左隅に鋭いゴールを決めた

後半になって、
作戦を明らかに切り替えたブラジル。

ボールをあげなくなり、
両サイドを使うようになって、
米国を揺すぶった。

元々、個人技では遙かに優れているブラジルなので、
短いパスがつながりはじめ、
それに伴い縦へのパスも生きてきた。

後半15分に、ゴール前の混乱の中、
カカが頭でゴールを決めたのだが、主審も線審も全く見ていなかった。
ビデオでは明らかにゴールだった

この頃になると、
完全にブラジルが試合を支配していた。

後半17分で、ブラジルのシュートは20、米国は5。

後半21分に、
アンドレ・サントスに代わり、ダニエル・アウヴェスが入った。
さらに、
ラミレスに代わり、エラーノが入った。

後半28分に、ゴール前のボールの跳ね返りを、
ルイス・ファビアーノが再びゴール

後半35分 ブラジルのボール支配率は58%。

後半39分、右からのコーナーキックをエラーノが蹴り、
DFルーシオが頭で決めた

逆転。

その後の、米国の必死の動きも、
ブラジルのリズムは代わらず、3分延長の後、試合終了
Sps20090628ti

ブラジルが、優勝

キャプテンのルーシオが、ブラジルのフェアプレイ賞を受け取った。
Sps20090628tj

ルイス・ファビアーノが得点王の、「金の靴」。
Sps20090628th

それに、準最優秀選手の「銀のボール」。
Sps20090628th_2

カカが最優秀選手の「金のボール」。
Sps20090628tg

キャプテンのルシーオは、
所属していたバイエルン・ミュンヘンから来期の戦力外とされており、
個人的に悩んでいて、
それを妻が助けてくれたと、試合後に語っており、
その意味を込めたメッセージのあるTシャツを試合後に着た。

Sps20090628tk

-------------------------------
後半のブラジルを見て、
2点を先行されても冷静に作戦を切り替えた監督と、
それに答えられる選手たちの技量に、
改めて感銘を受けた。

-------------------------------
問題は、
コンフェデレーション杯に優勝して、
W杯に優勝したチームはないというジンクスである。

|

« ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その23 ゲイ・パレードの人たち12。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2009 その31 第8節終了。 »

Comments

ブラジルのコンフェデ2連覇おめでとうございます。
しかし、前半2点連取したアメリカには驚かされましたね。
日本にもこういう潜在能力があるといいのですが…。

Posted by: mogura | domingo, 28 de junho de 2009 at 22:57

ルイス・ファビアーノはすごい、アドリアーノ以上にすごい。ゴール前のあのドタバタのなかでも冷静にボールを見定め、決めた。おまけに私の大好きなルシオが決勝点を入れた。4年前の決勝よりも感動的でした。
コンフェデレーションカップは、高校野球で言えば、春の選抜、W杯が夏の選抜だと思う。春夏連覇は高校野球以上にむづかしいが、ブラジルはそれを乗り越えてやってくれると信じている。

Posted by: boticário | segunda-feira, 29 de junho de 2009 at 08:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/45485876

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 コンフェデレーション杯2009 その10 決勝 ブラジル対米国戦。:

« ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その23 ゲイ・パレードの人たち12。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2009 その31 第8節終了。 »