« ブラジル・サンパウロは「秋」2009 その32 寒い。 | Main | サッカー・ブラジル代表 コンフェデレーション杯2009 その5 対エジプト戦。 »

domingo, 14 de junho de 2009

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その10 ゲイ・パレード。

第13回サンパウロ・ゲイ・パレードが、6月14日(日)に、
パウリスタ通りを出発し、コンソラソン通りをくだり、フランクリン・ルーズベルト広場までのコースで、開催された

拙宅から、このコースの一番近いところまでは、直線で500メートルくらい。

出発時刻の正午過ぎから、ヘリコプターが旋回し、まもなく拙宅でもトリオ・エレトリコ(=大スピーカーが大音響の音楽をとどろかせる、お立ち台付き大型トレーラー)の大音響が聞こえてきた。

12時前に出かけるとまだ人も少なく、美しい人たちも割とMASP前に集まっていることは知っているのだが、
毎年のことなので、ゆっくりと出かけた。

すでに、先頭のトリオ・エレトリコは、パウリスタ大通りからコンソラソン通りに入っていた。

パレードの流れに反して、大群衆の中を、MASPまで1時間以上をかけて歩いたので、
20台のトリオ・エレトリコのすべてを見ることができた。

今年は、昨年より29%予算もカットしたということで、ややパウリスタ大通りは地味に見えた。

いつものような人たちが、いつものようにいっぱいいた。

もう5年目なので、それほど驚くようなことはなくなった。

その後、パウリスタ大通りを通ることなく、コンソラソン通りに戻った。

いつもは、コンソラソン通りになるとかなり観客は経るのだが、今年は全然違った。
ものすごい群衆で、17時を過ぎても埋め尽くされていた。
次から次とパウリスタ大通りの方から現れて、コンソラソン通りを下っていく。
まさしく人波だった。

男がとか、女がとか、
何が何だかわからない、
どういう関係なのが、
どういう趣向なのか、
全く想像をさせてくれない、
不思議な世界に浸っていた。

約4時間、
間断なく漂ってきたマコーニャ(=マリファナ)のせいか、
ちょっとクラクラしてくるようだった。

コンソラソン通りを離れ、拙宅の方へすこし行くと、また元の普通の人たちの世界に戻った。

-------------------------------
350万人というのも、間違いないかもしれないと思うほどの人だった。

やはり、このゲイ・パレードはすごい。
Sps20090614ttj

Sps20090614ttc

Sps20090614ttl

Sps20090614ttm

Sps20090614tto

Sps20090614ttb

Sps20090614ttg

Sps20090614ttk

-------------------------
Sps20090614tth

Sps20090614ttd

Sps20090614tte

Sps20090614ttf

-------------------------
ペネロープ嬢。
Sps20090614tta

Sps20090614ttn

Sps20090614tti

|

« ブラジル・サンパウロは「秋」2009 その32 寒い。 | Main | サッカー・ブラジル代表 コンフェデレーション杯2009 その5 対エジプト戦。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その10 ゲイ・パレード。:

« ブラジル・サンパウロは「秋」2009 その32 寒い。 | Main | サッカー・ブラジル代表 コンフェデレーション杯2009 その5 対エジプト戦。 »