« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その276 Os gêmeos 135。 | Main | サッカー・ブラジル杯2009 その37 決勝 コリンチャンス対インテルナシオナウ戦。 »

quarta-feira, 17 de junho de 2009

サッカー・ブラジル杯2009 その36 決勝 コリンチャンス対インテルナシオナウ戦 当日。

6月17日(水)21時50分から、
サンパウロ市でもっとも伝統があるパカエンブー競技場で、
ブラジル杯決勝の第1戦のコリンチャンス対インテルナシオナウ戦が行われる。

約3万4千枚の入場券は、15日(月)の午前中にすべて売り切れた。

16日(火)に、パカエンブー競技場の正面のシャルレス・ミラー広場に行ったが、
ダフ屋さんだけが血しばった目をして、
売り込みをしていた。

インターネットなど窓口外での販売が3万枚弱になっている現状で、
ダフ屋に回る部分は非常に少なくなっているはずで、
それだけに余計に必死なはずだ。

17日(水)試合当日、
15時前に、
早くもシャルレス・ミラー広場が閉鎖されていた。

競技場周辺の駐車場は、
これもこの時間から、試合のための駐車は30レアル(=約1600円)という表示を出していた。
普段よりずっと高い。
だいたい、この高級住宅街では、普通の日は夜になって、駐車場など全く必要ない。

18時前には、もう競技場の周辺道路が渋滞しはじめた。

警察だかマスコミだかのヘリコプターが、競技場の上空付近に止まっているので、非常にうるさくなった。

さらに、公共の道路なのに、自分の場所かのようにして路上駐車をさせるフラネリーニャと呼ばれる連中が、
車を呼び込む声も聞こえはじめた。

試合開始まで、まだ3時間半以上もあるのにだ。

準決勝のヴァスコ・ダ・ガマ戦で、
バスが燃えるなどしたために、
この試合ためには、700人の警察が、警備のために動員されているそうだ。

19時になると、花火や爆竹が上がりはじめた。

19時20分、ニュースを見ていると、もう観客が競技場に入っている。

20時を過ぎて、もう花火や爆竹が上がりまくっている。

分けもなく「コリンチャンス」と連呼して歩く者などで、喧噪の極み。

-------------------------------
歩いて1分もかからない競技場ではあるが、今晩は、試合開始1時間より前に出かけようと思う。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その276 Os gêmeos 135。 | Main | サッカー・ブラジル杯2009 その37 決勝 コリンチャンス対インテルナシオナウ戦。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル杯2009 その36 決勝 コリンチャンス対インテルナシオナウ戦 当日。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その276 Os gêmeos 135。 | Main | サッカー・ブラジル杯2009 その37 決勝 コリンチャンス対インテルナシオナウ戦。 »