« ブラジル・サンパウロは「秋」2009 その28 雨。 | Main | サッカー・ブラジル杯2009 その30 決勝 コリンチャンス対インテルナシオナウ戦のチケットがすでに1万枚販売済み。 »

quarta-feira, 10 de junho de 2009

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その5 専門病院の開設。

6月9日(火)に、サンパウロSão Pauloで、ブラジルBrasilでは他に例がない、同性愛者homossexuais・おかまtravestis・性転換者transexuaisを専門に診察する、初めての公立病院が開院した。

サンパウロ州知事ジョゼ・セッハJosé Serraによってオープンした医療センターは、ゲイgaysに特化した、医療・看護・心療・栄養・食事療法の分野のプロがいる。

「この病院ができたことはとても幸いである。他の町の病院で直面している問題も解決していく」と、「ゲイ・レスビアン・バイセクシャル・おかま・トランスセクシャルの誇りパレード協会」Associação da Parada do Orgulho de Gays, Lésbicas, Bissexuais e Travestis e Transexuaisの会長のアレシャンドレ・サントスAlexandre Santosは明言した。

彼は、この病院は受付からもう異なっていると明らかにした。
性転換者について、「他の病院では、職員は名前の問題のような細かいことについても進め方を知らない」
※※この病院では、本名ではなく、社会的な通称名で呼ぶそうだ。
   (猛とか武剛などという名前ではなく、玲奈と美樹と呼ぶようなものだ)

「もっとも特別なのは、たとえば、特別な泌尿器と内分泌の専門家がいることである」と強調した。

このセンターの開所は、第13回サンパウロ・ゲイ・パレード13ª Parada do Orgulho LGBTの活動の一つである。

このパレードの間に、保健局Secretaria de Saúdeは100万個の避妊具を配り、AIDsの検査を行う

-------------------------------
このような医療センターを必要とする人たちが、それほど多いということだろうか。

実際のところ、
少なくはないようだ。

なぜなら、そのような人を、日本では考えられないくらい、普通に見かけるからだ。
それも、昼間からでも、あちこちでだ。
いずれ、その雰囲気を紹介したいと企画し、決死の覚悟で潜行取材を続けている。

いくら対象者が少なくないにしても、専門病院と作るとは、ここまでするかという感はある。
他にもやることがいっぱいあるようだが。

|

« ブラジル・サンパウロは「秋」2009 その28 雨。 | Main | サッカー・ブラジル杯2009 その30 決勝 コリンチャンス対インテルナシオナウ戦のチケットがすでに1万枚販売済み。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その5 専門病院の開設。:

« ブラジル・サンパウロは「秋」2009 その28 雨。 | Main | サッカー・ブラジル杯2009 その30 決勝 コリンチャンス対インテルナシオナウ戦のチケットがすでに1万枚販売済み。 »