« ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その36 ゲイ・パレードの人たち25。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2009 その49 第9節 コリンチャンス対フルミネンセ戦 観戦4。 »

domingo, 19 de julho de 2009

ブラジル・サンパウロの新幹線計画 その1 今度こそは実現か。

リオ・デ・ジャネイロRio de JaneiroからカンピーナスCampinasまでの弾丸列車trem-bala(=いわゆる新幹線)は、サンパウロSão Paulo市を少なくとも16キロメートルのトンネルで通過する。

専門家によると、トンネルのコストは、地下鉄での同様のコストを適用すると、32億レアルから50億レアルの間になる。

プロジェクトの総コストは成長促進計画PAC (Programa de Aceleração do Crescimento)を含めて220億レアルで、専門家によると330億レアルになる。

サンパウロSão Paulo市における唯一の駅になる予定の市内北部のカンポ・ヂ・マルチCampo de Marteは地下駅になる。

大サンパウロ都市圏Grande São Pauloでは、列車が地表を通るグァリューリョスGuarulhos市のクンビッカCumbica空港に駅がもう一つできる。

この情報は、連邦および州の政府に関係する技術者と政治家、それにプロジェクトに関わっているコンサルタントによって確認された。

先月、ヂウマ・ロウセフDilma Rousseff大臣はサンパウロSão Pauloとリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroの連絡はブラジルがワールドカップを開催する2014年にはできると明言した。

サンパウロSão Paulo,以外にも、弾丸列車はカンピーナスCampinas市、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiro市、そしてアララス山脈Serra das Ararasでも必要で、地下区間は約50キロになる。

より高くなるのだが、技術者はトンネルには土地買収のコストを無くし、環境負荷を減らし、高架線によって町に与える影響を減らすという利点もあると明言した。

経路はまだ決定していないが、駅はカンポ・ヂ・マルチCampo de Marte駅、サン・ジョゼ・ドス・カンポスSão José dos Campos 駅(サンパウロから91キロ)、ヴォルタ・レドンダVolta Redonda駅(リオから112キロ)そして、ヴィラコポスViracopos(カンピーナス)、グァリューリョスGuarulhos、ガレオンGaleãoの各空港駅が予想される。

さらに、ジュンジャイJundiaí(サンパウロから60キロ)とアパレシーダAparecida(サンパウロから167キロ)にも駅ができるだろう。

サンパウロとリオ・デ・ジャネイロの最も早い列車は約150レアルで、飛行機のシャトル便の利用者を引きつけるだろう。
より安く、よく止まる列車は、100レアルとなり、バスを使っている人の代替となる。

-------------------------------
何となく、具体的な計画が話題になり始めたのだが、
実現するのだろうか。

日本政府も、そして企業も、
随分と働きかけをしているようだ。

|

« ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その36 ゲイ・パレードの人たち25。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2009 その49 第9節 コリンチャンス対フルミネンセ戦 観戦4。 »

Comments

実現しますかね。いや、実現して欲しいですね。
しかし去年の夏に決まらなかった時点で2014年のワールドカップに間に合わせるのは無理かなという気がしますが。

Posted by: gachopin | quarta-feira, 22 de julho de 2009 08:08

>gachopin様
日本政府や商社そしてメーカーが、かなり動き回っているようです。
デジタルテレビの規格採用のように、うまくいくと良いでしょうね。

Posted by: Sao_paulo | quinta-feira, 1 de outubro de 2009 22:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの新幹線計画 その1 今度こそは実現か。:

» 7月中に入札公示か…ブラジル高速鉄道プロジェクト。11月末入札、その前に大統領選挙《新空港建設も懸念材料に》 [音楽とのりものと・・・]
アメリカと共に日本の新幹線技術の売り込み先の一つとして目されてきているブラジルの高速鉄道プロジェクトについて、ブラジルの連邦会計検査院(TCU)が去る6月30日に事業費削減を勧告、これを受けてパソス運輸相が7月1日に’来週中に’入札公示を行い11月末に入札を実施することを明らかにしましたが、その’来週中’にあたる今週、入札公示が為されたとの情報は入ってきていません。更に10月3日にはブラジル大統領選挙が実施されることになっており、その選挙結果によって今後のプロジェクト進捗具合に影響を及ぼす可能性を指... [Read More]

Tracked on domingo, 11 de julho de 2010 09:19

« ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その36 ゲイ・パレードの人たち25。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2009 その49 第9節 コリンチャンス対フルミネンセ戦 観戦4。 »