« ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その45 ゲイ・パレードの人たち34。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その526 拙宅に来る鳥488。 »

segunda-feira, 3 de agosto de 2009

ブラジル・サンパウロの「フィリッピ・マッサ」のF1事故報道 その2。

フィリッピ・マッサFelipe MassaはすでにブラジルBrasilにいる。

フェラーリのパイロットのフィリッピ・マッサは、8月3日(月)の夕方6時すぎにサンパウロSão Paulo市南部のアルベルト・アインシュタイン病院Hospital Albert Einsteinに到着した。

静かに、病院に歩いて入いり、個人医のヂノ・アルツマンDino Altmannと並んで、良好であるところを見せた。

フィリッピ・マッサは、7月25日(土)にハンガリーGP Grande Prêmio da Hungriaの練習走行での事故での衝突で起きた頭蓋骨の手術からの回復過程にある。
彼は、病院の入り口で止まり、記者たちに向かって、良好であるところを見せた。


「やってきてくれたみんなに感謝します。 でもまだたくさん話すことはできません。 治さなくてはならない」と、フィリッピ・マッサは語った。


すぐに、フィリッピ・マッサは病院に入り、彼の状態を検査するために入院する部屋に向かった。

到着して1時間ちょっとで、医師は最初の所見を発表した。

「イスラエリッタ・アルベルト・アインシュタイン病院Hospital Israelita Albert Einsteinは、患者のフィリッピ・マッサFelipe Massaが今日(8月3日)の夜18時10分にモルンビ本院に入院したことを発表する。 患者は状態良く到着し、健康状態が非常に改善しているところを見せた。 明日(火曜日)の朝に医学的な再検査を受ける」と、ヂノ・アルツマンDino Altmann医師、ミルトン・グレーセルMilton Glezer役員そしてルイス・フェルナンド・アラーニャLuís Fernando Aranha.役員に署名された文書は明らかにしている。


9日間の入院の後、フィリッピ・マッサはこの月曜日にブダペスト軍事病院Hospital Militar de Budapesteを退院し、医師が付き添う設備がある飛行機でブラジルに向かった。
妻のラファエラRaffaelaと医師のヂノ・アルツマンが一緒だった。

-------------------------------
サンパウロのグァリューリョス国際空港に到着してからは、
ヘリコプターで病院に向かったフィリッピ・マッサ。

左のこめかみから眉の上あたりまで、まだ抜糸されていない痛々しい傷跡がある。


また、今朝のニュースでは、
ブダペストを出発する前のインタービューの映像が流された。
事故のことは何も覚えていないそうである。

|

« ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その45 ゲイ・パレードの人たち34。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その526 拙宅に来る鳥488。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/45831944

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「フィリッピ・マッサ」のF1事故報道 その2。:

« ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2009」 その45 ゲイ・パレードの人たち34。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その526 拙宅に来る鳥488。 »