« サッカー・ブラジル選手権2009 その111 第22節終了。 | Main | ブラジル・サンパウロの9月1日は、「コリンチャンスの日」。 »

segunda-feira, 31 de agosto de 2009

サッカー・ブラジル選手権2009 その112 コリンチャンスのDFジェアンがFCモスコーに移籍。

欧州europeuへの移籍の最後の時に、コリンチャンスCorinthiansはまた一人失った。

シッコンChicãoとウィリアンWilliamからでできている正選手の控えのDFジェアンJeanが、ロシアRússiaのFCモスコーFC Moscouに移籍した。

ジェアンは月曜日(8月31日)の朝、コリンチャンスTimãoの社長を訪ねて、契約の取り消しを要求した。
社長は、移籍の窓が閉まる前に交渉が成立するようにすぐに受け入れた。
コリンチャンスはこれによって何も受け取らない。

ジェアンJean29歳は、グレミオGrêmioで2008年のブラジル選手権Campeonato Brasileiroを戦った後にコリンチャンスに来た。
しかし、マノ・メネゼスMano Menezes監督の下で多くのチャンスがなく、果ては若いヂエゴDiegoにまでチームでのポジションを取られていた。
18試合に出場して、2ゴール。

FCモスコーFC Moscouは、ジェアンJeanの経歴では3回目のロシアのクラブである。
以前に、ジェアンはサターンSaturnとディナモDynamoにいたことがある。

ジェアンがでたことで、コリンチャンスTimãoにはわずか5人のDFしかチームにいないことになった。
シッコンChicãoとウィリアンWilliamの他に、最近契約したパウロ・アンドレPaulo Andréとジュニアから上がってきたヂエゴDiego、レナットRenatoである。

-------------------------------
ジェアンは、
マノ・メネゼス監督が古巣のグレミオから引っ張った選手だった。

でも、時々ポカがあった。

|

« サッカー・ブラジル選手権2009 その111 第22節終了。 | Main | ブラジル・サンパウロの9月1日は、「コリンチャンスの日」。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2009 その112 コリンチャンスのDFジェアンがFCモスコーに移籍。:

« サッカー・ブラジル選手権2009 その111 第22節終了。 | Main | ブラジル・サンパウロの9月1日は、「コリンチャンスの日」。 »