« agosto 2009 | Main | outubro 2009 »

quarta-feira, 30 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その12 非常に寒い。

国立大気研究所Inpe (Instituto Nacional de Pesquisas Espaciais)の天気予報および気象研究所Cptec (Centro de Previsão de Tempo e Estudos Climáticos)の予想では、寒冷前線の通過により、9月30日(水)は、ブラジルの南東部の天気は曇りで雨が降りやすい。

天気予報および気象研究所によると、
雨は特にサンパウロ州Estado de São Pauloの中部と東部に集中する。

気温は下降し、サンパウロSão Pauloでは気温は15℃から12℃の間。

-------------------------------
この日曜日(9月27日)には最高気温は32.3℃にもなったというのに、
あまりに激しい変化。

9月30日(水)、朝からどんよりとした曇りが終日続いた。
午前中は時折小雨がぱらついた。
非常に寒い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その131 第27節コリンチャンス対アツレチコ・パラナエンセ戦の入場券の窓口販売開始。

10月3日(土)18時30分から、
サンパウロ市のパカエンブーPacaembu競技場で行われるブラジル選手権の第27節のコリンチャンスCorinthians対アツレチコ・パラナエンセAtlético-PR戦の入場券の窓口販売が、この水曜日(9月30日)11時から始まった。

販売窓口は17時まで開いている。

販売窓口は次の通り:
パルケ・サン・ジョルジParque São Jorge(コリンチャンス本部),
パカエンブー競技場Pacaembu,
カニンデ競技場Canindé,
ブルーノ・ジョゼ・ダニエリ競技場Bruno José Daniel (Santo André),
イビラプエラ体育館Ginásio do Ibirapuera,
アナクレット・カンパネラ競技場Anacleto Campanella (São Caetano do Sul),
ジョゼ・コヘーア体育館Ginásio de Esportes José Correa (Barueri)
ピッタ・スポーツPitta Sports (Silva Bueno, 1.156, Ipiranga).

緑verde、黄色amarela・トボガンtobogã観客席への入場券は30レアル。
オレンジ椅子席(=向正面席)は70レアル。
屋根なし番号席は100レアル。
VIPエリアは180レアル。

-------------------------------
入場券は、昨日までに、インターネット経由で確保した。

9月30日(水)の午後に、
パカエンブー競技場の販売窓口の様子を眺めてみたが、
あまり人はいなかった。

ブラジル選手権ももう3分の2が過ぎた

このアツレチコ・パラナエンセ戦には、もうたいした意味もない。
個人的な用事のためにスペインに行っているロナウドも、出場はしないだろう。

観客は、あまり多くないと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第28回サンパウロ・ビエンナル その54。

2008年10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年2008年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせようとしている。

-------------------------------
出展作品についての紹介は、前回までで、すべて終了した。

-------------------------------
「サンパウロ・ビエンナル」毎に、毎回発行されている新聞がある。
読んで、大しておもしろい内容ではない。
Sps20081026pibzzzp

会場の一角にコーナーがあって、
そこに積んであるのだが、
あまり手に取る人もなく、持ち帰る人もいなかった。
Sps20081026pibzzzo

Sps20081026pibzzzq

Sps20081026pibzzzn

今回はこれとは別に、期間中に、毎週発行されていたものもあった。

こういったものは、研究者の方に、発送した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その74 ミレーナMilena。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分とたまっているので、2008年の分を、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 何とか個別に対応したい。

-------------------------------
昨年2008年10月16日(木)20時30分から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にあるシモン・ボリヴァール公会堂で、
行われた、ミレーナMilenaのコンサートに行った。
Sps20081016malaa

ミレーナは、1960年代の終わりから活動している歌手で、
MPBのいろいろな作曲家の曲を取り上げ、
多くの演奏家とも共演を果たしている。
Sps20081016malab

おそらく、日本でも公演をしているはずだ。
Sps20081016malac

(プログラムの一部)
※クリックすると拡大する。
Sps20081021mald

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その11 寒い。

9月29日(火)、サンパウロSão Paulo州のほぼ全域で天気は不安定なままである。

寒冷前線が大西洋から進み、州の北部では突風を伴った強い雨を降らせるだろう。
そのほかの内陸部、大サンパウロGrande São Paulo都市圏および海岸部では空は曇りで、一日を通じて雨が降るが、28日(月)のようには強く降ることはない。
プレジデンチ・プルーデンチPresidente Prudente地方だけは雨が止む。

気温は、月曜日に比べて10度下がる。
サンパウロ市では最高気温は20℃を超えることはない。

-------------------------------
9月29日(火)、
サンパウロ市は朝からどんよりと曇り。
日中は、霧雨や小雨が降ったり止んだり。

気温は低く、日中でも20℃には達していないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 29 de setembro de 2009

第28回サンパウロ・ビエンナル その53 作品39。

2008年10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年2008年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせようとしている。

-------------------------------
会期中に、ずっと「変化」していった出展作品

その変化の最終段階。
Sps20081125pibd

Sps20081125pibc

これも全く理解できなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その73 モラエス・モレイラMoraes Moreira。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分とたまっているので、2008年の分を、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 何とか対応したい。

-------------------------------
またまた、古い話になるのだが、昨年2008年10月2日(木)21時から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にあるシモン・ボリヴァール公会堂で、
行われた、モラエス・モレイラMoraes Moreiraが出演したコンサートに行った。
Sps20081002malc

モラエス・モレイラMoraes Moreiraといえば、
Os Novos Baianosオス・ノーヴォス・バイアーノスのメンバーとして、
1970年頃から活動していて、
1975年には独立して、ソロになっている。
Sps20081002mala

Os Novos Baianosオス・ノーヴォス・バイアーノスといえば、
メンバーが奇妙な共同生活(=ヒッピーのような)をしていたことでも有名だったが、
その頃のエピソードについても話していた。

(プログラムの一部)
Sps20081002mald

そして、
その時の
ジョアン・ジルベルトとの交流についても触れて、
ジョアン・ジルベルトのギターには大きな影響を受けたそうだ。

それにしても、年齢なりに、容貌は変わっている。
Sps20081002malaa

しかし、
ズボンは、あの時代そのもののセンスだ。
未だにどこかで売っているのだろうか。
Sps20081002malab

| | Comments (2) | TrackBack (0)

segunda-feira, 28 de setembro de 2009

第28回サンパウロ・ビエンナル その52 作品38。

2008年10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年2008年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせようとしている。

-------------------------------
開幕当初は、最下層にあった出展作品が、
いつの間にか移動していた。
Sps20081114pibf

移動したからといって、何も変わらない。
Sps20081114pibp

なんだかわからない。

全く作品がなかった最上層の下の層にも、置かれていたものもあった。
Sps20081114pibo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その10 豪雨。

強いにわか雨が、9月28日(月)の午後、サンパウロSão Paulo市に達した。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)によると、市内全域に15時40分に注意報が出た。

危機管理センターによると、寒冷前線がサンパウロ市の西部と南部の雨を引き起こした。
強く降ったところでは冠水したが、にわか雨が降るのは短い。

寒冷前線は、強い風ももたらし、13時過ぎにカンポ・ヂ・マルチ空港では風速は時速46キロに達した。

危機管理センターCGEによると、天気は夜まで雨が降りやすく、未明にもまたにわか雨の可能性がある。

-------------------------------
拙宅付近では、15時前から、より暗くなり、風が強くなった。

そして、15時17分に、一気に土砂降りとなって、約20分間非常に強く降った。

降り始めとほとんど同時に、停電した。

雨は、その後未明までは断続的に降り続いた。

停電は、20時前にやっと復旧した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その9 天気が崩れる。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想によると、気温が高かった週末の後、寒冷前線が到達し、サンパウロSão Paulo市に、雨が降り、冷たい空気の固まりをもたらし、火曜日からは気温を低下させる。


危機管理センターCGEは、この月曜日(9月28日)から、雲が増えて、特に午後ににわか雨を降らせる、と言っている。
しかし、気温は引き続き高く、午前中には27℃を記録した。

火曜日(29日)には、冷たい空気の固まりが、天気を曇りにし、気温を下げ、16℃から20℃の間となる。
危機管理センターによると、雨は軽くなるが、一日のうちのいつでも降る。

空が雲で覆われ、気温が低いのは、サンパウロSão Paulo市では、太陽がでて気温が上がる週末まで続く。

金曜日(10月2日)には、気温は26℃にまで達するが、にわか雨は続く。

週末は、太陽がより出てきて、雨は減る。
気温は、26℃から18℃の間。

-------------------------------
9月28日(月)は、朝から気温が高かった。

晴れ間あり、日も差していたこともあったのだが、
すぐに雲に覆われた。

午後になるにつれて、ますます雲は厚みを増し、やや暗くなってきたのだが、気温が高く、湿度も高かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その8 最低気温22.5℃。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)が記録したところでは、サンパウロSão Paulo市は、この月曜日(9月28日)の夜は、今年の3月からではもっとも暑く、最低気温は22.5℃であった。

国立気象研究所の気象士のネイヂ・オリヴェイラNeide Oliveiraによると、9月の夜の間に20度以上の気温を記録することは普通ではない。
今年は、わずか3回しか今日のこの気温を超える気温を記録していない。
すべて3月であった。

-------------------------------
9月27日(日)は、夜になってもなかなか気温が下がらず、日付が変わる頃でもまだ25℃もあった。

おまけに、サンパウロにしては、湿度も高かった。

明け方には、22.5℃にまで下がったということだ。

サンパウロ市は、南回帰線上に位置するが、標高が約750メートルの高原に位置している。
このため、夏でも、気温はなかなか30℃を超えることはなく、夜は最低気温が20℃を割る。

エアコンも、一般の家庭では必要ない。

夜、エアコンなしで寝ることができるのは非常に快適。
ただし、窓を閉めて寝ないと、風邪を引く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー:コリンチャンスのロナウド その47 スペイン行き。

FWロナウドRonaldoは、これから4日間コリンチャンスCorinthiansのトレーニングにいない。
この日曜日(9月27日)、試合の後に、FWロナウドは、コリンチャンスの広報担当者が発表したところでは、”先延ばしにできない”公人的な問題を解決するためにスペインEspanhaのマドリッドMadriに向かった。

ロナウドがブラジルBrasilに戻ってくるのは、木曜日(10月1日)に予定されている。
しかし、マノ・メネゼスMano Menezes監督は、土曜日(10月3日)にパカエンブーPacaembu競技場で行われる対アツレチコ・パラナエンセAtlético-PR戦にロナウドを出場させるかについては何も明らかにしていない。

サンパウロSão Pauloに到着する時刻次第では、ロナウドがトレーニングを行うのは1日だけとなる。

-------------------------------
復帰したばかりで、マドリッドに行ってしまった。

どうせならば、まだ怪我で休んでいるうちに行けば良かったのにと思うのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2008 その7 最高気温32.3℃。

春になって最初の日曜日は、太陽がでて、サンパウロSão Paulo市は暑くなった。
サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)によると、サンパウロ市東部のヴィラ・プルーデンチVila Prudenteの観測所で14時10分に記録された、最高気温は32.2℃であった。

気温は、先週火曜日に終了した2009年の「冬」の最高気温を少し上回った。
危機管理センターによると、それは、9月2日(水)に記録した31.5℃だった。

快適な天気にもかかわらず、国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)の予想では、今週は雨と気温の低下で始まるという。

この月曜日(28日)は、サンパウロSão Paulo市を含むサンパウロ州の広い範囲は、曇りで始まり、雨が降る。
それで、気温は少し下がり、サンパウロ市では18℃から26℃の間。

-------------------------------
9月27日(日)は、朝から日差しが強く、午後になると本当に暑くなった。

それに、比較的湿度も高かったように感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その72 アルナルド・アンツーネスArnaldo Antunes。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分とたまっているので、2008年の分を、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 何とか対応したい。

-------------------------------
またまた、古い話になるのだが、昨年2008年9月26日(金)21時から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にあるシモン・ボリヴァール公会堂で、
行われた、アルナルド・アンツーネスArnaldo Antunesも出演したコンサートに行った。
Sps20080925malaa

Sps20080926mald

1960年9月2日に、サンパウロに生まれている。

1978年に、サンパウロ大学哲学・文学・人文科学部に入学しているので、たいそうな秀才であったようだ。

チタンスTitãsという1982年に、ロックグループを結成し、そのボーカルとして活動している。
このグループで、若者の大きな支持を得ていたが、10年後に脱退している。
※チタンスTitãsは、今でもまだ活動している。

ミュージシャンとしてだけではなく、詩人そしてヴィジュアル・アーチストとしても活動している多才な人だ。

このコンサートは、アルナルド・アンツーネスArnaldo Antunesだけではなく、コネクション・ラーチナという企画で、ブラジルとその他のラテン・アメリカの国のミュージシャンのジョイントコンサートの一つとして開催された。

(プログラムの一部)
※クリックすると拡大する。
Sps20080926malc

Sps20080926malb

とはいうものの、会場の観客のほとんどは、アルナルド・アンツーネスのファンばかりであった。
Sps20080926malaa

Sps20080926malab

Sps20080926malad

独特な雰囲気を持った人である。
Sps20080926malae

Sps20080926malaf

Sps20080926malag

熱烈なファンは、ずっとステージにかぶりついて、写真を撮りまくっていた。
最後には、握手をしてもらっていた。
Sps20080926malac

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その550 拙宅以外で見かける小鳥14。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
ラヴァンデイラ・マスカラーダLavandeira-Mascarada。

学名は、Fkuvicola nengeta, Tyrannidae。

体長は15センチ。

川や池の水辺の草地で多く見られる。
そういったところでは、比較的よく見つけることができるようだ。

これは、チエテ環境公園にいたもの。
Sps20090907petw

Sps20090907pets

Sps20090907pett

Sps20090907petu

Sps20090907petv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 27 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル選手権2009 その130 第26節終了。

サッカー・ブラジル選手権の第26節が、
9月26日(土)および27日(日)に行われた。

結果は次の通り。

9月26日(土)           第26節第1日目
試合開始           試合結果                競技場
18h30  Palmeiras    2 x 1  Atlético-PR       Parque Antarctica
18h30  Barueri      0 x 1  Cruzeiro         Arena Barueri
パルメイラスは、地元パレストラ・イタリアで勝利
 首位を独走。
バルエリは地元で敗れた

9月26日(土)           第26節第1日目
試合開始           試合結果                競技場
16h    São Paulo      1 x 1   Corinthians    Morumbi
16h    Fluminense     3 x 2   Avaí        Maracanã
16h    Internacional    0 x 0   Flamengo     Beira-Rio
16h    Goiás        2 x 1   Grêmio       Serra Dourada
16h    Coritiba       2 x 0   Náutico       Couto Pereira
18h30  Atlético-MG    3 x 1   Santos       Mineirão
18h30  Botafogo      1 x 3   Vitória       Engenhão
18h30  Sport        2 x 1   Santo André    Ilha do Retiro
コリンチャンスは、ロナウドのゴールで先行したが、
 審判の不可解な判定により、引き分けに終わった。
Sps20090927te

Sps20090927tf

(SPFCの先発と控え)
Sps20090927ta
Sps20090927tb
(コリンチャンスの先発と控え)
Sps20090927tc
Sps20090927td

フルミネンセが11試合ぶりに勝利
 最下位は代わらず。
ゴイアスが地元で勝利し、2位に上昇


次節の第27節の予定は次の通り。

9月30日(水)           第27節第1日目
試合開始           試合予定                競技場
21h50  Náutico        x   São Paulo       Aflitos
※ナウチコは、地元で試合。

10月3日(土)           第27節第2日目
試合開始           試合予定                競技場
18h30   Corinthians    x   Atlético-PR     Pacaembu
18h30   Santo André   x   Vitória         Bruno José Daniel
18h30   Atlético-MG   x   Barueri        Mineirão
※コリンチャンスは地元パカエンブー競技場に、アツレチコ・パラナエンセを迎える。
※サント・アンドレは、ホームでヴィトリアと対戦。
※バルエリはアウェーで、アツレチコ・ミネイロと対戦。

10月4日(日)           第27節第3日目
試合開始           試合予定                競技場
16h    Santos        x   Palmeiras       Vila Belmiro
16h    Goiás         x   Botafogo       Serra Dourada
16h    Grêmio        x   Sport         Olímpico
18h30  Coritiba       x   Internacional     Couto Pereira
18h30  Flamengo      x   Fluminense      Maracanã
18h30  Avaí          x  Cruzeiro        Ressacada
※パルメイラスは、アウェーでサントスと対戦。


(第26節を終了した時点での順位)
Spf20090927a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第28回サンパウロ・ビエンナル その51 作品37。

10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせてみたい。

-------------------------------
ボードで囲まれたコーナー。
Sps20081026pibzzy

ホワイトボードに紙が貼られている。
Sps20081030pibzzzb

ポルトガル語と英語で、指示が書いてあった。
Sps20081030pibzzza

このボートの下にある白い手袋をはめる。

そして、長い棚に置いてある、好きな写真を何枚か選ぶ。
写真は、いろいろで、見たことがある写真もあったし、そうでないものもあった。
Sps20081030pibzzze

それを中央にいる係員のところへ持って行く。
Sps20081030pibzzzc

それらの写真をスキャナーで取り込んで、
印刷してくれる。
ただし、写真のサイズは小さくなるし、すべて白黒写真となる。

まあ、積極的に参加している人も少なくはなく、
列になっているときもあった。
Sps20081026pibzzzc

Sps20081026pibzzz

どこがおもしろいのか、全くわからなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その6 快晴。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)の予想では、この日曜日(9月27日)のサンパウロ市は、天気の不安定さは減り、一日中太陽がでる。

これにより、気温は上昇し、日中は非常に暑くなる。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、日曜日は午後から夜にかけてサンパウロ市では、局地的に雨を降らせる可能性がアルクもが通過して、一時的に曇るが、晴れ。
最高気温は26℃で、最低気温は14℃。

-------------------------------
朝から、快晴になり、
日差しがとても強く、
暑くなった、9月27日(日)のサンパウロ市であった。

夕方近くになって、蒸し暑く感じるようになり、雲が出てきた。

最高気温は30℃を超えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 26 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その71 Ivete Souza。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分とたまっているので、2008年の分を、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 何とか対応したい。

-------------------------------
またまた、古い話になるのだが、昨年2008年9月18日(木)20時30分から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にある鏡の間で、
行われた、イヴェッチ・ソウザIvete Souzaが出演したコンサートに行った。
Sps20080916malb

イヴェッチ・ソウザは、19080年代末から活動を開始している歌手。
Sps20080918malbb

何度か欧州などの海外で活動をしていたこともあるようだ。
Sps20080918malaa

日本にも、1995年に白浜にいたらしい。

(プログラム)
※クリックすると拡大する。
Sps20080918malc

ジャズも歌うので、白浜のホテルで、ジャズなどを歌っていたのだろうか。
Sps20080918mald

この会場には、観客はわずか100人しか入らない。
Sps20080918male

このイヴェッチ・ソウザは、今年2009年の半ばにまたイタリアへ行ってしまった。
ブラジルで、コンサートだけで、食べていくのは難しいのだろう。

そのさよならコンサートには、一曲ごとに素晴らしいゲストが登場した。
彼女の人柄をよく示していた。
いずれ、そのコンサートの模様も紹介したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第28回サンパウロ・ビエンナル その50 作品36。

10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせてみたい。

-------------------------------
最上層にあった作品である。

十数台のディスプレーが、ずらりと並んでいた。

これ全部で、一つの作品。
Sps20081026pibzzt

ディスプレーでは、
同じ女性と思われる人が、
いろいろな表情を見せている画面が延々と流され続けていた。
Sps20081030pibzzb

Sps20081030pibzzc

Sps20081030pibzzd

Sps20081030pibzze

Sps20081030pibzzf

Sps20081030pibzzg

Sps20081030pibzzh

それを、ずっと見る気力も、体力も、余裕もなく、いくつかには多少立ち止まったりもしたが、
横目で見ながら通り過ぎた。

たいていの人はそんなものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その5 晴れた。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)の予想では、春になって最初の土曜日(9月26日)のサンパウロSão Paulo市は、雲間に太陽が現れるが、朝方は寒く感じる。

午後になって、気温はより快適なものになり、最高気温は24℃に達する。
午後遅くなって雲が増えて、局地的に短い雨が降るかもしれないという予想がある。

-------------------------------
9月26日(土)のサンパウロ市は、朝から快晴。

午前中は、空気が冷たく感じるくらいで、それほど暑くはなかったが、
午後になって気温は急上昇した。

夜になって、気温が下がり、湿度が増えたが、雨が降るようなことはなかった。

といっても、上着なしでは、夜には外出はできない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 25 de setembro de 2009

第28回サンパウロ・ビエンナル その49 作品35。

10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせてみたい。

-------------------------------
ビデオ作品のコーナー。
Sps20081026pibzzzzw

8画面くらいのスペースがあって、
座ってみることができるのだが、
あまり見る人はいない。
Sps20081026pibzzzzx

実際のところ、とても苦手である。

何なのか全く理解できない作品ばかりだからである。
Sps20081030pibzzzo

例えばこうだ。
若者のグループが草地に座っている。
Sps20081030pibzzzl

実は、この座っている姿は、別の若者たちが持っている鏡に映っていた。
最初の若者たちは、寝転んでしまった。
Sps20081030pibzzzm

もう一組の若者たちもまた寝転んだ。
Sps20081030pibzzzn

だから、何なのか。

ある会場で、
中央で二人の男が戦っているのを
多くの観衆が取り囲んでいる。
それだけだ。
Sps20081030pibzzzp

まだましだったのは、
人の顔や身体が写った画面の周辺が伸びて変化していくもの。
Sps20081030pibzzzr

Sps20081030pibzzzq

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その70 Claudette Soares。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分とたまっているので、2008年の分を、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 何とか対応したい。

-------------------------------
またまた、古い話になるのだが、昨年2008年9月17日(水)20時から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にあるシモン・ボリヴァール公会堂で、
行われた、クラウデッチ・ソアレスClaudette Soaresが出演したコンサートに行った。
Sps20080916mala

Sps20080917mald

クラウデッチ・ソアレスClaudette Soaresは、
なんと1940年代から活動を始めたという非常に長いキャリアを持った歌手である。

(プログラム等)
※クリックすると拡大する。
Sps20080917male

Sps20080917malf

Sps20080917malg

1950年代は、バイアンの王女Princesinha do Baiãoと呼ばれ、
1960年代になってからは、ボサノバも歌っている。

独特の甘い声と、かわいい容貌で、
聞く人と見る人を魅了したようだ。
Sps20080917mali

このコンサートは、
レコードデビュー50周年を記念したコンサートで、
DVDの作成をするために、そのような態勢が整えられていた。
Sps20080917malh

途中で、
歌詞を間違ったり、
今ひとつの時は、
歌い直しなどが、
何度かあった。

このクラウデッチ・ソアレスは、
非常に身長が低く、おそらく150センチかそれ以下だ。
全体に厚底の靴を使用していたが、それでも低い。
Sps20080917malc

Sps20080917malcc

Sps20080917malee

ピアニストと。
Sps20080917malff

Sps20080917malgg

往年は、とてもかわいかっただろうことが
納得できるかんじだった。
Sps20080917maldd

キャリアの長い歌手の落ち着きを持った、すばらしいコンサートだった。

2009年になって、また彼女と、思い出を作ることができたので、
いずれ紹介したい。

-------------------------------
ブラジルの歌手ではよくあることなのだが、
同じ人物なのに、
アルバムによって綴りが違うことがある。

彼女もそうで、初期のアルバムではClaudete Soaresとなっていて、
今はClaudette Soaresで統一されている。

-------------------------------
彼女のサイトにアクセスすると、いきなりその甘い声を聞くことができる。
このサイトも、内容は充実しているので、適当にクリックする価値はある。

英語のページも用意されている。

日本でも、数多いディスクのうちの主だったディスクが発売されたことがあるようなので、入手は難しくないだろう。

もちろん、ネットではより簡単だろうが、ここではそれらのサイトについては、具体的には取り上げない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その4 晴れてきた。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)の予想によると、南東部Sudesteで活動していた寒冷前線は、9月22日(火)に始まった春の週末には消えて、サンパウロSão Paulo市には太陽が出てくる。

土曜日(26日)には、太陽がでて、気温を上げる。
しかし体感温度はまだ低く、サンパウロ市では気温は24℃を超えない。

夕方には雨が降るかもしれないが、局地的で短いものになると予想されている。

日曜日には、太陽がでて、気温は上がる。
温度計は27℃に達する。
土曜日と同様に、午後の終わりににわか雨が降るかもしれない。

-------------------------------
9月24日(木)のサンパウロ市は、やや天気が持ち直してきたようだったが、
風は冷たかった、
9月25日(金)のサンパウロ市は、
やっと晴れ間が見えてきたが、まだ風は冷たかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その63 ボリビア戦・ベネズエラ戦の代表招集選手発表。

ブラジル代表監督ドゥンガDungaは、9月24日(木)に、2010年ワールドカップCopa do Mundoの南米予選の最後の2試合となるボリビアBolívia戦とベネズエラVenezuela戦のためにブラジル代表seleção brasileiraとなる24選手の招集を発表した。

予定より45分遅れて発表されたリストで新規なのは、元インテルナシオナウで今はモスクワ・スパルタクSpartak de MoscouにいるMFアレックスAlexとヴェルデル・ブレーメンWerder BremenにいるDFナウドNaldoの復帰である。

勝ち点33点でトップにいるブラジルBrasilは、すでに予選突破を決めて、南アフリカÁfrica do Sulに行くことになっている。
ドゥンガDungaは10月11日のラ・パスLa Pazでのボリビアでの試合では正選手を休ませて、テストを行う。
3日後の、カンポ・グランヂCampo Grandeでのベネズエラ戦は、南米予選の最終戦となる。
招集選手の集合は、10月6日(火)、テレゾポリスTeresópolisのグランジャ・コマリーGranja Comaryとなっている。

ブラジルで活動している6人の選手が招集された。

GK ヴィトールVictor (Grêmio),
DF  ミランダMiranda (São Paulo),
MG ヂエゴ・ソウザDiego Souza (Palmeiras)、 サンドロSandro (Internacional)、
FW アドリアーノAdriano (Flamengo)、 ヂエゴ・タルデリDiego Tardelli (Atlético-MG).

今まで、2006年にブラジル代表を指揮を執るようになってから、ドゥンガ代表監督は64人の選手を使ってきた。
けがで今回はリストから外れたロビーニョRobinhoが46試合と、もっともプレイをした。
次いで、
ジルベルト・シウヴァGilberto Silva (43), マイコンMaicon (39) そしてエラーノElano (36)となっている。
正MFフェリッピ・メーロFelipe Meloは前節のチリChile戦でレッドカードを与えられており、今回は招集されていない。

ボリビアBolívia戦とベネズエラVenezuela戦の後に、ブラジルBrasilは、ワールドカップの招集の前に、わずか3試合の親善試合を行うだけである。
最初の試合は、すでに決まっていて、11月14日(土)にカタールQatarで、イングランドInglaterraと対戦となっている。
その後に、11月18日(水)と、そして2010年3月に予定がある。
対戦相手はまだ決まっていない。

2009年に、ブラジル代表は13試合をして、12勝1分けである。
ドゥンガDunga代表監督は11連勝中で、南米予選でペルーPeru, ウルグアイUruguai, パラグアイParaguai,アルゼンチンArgentinaチリChileを、コンフェデレーション杯Copa das ConfederaçõesではエジプトEgito, 米国Estados Unidos (2回), イタリアItália南アフリカ África do Sulを、そして親善試合でエストニアEstôniaを破った。

招集選手は次の通り:

GK:
ジュリオ・セーザルJulio César (Inter de Milão)
ヴィトールVictor (Grêmio)

SB:
マイコンMaicon (Inter de Milão)
ダニエル・アルヴェスDaniel Alves (Barcelona)
アンドレ・サントスAndré Santos (Fenerbahçe)
フィリッピ・ルイスFilipe Luis (La Coruña)

DF:
ルーシオLucio (Inter de Milão)
ルイゾンLuisão (Benfica)
フアンJuan (Roma)
ミランダMiranda (São Paulo)
ナウドNaldo (Werder Bremen)

MF:
ジルベルト・シウヴァGilberto Silva (Panathinaikos)
ジョズエJosué (Wolfsburg)
ルーカスLucas (Liverpool)
カカKaká (Real Madrid)
ラミレスRamires (Benfica)
エラーノElano (Galatasaray)
サンドロSandro (Internacional)
アレックスAlex (Spartak Moscou)
ヂエゴ・ソウザDiego Souza (Palmeiras)

FW:
ニウマールNilmar(Villarreal)
アドリアーノAdriano (Flamengo)
ルイス・ファビアーノLuis Fabiano (Sevilla)
ヂエゴ・タルデリDiego Tardelli (Atlético-MG)

-------------------------------
いつもは、22人の招集なのだが、
今回24人となったとは、
標高4000メートルでのボリビア戦では、
かなり控えの選手を使うためという。

南米予選の最終戦となるベネズエラ戦では、
ベストメンバーが、疲れなく、ベストな状態で試合をすることになるらしい。

予選の後、ワールドカップまでに、わずか3試合しかない。
11月の2試合はもうすぐのことである。

今回の24人に入っていない選手が、今後呼ばれる確率はかなり低い。

もう、ロナウドは難しいだろう。

ロナウヂーニョ・ガウーショはどうだろうか。

ドイツにいるMFゼ・ロベルトは、
2年前にもうブラジル代表に呼ばれなくて良いと言っていたのだが、
今日の報道ではその前言を翻したようだ。

今、欧州で活動しているFWで今年一番得点率が高いのが、ずっと呼ばれていないグラフィッチだそうだ。
呼ばれない理由は何なのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 24 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロの小鳥 その549 拙宅以外で見かける小鳥13。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
フランゴ・ダグア・コムンFrango-d'agua-comun
Sps20090907peth

学名は、Gallinula chloropus, Pallidae。

体長は34センチ。

水鳥のようだが、足に水かきはないようだ。
Sps20090907peti

Sps20090907petj

Sps20090907petk

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第28回サンパウロ・ビエンナル その48 作品34。

10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせてみたい。

-------------------------------
壁にサンパウロ市の地図。
Sps20081026pibzzzzr

その何カ所かから紐が伸びていて、
壁にその示すところが書いてあった。

拙宅付近を中心にしたサンパウロ市の地図。
Sps20081105pibzc

何日か経つうちに、
徐々に紐は増えていって、
壁の文字も増えていった。
Sps20081125pibk

壁の前のオブジェも大きくなっていった。
Sps20081125pibm

Sps20081125pibl

環境問題に対する訴えのようだったが、
今ひとつはっきりしなかったのが事実だ。
Sps20081202piba

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その69 Virgínia Rosa。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分とたまっているので、2008年の分を、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 何とか対応したい。

-------------------------------
またまた、古い話になるのだが、昨年2008年9月11日(木)21時から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にあるシモン・ボリヴァール公会堂で、
行われた、ヴィルジーニア・ローザVirgínia Rosaが、出演したコンサートに行った。
Sps20080911malc

Sps20080911mala

Sps20080911mald

中堅どころの実力のあるサンバ歌手である。
Sps20080911malaa

Sps20080911malbb

彼女のサイト
親切な内容になっているので、適当にクリックしていっただけでも、何となく理解できるはずだ。
Sps20080911malcc

Sps20080911malb

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その3 夏時間は10月18日から。

今年(2009年)の夏時間horário de verãoは、10月18日(日)から、2010年2月21日(日)までである。
時計を1時間進めなくてはならない。

時刻の変更は、次の州で採用される。

リオ・グランヂ・ド・スルRio Grande do Sul, サンタ・カタリーナSanta Catarina, パラナParaná, サンパウロSão Paulo, リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiro, エスピリット・サントEspírito Santo, ミナス・ジェライスMinas Gerais, ゴイアスGoiás, マット・グロッソMato Grosso, マット・グロッソ・ド・スルMato Grosso do Sul, 連邦特別区Distrito Federal。

昨年(2008年)は、夏時間は2008年10月19日(日)から、2月15日(日)までであった。

-------------------------------
夏時間がニュースになる時期になった。

毎年のことだが、1時間のずれでも、しばらくは何となく具合が悪い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その129 第25節終了。

サッカー・ブラジル選手権の第25節が、
9月19日(土)、20日(日)および23日(水)に行われた。

結果は次の通り。


9月19日(土)            第25節第1日目
試合開始            試合結果              競技場              
18h30  Atlético-PR     1 x 0  Sport          Arena da Baixada
18h30  Vitória        2 x 0  Internacional      Barradão
18h30  Náutico        0 x 0  Atlético-MG      Aflitos
※インテルナシオナウはアウェーで敗れて、順位を一つ落とし3位へ。
※アツレチコ・ミネイロは引き分けで、順位を一つ落とし5位へ。

9月20日(日)            第25節第2日目
試合開始            試合結果              競技場
16h    Santo André    1 x 1  São Paulo       Santa Cruz
16h    Grêmio       5 x 1  Fluminense      Olímpico
16h    Avaí         4 x 0  Barueri         Ressacada
18h30   Flamengo      3 x 0  Coritiba        Maracanã
18h30   Corinthians    1 x 4  Goiás          Pacaembu
18h30   Santos       0 x 0  Botafogo        Vila Belmiro
※サント・アンドレは引き分けで、降格圏を脱出できず。
※フルミネンセは破れて、最下位は不動。
 9試合勝ちがない。
※フラメンゴは、アドリアーノの活躍などで、順位を3つ上げた。
※コリンチャンスは、満員の地元パカエンブー競技場ではあり得ない結果。
 順位を3つも下げた。
※サントスは地元で引き分け、順位を3つ下げた。
 

9月23日(水)            第25節第3日目
試合開始            試合結果              競技場
21h50   Cruzeiro       1 x 2  Palmeiras      Mineirão
※パルメイラスはアウェーで逆転勝ち。
 首位独走。

次節の第26節の予定は次の通り。

9月26日(土)            第26節第1日目
試合開始            試合予定              競技場
18h30   Palmeiras     x  Atlético-PR      Parque Antarctica
18h30   Barueri       x  Cruzeiro         Arena Barueri
※パルメイラスは地元パレストラ・イタリアに、アツレチコ・パラナエンセを迎える。
※バルエリはホームにクルゼイロを迎える。

9月27日(日)            第26節第2日目
試合開始            試合予定              競技場
16h    São Paulo      x   Corinthians      Morumbi
16h    Fluminense     x   Avaí           Maracanã
16h    Internacional    x   Flamengo       Beira-Rio
16h    Goiás         x   Grêmio        Serra Dourada
16h    Coritiba       x   Náutico        Couto Pereira
18h30  Atlético-MG    x   Santos         Mineirão
18h30  Botafogo       x   Vitória         Engenhão
18h30  Sport         x   Santo André     Ilha do Retiro
※コリンチャンスはモルンビー競技場で試合。
※サント・アンドレは、アウェーでスポルチと対戦。


(第25節を終了した時点での順位)
Spf20090923a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 23 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その68 ロベルト・メネスカル。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている

サンパウロでは、12月の中旬から約2ヶ月間と、7月は、コンサートが少なくなる。
特に、クラシックのフル・オーケストラによる演奏会はまずない。
12月中旬からは、クリスマス休暇だし、夏休みのシーズンだからだ。

7月は、サンパウロ市ではなくても、高地で寒いカンポス・ドジョルドンという富裕層の別荘都市では、寒さを楽しむこの時期にクラシックコンサートが開催されている。

その他のポピュラー音楽でも、これらの時期はどちらかというとショーが少なくなる傾向がある。

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分とたまっているので、2008年の分を、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 何とか対応したい。

-------------------------------
またまた、古い話になるのだが、昨年2008年6月28日(土)21時から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にあるシモン・ボリヴァール公会堂で、
行われた、あのロベルト・メネスカルRoberto Menescalも出演したコンサートに行った。
Sps20080806mala

Sps20080806malb

Sps20080806malc

コンサートは、ほぼ月例となっているOrquestra Jovem Tom Jobimという楽団員が若いオーケストラのコンサートで、この時は、「リオ・デ・ジャネイロとサンパウロのボサノバ」というテーマであった。
Sps20080628malo

2008年は、「ボサノバ50年」ということで、そう多くはなかったが、それにちなんだコンサートが1年を通していくつか開催された
ボサノバの時代を生きた音楽家たちは、すでに亡くなった人も少なくないが、伝説に生きている人も少なくないが、ロベルト・メネスカルもそういう一人ともいえる。

彼自身は、あの短いボサノバの時代に、何枚かアルバムを出してはいるが、その後はプロデューサーとして活動をしていた。
何十年かの空白の後にまた、自身のアルバムも発表したりしている。

サンパウロの代表として、ルイス・ロベルト・ヂ・オリヴェイラが出てきたが、彼自身もいろいろな人のアルバムには参加しているが、はやりあの時代の後は表に出てくるような活動はしていない。
知名度は高くない。
Sps20080628male

リオ・デ・ジャネイロの代表ということで、ロベルト・メネスカルが出てきた。
Sps20080628malf

Sps20080628mall

Sps20080628malm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第28回サンパウロ・ビエンナル その47 作品33。

10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせてみたい。

-------------------------------
なんだかよくわからなかったが、
印刷機があって、
紙に印刷をしていた。
Sps20081026pibzw

Sps20081030pibza

Sps20081030pibzzzs

印刷されたものは、
机に並べられて、
それを持って行くことができた。
Sps20081030pibzd

内容は、それぞれにテーマがばらばらで、何ともよくわかないことが書いてあった。

壁に貼ってあった紙である。
Sps20081030pibzb

Sps20081030pibzc

あるとき、
その印刷機もなくなり、
誰もいなくなってしまっていた。
Sps20081105pibg

最上層に、移動していた。
Sps20081030pibzzl

そこではもう印刷はしておらず、大きく引き延ばしたものを展示していただけだった。
Sps20081026pibzzzzh

たいていの人が読もうとするものの、すぐにあきらめて立ち去った。
Sps20081026pibzzzzf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その2 雨。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想では、サンパウロSão Paulo市は、9月25日(金)までは曇りで弱い雨が続く。

週末には、太陽が出てきて、気温は上がる。

危機管理センターはさらに、先週からサンパウロ市にかかっている雲は雨を降らし気温を下げ続ける。
9月24日(木)は気温は最高で19℃で、最低は15℃。

25日(金)には、天気は部分的には曇りだが、雨は減る。
気温は徐々に上がりはじめ、23℃に達する。

週末には、太陽が出てきて、気温が上がり、27日(日)には最高気温は27℃に達する。
危機管理センターCGEによると、この暑さのために、午後になってにわか雨が降るかもしれない。

-------------------------------
9月23日(水)のサンパウロ市は、1日中、雨が降ったり止んだり。
特に午前中は、よく降っていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その548 拙宅以外で見かける小鳥12。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
ビグアBigua。

学名は、Phalacrocorax brasilianus, Phalacrocoracidae。
体長は33センチ。

たぶん「鵜」の仲間だと思う。
Spd20070703oibb

水鳥なので、当然のことながら、池や川のあるところにしか生息しない。
時々、全身が水につかるように潜っているので、
えさは魚のようだ。
Spd20070703oibc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 22 de setembro de 2009

サッカー:コリンチャンスのロナウド その46 シンガポール女性との子供の存在。

ロナウドRonaldoは、4歳の少年の父権の可能性には何も語ることはない。

ロナウドは、先週木曜日(17日)、捜査に答えるための召喚状を受け取った。

この火曜日(9月22日)に明らかになったところでは、
訴えは、シンガポールCingapuraに住んでいる27歳のミシェリMicheleという女性によって行われている。

二人は、2002年に日本で知り合い、2004年の8月に再び出会った。

ロナウドの代理人のファビアーノ・ファラーFabiano Farahは、この件についてロナウドは何も発表しないと語った。

「これは、ロナウドの個人的なことで、我々は個人的な生活については話をしない。 これについて発表することは何もない。 話す理由もない」

ロナウドは、この火曜日(9月22日)に33歳になった。

-------------------------------
2002年のワールドカップの時に、日本で知り合ったということになる。

ロナウドの子供は、今のところ2人。
最初の結婚で生まれたロナウド9歳。

そして、今の女性のベアトリス・アントニーとの間に、マリア・ソフィアという女の子。
さらに、ベアとリス・アントニーは現在妊娠中で、12月にもう一人生まれる。

子供が新たに出てくる度に、将来の遺産相続に、大きく影響が出てくるわけで、その利害に関係する人たちは、大いに気になるところだろう。

相手が、おかまであれば、子供はできないのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その128 コリンチャンスの練習再開。

ゴイアスGoiásに4対1で大敗した後、コリンチャンスCorinthiansはこの火曜日(9月22日)に再集合したが、チームの中で多くの選手がいなかった。

その中でもっとも大事なのかロナウドRonaldoで、彼のスポンサーの一つとのCMの撮影があるために、役員によってフリーになった。
ロナウド以外に、他に6人の選手たちが、チエテ環境公園Parque Ecológico do Tietêのトレーニングセンターで行われたマノ・メネゼスMano Menezes監督の指揮するトレーニングに参加しなかった。

FWジョルジ・エンリケJorge Henrique(左の打撲)、FWデンチーニョDentinho(筋肉痛)、DFシッコンChicão(右腿)、DFウィリアンWilliam(右膝)、ボランチのマルセロ・マットスMarcelo Mattos(左足痛)、ボランチのエドゥーEdu(右腿)は、手当のために、パルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeにずっといた。

チエテ環境公園トレーニング・センターで、マノ・メネゼスMano Menezes監督は狭くしたグラウンドで、それぞれ10人の選手での、試合形式の練習を行った。
目新しいところでは、MGデフェデリコDefedericoとFWエドゥノEdnoがいたことだ。
エドゥノは、ソウザSouzaと攻撃を組んだ。
アルゼンチン人のFWデフェデリコは、まだ登録のための書類の到着を待っているところだ。

午後には、選手たちは、おそらくチエテ環境公園トレーニング・センターでのトレーニングに戻ってくる。
パルケ・サン・ジョルジにいた何人かの選手たちが、医師の診断次第だが参加することになる。
ロナウドRonaldoの参加は、確かである。

コリンチャンスCorinthiansは次のフォーメーションでトレーニングを行った。
GKフェリッペFelipe (ダニーロDanilo), DFデニスDenis, DFバルブエーナBalbuena, SBヂエゴDiego、 SBマルシーニョMarcinho; ボランチのエリアスElias, MFジャヂソンJadson、 MFマルセリーニョMarcelinho; FWビルBill、 FWエンリッキHenrique。

別のチームは次の通り、GKジュリオ・セーザルJulio Cesar, SBアレサンドロAlessandro, DFレナットRenato, DFパウロ・アンドレPaulo André、 SBマルセロ・オリヴェイラMarcelo Oliveira; ボランチのモラデイMoradei, MFジュシレイJucilei、 MFデフェデリコDefederico; FWエドゥノEdno、FWソウザSouza。

-------------------------------
コリンチャンスの次の試合は、10月4日(日)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第28回サンパウロ・ビエンナル その46 作品32。

10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせてみたい。

-------------------------------
人々が列を作っていた。
Sps20081026pibzzzzs

古い鍵を持って行くと、ただで、鍵を作ってくれるのだ。

持ち込まれた古い鍵は、「店」の奥の壁にずらりとつり下がっていた。
Sps20081030pibzzzk

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その67 Claudya。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている。

コンサートには、月に何回かは出かけているし、
多いときには週に3回も行ったこともある。

でも、さすがに週に3回は、疲れる。

サッカーの試合観戦もあるし、いろいろとスケジュールの調整も大変だ。

それに、行けば、それなりに費用もかさむ。
無料のコンサートやただ同然なものも多いのだが、駐車料金などその他の費用がかかる。

サンパウロでは、12月の中旬から約2ヶ月間と、7月は、コンサートが少なくなる。
特に、クラシックのフル・オーケストラによる演奏会はまずない。
12月中旬からは、クリスマス休暇だし、夏休みのシーズンだからだ。

7月は、サンパウロ市ではなくても、高地で寒いカンポス・ドジョルドンという富裕層の別荘都市では、寒さを楽しむこの時期にクラシックコンサートが開催されている。

その他のポピュラー音楽でも、これらの時期はどちらかというとショーが少なくなる傾向がある。

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分とたまっているので、2008年の分を、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子を知りたいという、希望者があれば、
 何とか対応したい。

-------------------------------
またまた、古い話になるのだが、昨年2008年6月12日(木)20時30分から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にある鏡の間で、
行われたクラウヂアClaudyaのコンサートに行った。
Sps20080612ce

(プログラムの一部)
※クリックすると拡大する。
Sps20080626o

クラウヂアは、
9歳ですでに、ラジオに出演していたという早熟な才能を持っていて、
1960年代後半から、1970年代にかけて、
かなり活動をしていた歌手である。
Sps20080612ch

発売したアルバムは、25枚以上というが、
なかなかネット上でも、それらを見つけるのは難しいのが残念である。

このコンサートでは、
彼女の娘というのも出演したが、
母親の方がさすがのキャリアを見せつけていた。
Sps20080612cf

Sps20080612cg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「春」2009 その1 9月22日(火)18時18分から「春」。

「春」は9月22日(火)18時18分に始まった。
ブラジルの南東Sudeste部と中西部Centro-Oesteでは雨が平均以上に降り、気温は高くなる。

この季節は、一年で乾燥した季節(冬inverno)から良い暑く湿った季節(夏verão)への移行の期間である。

9月からは、日中はより太陽がでる時間が長くなり、それより前の季節よりは太陽のエネルギーを受けることになる。
それによりこれから3ヶ月は気温が顕著に上昇する。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)の予想によると、気温はこの季節にしては、南東部と中西部では平年以上になる。

ブラジルのそのほかの地域では、気温は平年並みで、南部では25℃、北部と北東部では32℃になる。

国立気象研究所の気象士のモルガナ・アルメイダMorgana Almeidaによると、気温の大きな変動は予想されていない。

冬の間に記録されたように、ブラジルの南部の他に南東部と中西部では平均以上に雨が降る。
北部では、太平洋oceano Pacíficoの海水温度が上昇するエル・ニーニョEl Nino現象により、雨量は平均以下になる。

他の地域では、雨はこの季節の平年並みである。

「春」は12月21日(月)に終わる。

-------------------------------
平年以上に雨が降った2009年の「冬」が終わった。

庭に水まきをする必要が全くなかった。

9月22日(火)は、朝から曇りで、時折雨が降った。

午後からは、強い雨ではないが、ずっと雨が降っていた。

気温も上がらなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その547 拙宅以外で見かける小鳥11。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
ショピンChopin
Sps20081007avb

学名は、Molothrus bonariensis, Emberizidae(Icterinae)。

体長は、16.5センチから21センチ。

良く広がった草地に、群れをなしている。
拙宅では、全く見たことがない。
Sps20081007ava

Sps20081007avd

ほとんど、真っ黒に見えるのだが、
雄と雌では、微妙に色が違うようだ。
Sps20081007avc

雄は、青黒く輝いているが、
雌は、黒く、輝いていない。

卵を、他の種の鳥の巣に産んで、育てせさせることで、有名だそうだ。

春から、夏にかけて、現れるという。

拙宅付近では、シャルレス・ミラー広場でも20羽近い群れを見たことがある。
イビラプエラ公園のPlaça da Pazでも、見たことがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 21 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その73 雨。

サンパウロ市の危機管理センター CGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)の予想では、9月21日(月)のサンパウロSão Paulo市は、ずっと曇りで弱い雨が降り、体感気温は低い。

18時18分に「春」が始まる9月22日(火)は、危機管理センターCGEによると、大サンパウロ都市圏全体が、冬のようである。
天気は曇りで、週を通して雨が降りやすい。

嵐になる予想はないが、雨は続く。

体感気温は低く、気温は明け方には16℃で、午後には23℃になる。

-------------------------------
9月21日(月)のサンパウロ市の朝は曇り。

昼頃から、弱い雨が降ったり止んだりした。

16時前から、本格的に雨が降り始め、何カ所か冠水箇所があったそうだ。

18時頃にはその雨は止んだが、20時頃からまたしばらく降っていた。

気温は下がり、また寒く感じるようになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第28回サンパウロ・ビエンナル その45 作品31。

10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせてみたい。

-------------------------------
1メートルくらいの高さの衝立で囲まれていた、10メートルX15メートルくらい広さのスペース。
Sps20081026pibzzzzb

Sps20081026pibzzzza

Sps20081030pibzzt

そこに種々のオブジェが飾られていた。
Sps20081026pibzzzu

Sps20081026pibzzzw

Sps20081026pibzzzx

それらには、何の統一性もないように思えた。
Sps20081026pibzzzs

Sps20081026pibzzzt

Sps20081026pibzzzv

Sps20081026pibzzzy

Sps20081026pibzzzz

何度見ても、全く意味不明な作品だった。
Sps20081030pibzzzf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その66 Wanderléa。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている。

コンサートには、月に何回かは出かけているし、
多いときには週に3回も行ったこともある。

でも、さすがに週に3回は、疲れる。

サッカーの試合観戦もあるし、いろいろとスケジュールの調整も大変だ。

それに、行けば、それなりに費用もかさむ。
無料のコンサートやただ同然なものも多いのだが、駐車料金などその他の費用がかかる。

サンパウロでは、12月の中旬から約2ヶ月間と、7月は、コンサートが少なくなる。
特に、クラシックのフル・オーケストラによる演奏会はまずない。
12月中旬からは、クリスマス休暇だし、夏休みのシーズンだからだ。

7月は、サンパウロ市ではなくても、高地で寒いカンポス・ドジョルドンという富裕層の別荘都市では、寒さを楽しむこの時期にクラシックコンサートが開催されている。

その他のポピュラー音楽でも、これらの時期はどちらかというとショーが少なくなる傾向がある。

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分と、たまっているので、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子を知りたいという、希望者があれば、
 何とか対応したい。

-------------------------------
またまた、古い話になるのだが、昨年2008年4月17日(木)20時30分から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にあるシモン・ボリヴァール公会堂で、
行われたワンデルレーアWanderléaのコンサートに行った。
Sps20080416malk

ワンデルレーアWanderléaといえば、
ブラジルのポピュラー音楽の流れの中では、
ボサノバがあっという間に崩れ去った後に出てきた、
ジョーヴェン・グアルダJoven Guardaと呼ばれる「一団」の中の一人である。
Sps20080416malj

ジョーヴェン・グアルダと言えば、今年デビュー50周年のコンサートを行っている、
今もブラジル最大の人気歌手のロベルト・カルロスは、
その中心人物であった。

そして、その盟友のエラズモ・カルロスErasmo Carlosと、
このヴァンデルレーアの3人が、
ジョーヴェン・グアルダをもっとも代表する人物である。

ロベルト・カルロスの50周年のコンサートにも、
ゲストとして、
ワンデルレーアとエラズモ・カルロスErasmo Carlosが、ステージに登場した。
※この50周年コンサートの模様は録画済み。

ワンデルレーアWanderléaも、もう60歳を超えているのだが、
年齢を感じさせないスタイルで、登場し、
往年のヒット曲を歌いまくった。

(プログラムの一部)
※クリックすると拡大する。
Sps20080422malc

Sps20080417mald

Sps20080417male

Sps20080417malf

息も上がっていなかったのは、日頃の鍛錬か。
Sps20080417malo

Sps20080417malp

Sps20080417malq

Sps20080417mals

Sps20080417malt

ワンデルレーアは、2009年も、
サンパウロ市の「文化の総ざらい」などで、ステージをこなしていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その546 拙宅以外で見かける小鳥10。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
ショピンChopin。
Sps20090610pibb

学名は、Molothrus bonariensis, Emberizidae(Icterinae)。

体長は、16.5センチから21センチ。

良く広がった草地に、群れをなしている。
拙宅では、全く見たことがない。
Sps20090610pibc

ほとんど、真っ黒に見えるのだが、
雄と雌では、微妙に色が違うようだ。

雄は、青黒く輝いているが、
雌は、黒く、輝いていない。

卵を、他の種の鳥の巣に産んで、育てせさせることで、有名だそうだ。

春から、夏にかけて、現れるという。

拙宅付近では、シャルレス・ミラー広場でも20羽近い群れを見たことがある。
イビラプエラ公園のPlaça da Pazでも、見たことがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その72 曇り。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想では、寒冷前線が通り過ぎた後、サンパウロSão Paulo市はこれから何日か、曇りが続き、弱い雨が降る可能性がある。

危機管理センターによると、寒冷前線は通り過ぎるが、大西洋からの風が雲をもたらす。
月曜日(9月21日)の気温は安定していて、温度計は最高20℃で、最低は17℃を示す。

さらに危機管理センターCGEによると、軽い雨が降るのは週末まで続くが、気温は少し上がってくる、
火曜日は最高気温は23℃で、最低気温は15℃。

-------------------------------
9月20日(日)のサンパウロ市は、
朝10時過ぎまでは、日も差すような状態であった。

しかし、その後は、また雲が厚く覆った。

13時過ぎに、細かい雨滴を感じた、

15時過ぎには、小雨が一瞬降った。

しかし、その後は雨は降らなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 20 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その65 Flavio Venturini。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げなくなったのは、行っていないからではない。
その後も、それなりに行っている。

月に何回かは出かけているし、
多いときには週に3回も行ったこともある。

さすがに週に3回は、疲れる。

サッカーの試合観戦もあるし、いろいろとスケジュールの調整も大変だ。

それに、行けば、それなりに費用もかさむ。
無料のコンサートやただ同然なものも多いのだが、駐車料金などその他の費用がかかる。

サンパウロでは、12月の中旬から約2ヶ月間と、7月は、コンサートが少なくなる。
特に、クラシックのフル・オーケストラによる演奏会はまずない。
12月中旬からは、クリスマス休暇だし、夏休みのシーズンだからだ。

7月は、サンパウロ市ではなくても、高地で寒いカンポス・ドジョルドンという富裕層の別荘都市では、寒さを楽しむこの時期にクラシックコンサートが開催されている。

その他のポピュラー音楽でも、これらの時期はどちらかというとショーが少なくなる傾向がある。

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分と、たまっているので、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、スペースの問題で、省略する。

-------------------------------
古い話になるのだが、昨年2008年9月4日(木)20時30分から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にあるシモン・ボリヴァール公会堂で、
行われたフラヴィオ・ヴェンツリーニFlavio Venturiniのコンサートに行った。
Sps20080903malc

Sps20080904mald

プログラムの一部。
※クリックすると拡大する。
Sps20080904malc

あまり凝ったことをしないこの会場にしては、
照明と、そしてドライアイスにはこだわっていた。
Sps20080904malaa

Sps20080904malbb

Sps20080904malcc

Sps20080904maldd

Sps20080904male

ブラジルのポピュラー音楽のショーではいつものことなのだが、
終盤になると、ファンが一斉に席を立ち、ステージに向かって進み、
かぶりつきになる。
Sps20080904malf

かつて、少女だった人たちの嬌声でいっぱいになった。
Sps20080904malg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その127 第25節コリンチャンス対ゴイアス戦。

サッカー・ブラジル選手権の第25節の試合として、
9月20日(日)18時30分から、
サンパウロ市でもっとも伝統があるパカエンブー競技場で、
コリンチャンス対ゴイアス戦が行われる。

パカエンブー競技場で行われるコリンチャンスの試合は、9月2日(水)のサントス戦から18日ぶりで、
さらに、
7月26日(日)のパルメイラス戦で左手の骨折をして治療をしていたロナウドが、
ついに試合に復帰することもあって、
入場券の販売状況はきわめて順調のようであった。

サンパウロ市は、週末は雨との予想があるが、
曇りではあるがなかなか雨が降らない。

13時頃に、雨がちらついたがそれもすぐに止んだ。

15時頃には、はっきりとした雨が降ったが10分もせずに止んだ。

競技場の周りには、14時頃にはもう観客を目当てにした種々の生業を行う人間がたむろしていた。

花火もその頃から、時々上がっている。

パカエンブー競技場の南側ゴール裏のトボガン席に入る観客は15時にはもう100メートル近い列を作って開門を待っている。

16時では、競技場の周辺道路はまだ渋滞は発生していない。

いつもよりかなり早いことになるが、17時には家を出ようかと思っている。

-------------------------------
試合は、コリンチャンスが敗れた
それも、1対4という大差

(コリンチャンスの先発と控え)
Sps20090920ta
Sps20090920tb
(ゴイアスの先発と控え)
Sps20090920tc
Sps20090920td

約33千人の観客は、何も語らずに、競技場を後にした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第28回サンパウロ・ビエンナル その45。

10月26日(日)から12月6日(土)まで、
イビラプエラ公園のビエンナル館で開催であった、
第28回サンパウロ・ビエンナル」。
すでに撤収し跡形もない

とんでもなく規模が縮小されたわけで、見るべきところも作品も当然少なくなった。

最上層の階の作品を紹介をしていたが、
わざわざ紹介するような作品もないのでやめることにした

と書いたのだが、昨年12月のことだがビエンナルの研究者よりの要望もあったことで、気が変わったので、引き続きゆっくりと残りの作品を紹介する。

と書いたのだが、その1回だけで中断してしまい、
またまた全然進んでおらず、
もうすぐ開催から1年になるので、
何とか根性を入れて、一気に終わらせてみたい。

空っぽだった会場の第2層では、
ときおり、「アート」とは関係ないイベントが行われていた。

これは、体操を行っている熟年のグループだった。
Sps20081026pibzzc

Sps20081026pibzzc_2

こういうイベントを行っていること自体が、末期的である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その71 曇りで、雨は降らず。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)の予想によると、寒冷前線が到達したことで、サンパウロSão Pauloは曇りで、にわか雨の可能性がある。

この土曜日(9月19日)は、サンパウロ州の北部をのぞいて、終日雲に覆われて、夜になって雨が降る。

サンパウロSão Paulo市は局地的に突風を伴った雨がある。
気温は下がり、19℃から25℃の間。

-------------------------------
9月19日(土)のサンパウロ市は曇り。

午前中は曇ってはいたが、雲はそれほど厚くはなかった。
昼頃には、風が強かった。

15時頃から、雲が厚くなってきて、空は暗くなってきたが、
結局、予想は外れて、雨は全く降らなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの、「洗濯好き」な女性。

ブラジル・サンパウロでは、雨が降っているわけでもないときに、道路の側溝に、水道水のようにきれいな水が大量に流れ続けているところがある。

水道管が破裂していると思われることが多く、そのうちに修理されて、そういった垂れ流し状態は解消される。

サンパウロ市の歴史的中心部セントロの北側に位置するジョアン・テオドロ通りでは、もう1年近く水が流れっぱなしになっているところがある。

地下鉄工事の関係もあるようだ。

そこを通るときに、頻繁に見かける女性がいる。

それも、たいていその水を使って洗濯をしている。
Sps20090107cc

おそらく、路上生活者なのだろうが、大量の水をジャブジャブ使って,、盛大にやっている。
Sps20090305cb

Sps20090305cc

このあたりでは、彼女だけだ。
話しをしたことは、まだ無いが、きれい好きなのだろう。
Sps20090903ck

Sps20090903cl

資源の無駄遣いはしないというところだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 19 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロの小鳥 その545 拙宅以外で見かける小鳥9。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
フランゴ・ダグア・コムンFrango-d'agua-comun。
Sps20090804cp

学名は、Gallinula chloropus, Pallidae。

体長は34センチ。

水鳥のようだが、足に水かきはないようだ。
Sps20090804co

春・夏に、イビラプエラ公園の池で見られるとあるが、
冬でもいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その70 雨。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想では、この週末は寒冷前線がサンパウロSão Paulo市に到達しにわか雨が降り、突風を伴った嵐もある。
気温はまた下がる。

危機管理センターによると、寒冷前線は土曜日(9月19日)の午後にサンパウロ市に到達する。
午前中は、雲は少なく太陽がでている。
夕方になると強い雨が市内全域に降る。
気温は、29℃から17℃の間。

20日(日)、天気は曇りで、一日雨が降りがちである。
気温は低いまま。

月曜日(21日)は、曇りで気温も低いと予想されている。
気温は23℃から17℃の間。

-------------------------------
すでに、金曜日(18日)のうちに、空は雲に覆われて、
気温は下がり始めた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 18 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その69 激しい変動。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、寒冷前線の到達で天気は曇りになり、サンパウロ州の大部分でにわか雨が降る可能性がある。

土曜日(9月19日)は、天気は曇りで、サンパウロ州の北部をのぞいて、夕方になって雨が降る。
サンパウロSão Paulo市では、局地的にトップを伴った雨があり、気温は下がり19℃から25℃の間になる。

日曜日もまた雨が降る、特にサンパウロ州の中部、東部、北部。
サンパウロ市はkyくちてきに雨が降り、気温は低い。
温度計は14℃から21℃の間。

-------------------------------
9月17日(木)は一日曇りで、気温は最高気温が22.7℃と低かった。

18日(金)は、午前中は曇っていたが、午後になって晴れて急上昇した。

しかし、17時頃から急に曇りだし、風が強まり、あっという間に厚い雲に覆われた。
気温は1時間で5℃さがった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その126 第25節コリンチャンス対ゴイアス戦のチケットが22千枚販売済み。

パカエンブーPacaembu競技場で9月20日(日)18時30分から行われるコリンチャンスCorinthiansとゴイアスGoiásの試合の入場券の販売は、この木曜日(17日)も続いた。
またもや動きが多かった。
全部で22千枚販売された。

-------------------------------
9月17日(木)15時過ぎに、
パカエンブー競技場にある入場券売り場をのぞいてみたが、
確かに、最近にしては長い列ができていた。

パカエンブー競技場での、コリンチャンスの試合は、日程の関係で、9月2日(水)のサントス戦以来で久しぶりになる。

左手を骨折していたロナウドが、ついに復帰するかもしれないという観測がある。

この試合の入場券は、
すでに、インターネット経由で手に入れている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 17 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロの小鳥 その544 拙宅以外で見かける小鳥8。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの中のセントロであるアニャンガバウーの谷。

平日の午後に、セントロの東西を結ぶ陸橋のシャ陸橋を東から西に向かって歩いていたときのことだが、
そのあたりの木から、オウム特有の鳴き声が聞こえてきた。

以前は、聞き流していただろうが、
今はちょっと鳥の啼き声には敏感になっているで、
ついつい立ち止まって、啼き声のした方を見た。

すぐに、
その啼き声の主を見つけることができた。
Sps20090605avf

拙宅にやってくるインコとは比較にならないくらい大きな鳥だった。
Sps20090605avg

とても小鳥などとは言えないくらいの大きさのオウムが3羽ほど木に止まっていた。
Sps20090605avh

マラカナン・ノブリというオウムだ。

学名はDiopsittaca nobilis, Psittacidae。

絶滅危惧種だそうだ。

体長は35センチ。

市立劇場の東側のラモス・ヂ・アゼヴェード広場の植木の一つにいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その125 第24節終了。

サッカー・ブラジル選手権の第24節が、
9月12日(土)、13日(日)および16日(水)に行われた。

結果は次の通り。


9月12日(土)         第24節第1日目
試合開始          試合結果                  競技場
18h30  São Paulo     2 x 0  Avaí             Morumbi
18h30  Flamengo      3 x 0  Sport             Maracanã
フラメンゴは、アドリアーノが2ゴールの活躍で勝利

9月13日(日)         第24節第2日目
試合開始          試合結果                  競技場
16h    Santos       1 x 0   Santo André     Vila Belmiro
16h    Internacional   2 x 3    Cruzeiro       Beira-Rio
16h    Vitória       3 x 2    Palmeiras      Barradão
16h    Atlético-MG   2 x 1   Atlético-PR     Mineirão
18h30   Barueri      3 x 1    Goiás         Arena Barueri
18h30   Náutico      0 x 2    Grêmio       Aflitos
18h30   Botafogo     0 x 0    Fluminense     Engenhão
サントスは地元で勝利
 サント・アンドレは降格圏のまま。
インテルナシオナウは地元で敗戦
パルメイラスはアウェーで敗戦も、まだ首位。
バルエリは地元で勝利
ナウチコは地元で敗戦
ボタフォゴ対フルミネンセというリオ・デ・ジャネイロの”クラシコ”は
 得点なしの引き分けに終わる。

9月16日(水)         第24節第3日目
試合開始          試合結果                  競技場
21h50   Coritiba      1 x 1    Corinthians      Couto Pereira
※2週間ぶりに試合のコリンチャンスはアウェーで引き分け
Sps20090916tg
(コリチーバの先発と控え)
Sps20090916ta
Sps20090916tc
Sps20090916td
(コリンチャンスの先発と控え)
Sps20090916tb
Sps20090916te
Sps20090916tf

次節の第25節の予定は次の通り。

9月19日(土)         第25節第1日目
試合開始          試合予定                  競技場
18h30   Atlético-PR    x   Sport           Arena da Baixada
18h30   Vitória       x   Internacional      Barradão
18h30   Náutico       x   Atlético-MG       Aflitos

9月20日(日)         第25節第2日目
試合開始          試合予定                  競技場
16h    Santo André    x   São Paulo        Santa Cruz
16h    Grêmio       x   Fluminense       Olímpico
16h    Avaí         x   Barueri          Ressacada
18h30   Flamengo      x   Coritiba         Maracanã
18h30   Corinthians    x   Goiás           Pacaembu
18h30   Santos       x   Botafogo         Vila Belmiro
※サント・アンドレは地元での試合。
※バルエリはアウェーで、アヴァイと対戦。
※コリンチャンスは、地元パカエンブー競技場にゴイアスを迎える。
 ロナウド出場の可能性がある。

9月23日(水)         第25節第3日目
試合開始          試合予定                  競技場
21h50   Cruzeiro      x   Palmeiras        Mineirão
※パルメイラスはアウェーで、クルゼイロと対戦。


(第25節を終了した時点での順位)
Spf20090916a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 16 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロの小鳥 その543 拙宅以外で見かける小鳥7。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの中のセントロであるアニャンガバウーの谷。

平日の午後に、セントロの東西を結ぶ陸橋のシャ陸橋を東から西に向かって歩いていたときのことだが、
そのあたりの木から、オウム特有の鳴き声が聞こえてきた。

以前は、聞き流していただろうが、
今はちょっと鳥の啼き声には敏感になっているで、
ついつい立ち止まって、啼き声のした方を見た。

すぐに、
その啼き声の主を見つけることができた。
Sps20090605avc

拙宅にやってくるインコとは比較にならないくらい大きな鳥だった。
Sps20090605avd

とても小鳥などとは言えないくらいの大きさのオウムが3羽ほど木に止まっていた。
Sps20090605ave

マラカナン・ノブリというオウムだ。

学名はDiopsittaca nobilis, Psittacidae。

体長は35センチ。

絶滅危惧種だそうだ。

市立劇場の東側のラモス・ヂ・アゼヴェード広場の植木の一つにいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その68 天気は持ち直してきた。

サンパウロSão Paulo市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想では、9月16日(水)からはサンパウロ市に日が出てきて、特に午後からは気温が上がる。

危機管理センターによると、明け方はまだ冷えて、温度計は13℃を示すが、太陽が日中に気温を上げて26℃にまでなるだろう。

しかし、18日(金)には、寒冷前線の接近で雲が増えて、午後になると局地的に雨が降るが、温度が引き続き高いままである。
最高気温は29℃で、最低気温は13℃。

寒冷前線は、一日を通じてにわか雨が予想されている20日(日)から温度を下げる。

危機管理センターによると、最高気温は23℃で、最低気温は15℃。

-------------------------------
9月15日(金)のサンパウロ市は、一日曇りで、午前中から14時頃までは、雲が厚く、気温は低かった。

その後、雲が薄れて、気温が上がった。

夜になっても、星空が見えるようなことはなく、曇りのままだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 15 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その62 ボリビア戦とベネズエラ戦の代表選手の発表は24日。

ブラジル代表監督ドゥンガDungaは、9月24日(木)に、2010年ワールドカップCopa do Mundoの南米予選の最終節のボリビアBolívia戦とベネズエラVenezuela戦のためのブラジル代表seleção brasileira招集選手を発表する。

すでにワールドカップへの出場を決めているブラジル代表は、10月11日にボリビアでボリビアと対戦する。
その3日後、カンポ・グランヂCampo Grandeでベネズエラと対戦する。

ブラジル代表は、16節を終えた時点で、勝ち点33点で、トップ。
次いで、これも予選を突破しているパラグアイParaguaiが30点。
チリChileが27点。
エクアドルEquadorが23点。
アルゼンチンArgentinaが22点。

上位4位までが、そのまま本大会出場権を得る。
しかし、5位は、中米カリブ予選グループConcacafの4位と決定戦を行うことになる。

-------------------------------
ブラジルにとっての目標は、1位で通過することくらい。

ドゥンガ代表監督は、すべての試合で勝つだけという目標を明らかにしている。

選手にとっては、開催まで1年もなくなったことで、
とにかく正選手のポジションを確実にすることにあるので、
確実ではない選手たちは、手を抜くことはないだろう。

疲労骨折のFWロビーニョは、おそらく呼ばれないだろう。
今の時点では、
ロビーニョよりニウマールの方がよいなどという評価もでているが、どうだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その68 雨。

国利地気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)の自動観測ステーションの記録によると、サンパウロSão Paulo市に寒冷前線が到達したことで24時間に気温は10℃以上も下がった。

データによると、サンパウロSão Paulo市北部のサンタナ観測所Mirante de Santanaで、13時過ぎに温度計は16.9℃を示した。
13日(日曜日)の同じ時刻に温度計は27.7℃を記録した。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想では、この月曜日(9月14日)にサンパウロ市に降り始めた弱い雨は、明日からは弱くなり、雲の間に太陽がでて、気温は上がる。

危機管理センターによると、天気は、金曜日(18日)までは、太陽がでて、雨の可能性は少ない。

-------------------------------
9月14日(月)のサンパウロ市は、昨夜からの雨が続いていた。
その雨は、明け方は小休止していたようだったが、
8時15分頃からまた降り始めた。

そのまま、一時的に強く降ったりしながら、昼過ぎまで降り続いていた。

14時前に、雨は止んだが、曇りのままで、気温はあまり上がらなかった。

17時前にも、一時的に雨が軽く降った。

気温は、夜になって、また下がり始めたようで、少し寒い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 14 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル選手権2009 その124 第23節 コリンチャンス対サントス戦 観戦4。

9月2日(水)21時50分から、
サンパウロ市のパカエンブー競技場でおこなわれた、
ブラジル選手権の第23節コリンチャンス対サントス戦を観戦に行った。

続きである。
その1
その2
その3

後半は、サントスのキックオフで始まった。
Sps20090902fzzp

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが、コリンチャンスの99周年の祝う応援幕を広げた。
Sps20090902fzzq

マノ・メネゼス監督が退場になった。
Sps20090902fzzr

この試合の有料入場者数は25,645人。
Sps20090902fzzs

退場になったマノ・メネゼス監督は観客席に陣取って、
携帯電話で、選手の交代などの指示を出した。
Sps20090902fzzt

後半24分に、
20番のFWビルが、
ソウザに代わって入った。
Sps20090902fzzu

同じく24分に、
ボランチのモラデイに代わり、
マルセロ・オリヴェイラが入った。
Sps20090902fzzv

FWビル。
後ろでマークしているのはDFファボン。
Sps20090902fzzw

後半34分に、
FWビルがゴールを決めて、同点。
Sps20090902fzzx

後半37分に、
FWデンチーニョに代わり、
FWエンリッキが入った。
Sps20090902fzzy

FWエンリッキ。
マークで付きまとっているのは、DFファボン。
Sps20090902fzzz

後半43分に、DFシッコンがゴールを決めた。
すぐに、ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんのところに挨拶に行った。
Sps20090902fzzza

試合は、2対1でコリンチャンスが逆転勝利。
Sps20090902fzzzb

試合後のグラウンド。
左はFWジョルジ・エンリキ。
30番はボキータ。
Sps20090902fzzzc

コリンチャンス大好きおばあさん第1号は、
マントを広げて、上機嫌で観客席を後にしていた。
Sps20090902fzzzd

アウェー席のサントスのファンは、
警察に囲まれて、
しばらく留め置かれていた。
Sps20090902fzzze

終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その67 晴れ時々曇り、のち雨。

予想では、寒冷前線が進んでくることで、9月13日(日)はサンパウロSão Paulo州の一部に雨が戻ってくる。
国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、強い雨の可能性があるのは、パラナ州に近いところだけである。

サンパウロ市では、天気は部分的に曇りで、局地的な雨が降る。
気温は26℃から16℃。

-------------------------------
9月13日(日)のサンパウロ市は、
朝から晴れていた。

午後になると、どんどんと雲が増えてきた。

しかし、雨が降ったのは22時過ぎであった。
強い雨が30分ほど降ったが、やがて止んだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 13 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル選手権2009 その123 第23節 コリンチャンス対サントス戦 観戦3。

9月2日(水)21時50分から、
サンパウロ市のパカエンブー競技場でおこなわれた、
ブラジル選手権の第23節コリンチャンス対サントス戦を観戦に行った。

続きである。
その1
その2


試合は、コリンチャンスのキックオフで始まった。
Sps20090902fzw

サントスのDFファボン。
鹿島アントラーズにいたこともある。
Sps20090902fzx

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが大応援幕を広げた。
ちょっと小さいのは、パヴィリオンという別ファン組織の皆さんのもの。
Sps20090902fzy

新入団のパラグアイ人のDFバルブエーナ。
初出場だったが、うまくやっていた。
Sps20090902fzz

FWデンチーニョ。
この試合は、コリンチャンスの99周年を祝った99番。
Sps20090902fzza

ボランチのモラデイ。
Sps20090902fzzb

FWジョルジ・エンリキ。
Sps20090902fzzc

サントスの監督のヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ。
Sps20090902fzzd

ボランチのボキータ。
今のブラジル代表U-20の一人。
Sps20090902fzze

FWデンチーニョ。
Sps20090902fzzf

サントスのFWクレーベル・ペヘイラ。
2008年のブラジル選手権の得点王であった。
Sps20090902fzzg

サントスのMFマヂソン。
身長は公称160センチ。
Sps20090902fzzh

この日のパカエンブー競技場。
※クリックすると拡大する。
Sps20090902fzzi

前半終了後、
マスコミがFWソウザに集まった。
あまりにチャンスを逃したせいだ。
Sps20090902fzzj

マノ・メネゼス監督が振り返ってみているのは、
サントスに最近入団したボランチのエーメルソン。
元ブラジル代表で、13年ぶりにブラジルに戻ってきた。
Sps20090902fzzk

入団したばかりの
アルゼンチン人のFWデフェデリコと、
再入団がほぼ確実だったボランチのマルセロ・マットスが、
ファンに披露された。
Sps20090902fzzl

右のマルセロ・マットスは、
2005年から2007年にかけて、コリンチャンスに所属していた。
18歳だった2002年には、FC東京とトリニータ大分にもいた。
Sps20090902fzzm

ファン組織が、
抗議ではなく、
99周年を祝っていたようだった。
Sps20090902fzzn

前半の判定を巡って、
コリンチャンスの選手たちと
サントスの監督ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴが、
審判を囲んだ。
Sps20090902fzzo

続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その66 快晴。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、週末のサンパウロSão Paulo州の天気は不安定。
9月12日(土)は雲間に太陽がでるが、日曜日(13日)は雨と予想されている。

今週、嵐がサンパウロ州を襲い、8人が亡くなった。
予想では、しかし雨が土曜日の夜から日曜日にかけて降る。

土曜日は気温が上昇し、サンパウロ市では28℃になる。

しかし、日曜日は寒冷前線が到来し、弱いにわか雨が降り、気温が午後に低下する。
それで、サンパウロ市では16℃にまで下がる。

-------------------------------
9月12日(土)のサンパウロ市は、
朝から晴れ渡っていた。

午後になっても、快晴。

気温も上がり、湿度は下がった。

夜になっても、まだ気温はあまり下がらず、21時頃でも22℃ほどあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 12 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロの「サンパウロ州伝統文化フェスティバル2009」 その1

待ちに待ったイベントが、今年もまた始まった。
サンパウロ市で行われるいろいろなイベントの中で、もっとも興味を持っているのが、
9月11日(金)から20日(日)まで、
サンパウロ市西部のアグア・ブランカ公園(通称)で始まった。

サンパウロ州伝統文化フェスティバル200913" edição do Revelando São Paulo- Festival da Cultura Paulista Tradicional」である。

Sps20090913arevelandopaulistadia

サンパウロに3-4年という短期でしか滞在しなくて、サンパウロに文化などないという先入観を持っている人には、つまらないイベントかもしれないが、多分言葉とそしてカトリックやイベリア半島系の文化に興味がある人にはおもしろいところもあるのではないかと思う。

この何年か、期間中は毎日通い込んでいる。

今年もそうするつもりである。

来場者には、日本人どころか日系人もほとんどいない。
「焼きそば」も「テンプラと称する食べ物」も全くないところがよい。

ステージで行われる次々と行われる出し物にも、日系的なものは全くなかったのだが、今年は「琉球太鼓と称するもの」の一団が参加している。
レジストロRegistroのグループだそうだ。

サンパウロ州の伝統文化ということで、
大体18世紀後半の欧州移民の到来前までの時期にルーツを持つものが多いようで、
つまりポルトガルなどのイベリア的なものと、そしてそれに奴隷としての黒人が持ち込んだ西アフリカ的なものが絡んだような文化が主なのだ。

最も年々立派になっていく中で、それらも変容しているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その65 晴れた。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想では、強い雨が降った後、9月11日(金)は、雲の間に太陽がでるが、雨が降りやすい。

危機管理センターは、さらに、朝は曇りだが、朝のうちに太陽が出てくるとしている。
雨が降るのは夜の間だけだ。
気温は安定していて、最高気温は26℃で、最低気温は16℃。

-------------------------------
9月11日(金)のサンパウロ市は、
朝は、曇っていた。

昼でも、雲が多かった。

しかし、15時過ぎには快晴になって、気温も上がった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 11 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル代表 2014年W杯 その2 サンパウロ市での開催が危うい。

FIFAの事務局長のジェロミ・ヴァルケJerome Valckeが、9月8日(火)に、2014年ワールドカップCopa do Mundoの試合を行う希望を持っているいくつかの都市のために、ブラジルBrasilはもっとやるべき必要があると語った。
Sps20090906tb

「最近訪問したときに、たとえば、サンパウロSão Pauloではスペースに大きな問題があると指摘した。 FIFAのワールドカップをやる競技場にしては全く不適切だ」と、2010年ワールドカップの準備のために訪問している南アフリカÁfrica do Sulでジェロミ・ヴァルケは語った。
Sps20090906tc

ジェロミ・ヴァルケは、以前にも批判をしていて、サンパウロで予定されている競技場は、ワールドカップの初戦を行う条件を満たしてはいないと明言していた。

ジェロミ・ヴァルケは、連邦政府と州政府にサンパウロSão Pauloに新たな競技場を建設するように要求する。

モルンビー競技場の持ち主のSPFCはその公式サイトで、2014年のワールドカップのためにモルンビーMorumbi競技場を改装するという計画を発表したといっている。

-------------------------------
ジェロミ・ヴァルケの言うことは、もっとも。


モルンビー競技場は、サンパウロ市においては、最大の収容人数の6万人余が入る。
Sps20090906td

歴史的中心部のセントロからは10キロ離れているが、
今のところ、バス以外は公共交通機関はない。
1.7キロほど離れたところに地下鉄の新路線が建設中で、駅もできる予定になっていて、これは2014年以前にできるはずだ。

一見新しそうに見えるが、もう40年以上経っている。
観客がばたばたすると、観客席は揺れる。

モルンビー競技場の周囲は、1960年代頃から市街地化して、モルンビー競技場より中心部よりは、一戸建て住宅専用街で、一般的には、高級住宅街と見なされる。
しかし、競技場周辺は、それほどでもない。
Sps20090906te

競技場のすぐ裏からは、ファヴェーラと呼ばれる貧民街が何カ所も点在しており、非常に危険である。
特に、夜は、車でも頻繁におそわれる。

個人的には、モルンビー地区以南には近づきたくない。

ここに限らずだが、
ブラジルのサッカー場で、ごく最近に建設されたものは別にして、
ほとんどの競技場は、ワールドカップのような試合には適していない。
今回批判されたのは、サンパウロ市だけではない。

FIFAは、特に周辺に、十分なスペースを求めている。
駐車場も必要だが、
モルンビー競技場には、クラブの会員向けの駐車場以外には、観客用の駐車場は全くない。

世界中からやってくるTVの中継車のスペースやプレスセンターのスペース。
オフィシャル・スポンサーがそのVIPを接待するスペース。

モルンビー競技場周辺には、これらを設置するスペースはないだろう。

それに、競技場に向かう道路は決して広いとはいえず、
いつも観客がそれほど入ってはいないにもかかわらず(平均で収容人数の20%台)、試合の前後は大渋滞する。
ブラジル代表の南米予選の試合の時は、市内中心分の拙宅から、抜け道をそれなりに知っているのだが、車で2時間近くかかった

ブラジルがかつてワールドカップを開催したときには、
サンパウロでは、
パカエンブー競技場を使った。

しかし、パカエンブー競技場は、歴史的建造物に指定されており、改築は全くできないし、周辺にはやはりFIFAの要求をすべて満たすようなスペースはない。

とすると、新たな競技場を建設するしかないのかもしれないが、
そうなると、中心部から20キロくらい離れないと、十分はスペースのある土地はないだろう。
ワールドカップの後に、その競技場を誰が使うのか。

-------------------------------
サンパウロ市に短期しかすんでいない人は、
モルンビー競技場でのサッカー観戦の方が、
パカエンブー競技場での観戦よりも、
安全などという完全に間違った情報を与えられるようだ。

とんでもないことである。

むしろ、一番危ない。

それは、周辺環境の問題である。

市内中心部のパカエンブー競技場は、周辺は市内屈指の超高級一戸建て住宅街と同じく最高級アパート街である。
地下鉄の駅もそう遠くない。
試合の日は、周辺を警察が十分に警戒している。

市内西部のパレストラ・イタリア競技場も、
パカエンブー競技場からはそれほど遠くないし、周辺の環境も悪くない。
ペルヂーゼス地区とポンペイア地区も、高級住宅地区である。
こちらは、周辺に、民間の駐車場も多い。

なによりも、
この二つの競技場の周辺には、ファヴェーラ(=貧民窟)無いどころか、何キロも離れている。
ファヴェーラが、高級住宅街と入り組んでいるモルンビー地区とは大きな違いである。

競技場の中や周辺で、事件が起きるのは、一年に一回起きるか起きないかだし、そんなことがある試合は大体前からわかっているし、そのところに近づかなければよいわけである。
いずれ収まるものだ。

モルンビー競技場のように観客席が楕円形にグラウンドを囲んでいて、試合が行われているグラウンドからかなり遠いところから観戦をすることになるよりも、より観客席が近い競技場の方が、より試合を楽しめるはずだ。

といっても、
パカエンブー競技場に、大勢の日本人が現れるようになるのも、どうだかと思ってもいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その64 雨は止んだ。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想では、今週初めからサンパウロSão Paulo州に降った雨は、木曜日(9月10日)には力を失うが、終日弱い雨が降る。

危機管理センターによると、気温は安定していて、最高気温は23℃で、最低気温は17℃。
金曜日には、雲が減って、サンパウロSão Paulo市には太陽が戻ってくる。
気温は上昇して、最高気温は25℃に達する。

土曜日(9月12日)は、天気は安定していて、雨は降らない。
温度計は最高気温は28℃、最低気温は16℃を示す。
しかし、13日(日)には寒冷前線が接近し、にわか雨を降らせることになる。

-------------------------------
国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、サンパウロSão Paulo市は、9月10日までで、9月に降ると予想された2倍の雨が降った。

国立気象研究所Inmetの気象士のネイヂ・オリヴェイラNeide Oliveiraによると、10時40分までに、サンパウロSão Paulo市の北部のサンタナMirante de Santanaにある国立気象研究所の観測所では151.5ミリの雨を記録した。
9月の予想雨量は74ミリだった。

このところ記録した強い雨は、ブラジル南部から寒冷前線が来たことによる。
9月8日(火)に、1943年に国立気象研究所Inmetが観測を開始して以来の、9月の一日では最高の雨量の78.1ミリを記録した。

-------------------------------
9月10日(木)のサンパウロは、一日曇り。

太陽はまだ戻ってこなくて、気温はそれほど上がらなかった。

夜はちょっと風邪が出て、寒く感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 10 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル選手権2009 その122 第23節 コリンチャンス対サントス戦 観戦2。

9月2日(水)21時50分から、
サンパウロ市のパカエンブー競技場でおこなわれた、
ブラジル選手権の第23節コリンチャンス対サントス戦を観戦に行った。

続きである

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが、この試合でも何かやろうとして、準備を進めていた。
Sps20090902fv

創立以来のコリンチャンスのエンブレムの変遷を描いた幟が上がっている。
Sps20090902fw

観客席の上の通路の屋根の上にも風船が、いっぱい置かれていた。
Sps20090902fx

風船の固まりは6個あった。
Sps20090902fy

飛行船が飛び回り始めた。
Sps20090902fz

「99年、100周年開始」と書かれていて、
リモコンで動いていた。
Sps20090902fza

客室に当たる部分にエンジンがあるようで、排気ガスがかすかに見えた。
Sps20090902fzb

誰だか知らないが、有名人らしい。
おそらく、コリンチャンスの元選手だろう。
Sps20090902fzc

100周年の行事の一つとして行われる「コリンチャンスの航海」の告知。
Sps20090902fzd

トボガン席に、ユニフォーム型の幕が広がった。
Sps20090902fze

どういうわけか、
向正面席の下部の通路に設置された仮設トイレの一部だけに、囲いが設けられていた。
Sps20090902fzf

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが、風船を手にしていた。
Sps20090902fzg

電光掲示板に、コリンチャンスのこれまでの名選手たちを紹介する映像が流れた。
最後は、ロナウドだった。
Sps20090902fzh

Sps20090902fzi

コリンチャンスの先発選手たちが入ってきた。
Sps20090902fzj

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが風船を上げ始めた。
Sps20090902fzk

コリンチャンスの控えの選手たち。
Sps20090902fzl

コリンチャンスの先発選手たちが、グラウンドの中央で観客に挨拶。
※クリックすると拡大する。
Sps20090902fzm

しばし風船に見とれてしまった。
最上段には”99ANOS(=99年)”と、人文字。
Sps20090902fzn

風船はゆらゆらと漂っていた。
Sps20090902fzo

サントスの選手たちが入ってきて、アウェー席に挨拶。
Sps20090902fzp

サントスのヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督。
Sps20090902fzq

ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督が、
マノ・メネゼス監督に近づいて、話をしていた。
仲は悪くないようだ。
Sps20090902fzr

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんの人文字、
頑張っているのだが、この程度だ。
Sps20090902fzs

国歌演奏。
Sps20090902fzt

審判が両チームのキャプテンを呼んだ。
Sps20090902fzu

コリンチャンスの先発選手たちが円陣を組んだ。
Sps20090902fzv

続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ワールドカップ2010年・南米予選 その8 第15節、16節終了。

2010年ワールドカップの南米予選の、
第15節が9月5日(土)に、
第16節が、9月9日(水)に行われた。


結果は次の通り。

9月5日(土)        第15節
試合開始        試合結果            開催都市
17h30  Peru       1 x 0  Uruguai      Lima
17h30  Colômbia    2 x 0  Equador      Medellín
19h30  Paraguai     1 x 0  Bolívia       Assunção
21h30  Argentina    1 x 3  Brasil        Rosário
22h30  Chile       2 x 2  Venezuela    Santiago
ブラジルは、アウェーでアルゼンチンを破り予選突破を決めた。

9月9日(水)        第16節
試合開始        試合予定            開催都市
16h   Bolívia      1 x 3  Equador       La Paz
18h   Uruguai     3 x 1  Colômbia      Montevidéu
20h   Paraguai     1 x 0  Argentina     Assunção
22h   Venezuela    3 x 1  Peru        Puerto la Cruz
22h   Brasil       4 x 2  Chile        Salvador
※エクアドルは、アウェーで勝利し、4位に上昇。
※パラグアイは、アルゼンチンに勝利し、予選突破を決めた。
 アルゼンチンは5位に。
ブラジルは、ホームで勝利
 チリは3位のまま。


残りの2節の予定は次の通り。

10月10日(土)-11日(日)        第17節
        試合予定      
- Argentina     x   Peru -
- Bolívia       x   Brasil -
- Equador      x   Uruguai -
- Colômbia     x   Chile -
- Venezuela    x   Paraguai -

10月13日(火)-14日(水)        第18節(最終節)
       試合予定         
- Uruguai      x   Argentina -
- Brasil       x   Venezuela -
- Paraguai     x   Colômbia -
- Chile       x   Equador -
- Peru       x   Bolívia

(第16節を終了した時点での順位)
※4位までは、予選出場。
※5位は、他地域のチームと出場決定戦を行うことになっている。
Spf20090909a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その63 大雨の翌日。

1943年以来9月の一日としては最高の雨量を記録した翌日の9月9日(水)、サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想では、サンパウロSão Paulo市にはまた強い雨が降る。

危機管理センターによると、雨は一日降り、特に午前中に強く降る。

気温は少し下がり、19dから23℃の間になる。

8日にサンパウロにやってきた嵐は3人の犠牲者を出した。

-------------------------------
9月9日(水)の朝、サンパウロ市にはまだ弱い雨が降っていた。

でも、その雨も午前中には止んだ。

その後は、ずっと曇りで、雨は降らなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その61 ブラジル対チリ戦。

9月9日(水)22時(*ブラジリア時間)から、
サルヴァドールで行われた、
2010年ワールドカップの南米予選の
ブラジル対チリ戦。

(ブラジルの先発と控え)
Sps20090909fa
Sps20090909fj
Sps20090909fk

(チリの先発と控え)
Sps20090909fb
Sps20090909fl
Sps20090909fm


前半31分に、ダニエウ・アルヴェスのクロスをニウマールが足であわせて、ゴール。
Sps20090909fc

前半39分に、ジュリオ・バチスタがゴール。

前半45分に、チリのスアッソが、PKを決めた。
Sps20090909fd

前半を2対1で、ブラジルがリード。

後半に入ってすぐの2分に、フィリッピ・メーロにレッドカード。
ブラジルが一人少なくなった。

後半7分、再び、チリのスアッソがゴール。
これで、2対2の同点。

Sps20090909fe
Sps20090909fg
Sps20090909fh

しかし、
後半28分、
Sps20090909ff

さらにそのすぐ後30分に、ニウマールが、この試合、3ゴール目を決めた。

結局、試合は4対2で、ブラジルが勝利
Sps20090909fn

Sps20090909fi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 9 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その62 雨は続くという予報。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)は、9月9日(水)も、ブラジル南部とサンパウロSão Pauloではまだにわか雨が降るとしている。

サンパウロSão Paulo州では、天気は朝から曇りで、局地的に突風を伴った雨が降る。

サンパウロ州の特に中南部と南西部では、局地的に強く雨が売る可能性がある。

サンパウロSão Paulo市では、天気はずっと曇りで、突風を伴った雨が予想される。
気温は最低で17℃で、最高は25℃。

-------------------------------
今年2009年の冬は、本当に良く雨が降る。

本来、冬は非常に雨が少なくて、乾燥するのだが、庭に散水することはなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その121 第23節 コリンチャンス対サントス戦 観戦1。

9月2日(水)21時50分から、
サンパウロ市のパカエンブー競技場でおこなわれた、
ブラジル選手権の第23節コリンチャンス対サントス戦を観戦に行った。


サンパウロ州で断トツのファンを持つコリンチャンスと伝統があるサントスの対戦は、”クラシコ”。
昼過ぎには、早くも、競技場正面のシャルレス・ミラー広場には、いつもよりずっと広めに柵が設置され始めていた。
Sps20090902fa

すでに、一番安い席の入場券は売り切れになっていた。
Sps20090902fb_2

競技場の西側の道路には、テレビの中継車がずらりと駐車して、準備を始めていた。
Sps20090902fc

観客がおおいようなので、試合開始前1時間20分頃に拙宅を出た。
警察に一時的に規制されていて、車は全く通行していなかった。
Sps20090902fd

パカエンブー競技場の23番入り口。
選手や関係者はこの入口を使うので、それを待つファンがいる。
もっとも1時間半前ではもう選手は到着していた。
Sps20090902fe

そこに、コリンチャンス大好きおばあさん第1号がいるのを発見した。
Sps20090902ff

早速ポーズを取ってくれた。
Sps20090902fg

競技場の西側の道路も警察に完全にブロックされて、車は通っていない。
サントスのファンの安全のために、人も通ることができなくなっていた。
Sps20090902fh

警察の装甲車。
逆に競技場の外側を一周するのは15分以上かかりそうで、いやなので、
またもや、ちょっとした山登りをして、迂回せざるを得なかった。
Sps20090902fi

山登りをして、拙宅の方を見てみた。
Sps20090902fj

ここにたむろしているのは、ユニフォームを着たサントスのファンだけ。
マコーニャ(=マリファナ)の香りが充満していた。
最高級住宅街の中なのだが、住民はたまらないだろう。
Sps20090902fk

サントスのファンを刺激しないように、さっさと通り過ぎる。
Sps20090902fl

結界を超えて、
安全領域に入ってから、サントスのファンがいたところを振り返る。
ホッとした。
Sps20090902fm

競技場内に入った。
トボガン席にはもうかなり観客がいた。
Sps20090902fn

そのほかの席はまだそれほどでもなかった。
大体、競技場に到着しても、
周辺で一杯やって気勢を上げてから、試合直前に、中に入ってくる人が多い。
Sps20090902fo

コリンチャンスの席に近づかないように警察にガードされた、サントスのファンのためのアウェー席。
今年3月22日に行われたサンパウロ州選手権第15節試合では、試合終了後に暴れたので特に厳重になっている。
Sps20090902fp

そのアウェー席の下に特別に設置されたテントは、
コリンチャンスのファンが安全に通るために設置された通路。
お互いに目が合うと、ろくなことが起きないからだ。
Sps20090902fq

正面スタンド席。
Sps20090902fr

メッセージ親父がちょうど到着した。
Sps20090902fs

「自分の意見では、ペレよりデフェデリコの方が良い」と言うのが、
この日のメッセージ。
コリンチャンスに入団したばかりのデフェデリコを、
わざとサントスのペレと比較しているのだ。
毎回良くいろいろと考えてくる人だ。
Sps20090902ft

彼の場合は、
こういうTシャツを作って販売するのが本職だから、
その宣伝も兼ねているようなものだ。
Sps20090902fu

続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表のカカが、信奉する教会の再建式に出席。

サッカー選手のカカKakáが、9月7日(月)に、キリスト再生教会Igreja Renascer em Cristoの創立者のソニアSônia牧師とエステヴァン・エルナンデスEstevam Hernandes伝道師夫妻と並んで、サンパウロSão Paulo市中心部のカンブシCambuci教会の再建開始の式に出席した。
Sps20090908akaka0925123

Sps20090908bkaka021872418ex00

今年1月18日(日)に、建物の屋根が落ちて9人が亡くなり、106人がけがをした

この時には、一つの学校と8軒の家が閉鎖された。

犯罪院IC (Instituto de Criminalística)の報告書では、事故は9年前に行った改装時の瑕疵によるものであった。

屋根の梁の一つが、計画にはあった金属による補強をなされていなかった。
民事警察は、報告書で、教会の”無関心”を指摘した。

工事の開始を祝うこのイベントは、その古い教会があったところで行われた。

教会によると、約1000人の信徒が、祝福に参加した。

2005年にここで結婚したカカKakáは、集会で歌った。

ソニアSônia牧師は、群衆を指揮して泣いた。
彼女は、基礎の石を投げいれて、喝采を受けた。
「この教会は、ブラジルの印となる。 再建を始めよう」と語った。

キリスト再生教会の広報担当者によると、予定では、工事は、寄付やイベントの収益により、2011年の初めに終了する。
総工費は発表されていない。

15日前に、サンパウロ市の家屋局は再建を許可した。

-------------------------------
8月始めに、
キリスト再生教会の創立者夫妻は、
服役していた米国から戻ってきていた。
ブラジルでも、脱税など種々の訴追を受ける身なのだが、実の息子が重体であることでその付き添いが理由なのか、到着後に収監されていないし、警察に呼ばれたという報道もない。

イエローカードの累積でブラジル代表を離れたカカは、まっすぐレアル・マドリに戻らずに、ここに現れたわけだ。

何かとお騒がせのこの教会とカカの話題は、つきない。

この教会一つくらい、カカの年間の寄付金で、十分のはずだ。
年収の1割というが、通常だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その61 大豪雨2。

サンパウロSão Paulo市は、1943年に国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)が雨量の測定を始めてから、9月として、わずか24時間にこれほどの前を記録したことはなかった。

国立気象研究所によると、サンパウロ市北部にあるサンタナ観測所mirante de Santana では、17時に、70ミリの雨量を記録した。

雨は8時すぎに降り始めた
国立気象研究所による雨量の測定では、9月全部の雨量は74ミリであった。

今までに9月に、一度の雨で一番多かったのは1984年9月20日で、サンタナ観測所で、62.2ミリであった。

18時30分過ぎでも、サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)は、雨の量が多いために、市内全域の注意報を解除していない。

-------------------------------
この雨により、サンパウロ市および郊外では大きな被害が出ているし、交通は麻痺している。

拙宅でも、少なからぬ影響があった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 8 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その60 大豪雨1。

サンパウロSão Paulo市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)は、9月8日(火)朝からサンパウロ市に雨が降ると、サンパウロ市全域に注意報を出した。

雨は、南部から寒冷前線が近づいてきたことによる。
国立大気研究所Inpe (Instituto Nacional de Pesquisas Espaciais)の天気予報および気象研究所Cptec(Centro de Previsão de Tempo e Estudos Climáticos)によると、
天気が変わっても、気温は高く最高気温は30℃で最低気温は18℃。

危機管理センターによると、雨は特に夕方に大サンパウロ都市圏に降る。

-------------------------------
朝6時頃は、まだ晴れていて、朝焼けが鮮やかだったそうだ。

それが、その後急変し、厚い雲に覆われて、8時前には雨が降り始めた。

そして9時以降、
断続的に強い雨が降っている。

14時頃から、16時前までは、一時的に止んで、雲がやや薄れた。

気温は、30℃どころか、20℃程度で、寒くなった。

昨日(9月7日)は、快晴で、暑かったのに、この変化はきつい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その60 4人の追加招集を発表。

ドゥンガDunga代表監督は、9月7日(月)の夜に、対チリChile戦のブラジル代表seleção brasileira試合のために、4人の選手を招集した。

ヂエゴ・タルデリDiego Tardelli(アツレチコ・ミネイロ)の他に、パルメイラスのクレイトンン・シャヴィエルCleiton Xavierとヂエゴ・ソウザDiego Souza、それに
アンドレ・ヂアスAndré Dias(SPFC)が招集された。

招集された4人は、9月8日(火)午後のトレーニングに、ブラジル代表の他の選手たちとともに参加する。
2010年W杯南米予選として行われるチリChile戦は、9月9日(水)21時50分から、ピツアスPituaçu競技場で行われる。

4人のうちで唯一ヂエゴ・タルデリDiego Tardelliは、このところドゥンガDunga代表監督によって呼ばれるリストに入っている(8月に行われたエストニアEstôniaとの親善試合で招集された)。
クレイトンン・シャヴィエルCleiton Xavier、 ヂエゴ・ソウザDiego Souzaと、アンドレ・ヂアスAndré Diasは一度も呼ばれていなかった。

4人の到着は、イエローカードの累積で出場停止となったカカKaká、ルシオLúcio、ルイス・ファビアーノLuis FabianoとラミレスRamires、それにけがで外れたロビーニョRobinhoによる、ブラジル代表seleção brasileiraの人数不足を埋めるためである。

-------------------------------
やはり、
ブラジル国内のクラブに所属している選手だけが呼ばれることになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 7 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル選手権2009 その120 第21節 コリンチャンス対ボタフォゴ戦 観戦3。

8月23日(日)16時から、
サンパウロ市で最も伝統があるパカエンブー競技場で行われた、
ブラジル選手権の第21節コリンチャンス対ボタフォゴ戦を観戦に行った。

続きである。
その1
その2

後半は、ボタフォゴのキックオフで始まった。
Sps20090823fzzk

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが、また創立40周年の幕を広げた。
Sps20090823fzzl

FCロナウド
寒い日なのだが、アイスキャンデーを手にしている。
こういうことだから、どうしても太ってしまうのだろうと思わせる。
Sps20090823fzzm

ロナウドの隣で、口を曲げているのが、
コリンチャンスの社長のアンドレス・サンシェス。
Sps20090823fzzn

二人の周りには、それぞれの護衛が何人かいる。
Sps20090823fzzo

後半6分に、マルシーニョが、FKを直接ゴールに入れた。
これで、2対1と、再びリード。
Sps20090823fzzp

FWデンチーニョ。
Sps20090823fzzq

ボタフォゴのエステヴァン・ソアレス監督。
Sps20090823fzzr

FWエンリッキ。
Sps20090823fzzs

左SBジュシレイ。
Sps20090823fzzt

DFジェアン。
この試合の後、8月31日に契約を解除して、FCモスコーに移籍した
Sps20090823fzzu

FWジョルジ・エンリキ。
Sps20090823fzzv

後半22分に、FWエンリッキに代わり、
FWソウザが入った。
Sps20090823fzzw

FWソウザ。
Sps20090823fzzx

後半25分に、FWデンチーニョがPKを蹴ったが、
GKにはじかれた。
しかし、それを落ち着いて、決めた。
これで、3対2となり、再びリードした。
Sps20090823fzzy

ボタフォゴのフォンに向けて、泣いて見せて、挑発をしたデンチーニョ。
Sps20090823fzzz

デンチーニョに対するファールで、ちょっともめた。
Sps20090823fzzza

後半36分に、マルシーニョに代わり、ヂエゴが入った。
Sps20090823fzzzb

後半42分に、
モラデイに代わり、
ビウが入った。
Sps20090823fzzzc

この試合の有料入場者数は、17,452人だった。
Sps20090823fzzzd

FWビウ。
Sps20090823fzzze

試合は、コリンチャンスが3度リードし、3度追いつかれて、
3対3。
Sps20090823fzzzf

静かに競技場を後にする、コリンチャンス大好きおばあさん第1号。
Sps20090823fzzzg

3度喜んだにも関わらず、最終的に引き分けとなったこの試合に、観客は、疲れていた。
Sps20090823fzzzh

終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その59 快晴。

国立大気研究所Inpe (Instituto Nacional de Pesquisas Espaciais)に関係する天気予報および気象研究センターCptec (Centro de Previsão de Tempo e Estudos Climáticos)によると、9月7日(月)のサンパウロSão Paulo州のほとんど地域では、
一日を通じて、強いにわか雨の可能性があるが、雲の間から太陽がでる。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、サンパウロSão Paulo市では、最高気温は26℃で、最低気温は17℃になる。

-------------------------------
独立記念日で祝日となっている9月7日(月)のサンパウロは、
朝から快晴。

気温も急上昇し、空気も乾燥した。

最高気温は28.6℃にまでなった。

結局、終日快晴で、夜になっても気温はそれほど下がっていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その59 17選手になった。

サルヴァドールSalvadorにいるブラジル代表seleção brasileiraは、9月7日(月)の午後から、わずか17選手になった。

技術委員会comissão técnicaは、ロビーニョRobinhoを合宿から放した。
ロビーニョは、日曜日に磁気断層検査を受けた後にチリChile戦への出場を禁止されていて、治療のためにサルヴァドールに滞在することになっている。

ブラジル・サッカー協会CBFはまだ、ロビーニョの代わりに呼ぶ選手を発表していない。
もし呼ばないと、ドゥンガDunga代表監督は控え席には1名少ない選手しか入れることができず、FWにはアドリアーノAdrianoととニウマールNilmarだけということになる。

-------------------------------
試合は、9月9日(水)に行われるので、
いまさら、試合に出場する可能性が少ないにもかかわらず、欧州で活動している選手を呼びつけるのは非常に難しい。
ブラジル国内で活動している選手を呼ぶことになるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 6 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その58 FWロビーニョが故障で代表離脱。

筋肉の故障により、ロビーニョRobinhoは、サルヴァドールSalvadorで、9月9日(水)に行われるチリChile戦でのブラジル代表seleção brasileiraから外れた。

ロビーニョは、磁気断層検査を受けるためにサルヴァドールの病院に行き、ブラジル代表の医師のジョゼ・ルイス・ルンコJosé Luiz Runcoはロビーニョの出場の禁止を決定した。

イエローカードの累積により出場停止となったルシオLúcio、ラミレスRamires、カカKakáそしてルイス・ファビアーノLuis Fabianoとは異なり、ロビーニョは合宿を続ける。

正FWがいなくなったことで、ブラジルBrasilは、チリChile戦ではニウマールNilmarとアドリアーノAdrianoがグラウンドに入ることになる。

こういうことにより選手たちがいなくなったことで、チリ戦では17選手が使えるだけになる。
しかし、ブラジル・サッカー協会は控えのために他のセンターフォワードを招集するか決めていない。
ヂエゴ・タルデリDiego Tardelli(アツレチコ・ミネイロ)とヴァグネル・ロヴィVagner Love(パルメイラス)の名前が出ている。

-------------------------------
9月5日(土)に行われた対アルゼンチン戦でもロビーニョは著しく精彩を欠いていた。
素人目に見ても、明らかだった。

解説でも、
ブラジル代表は、10人で試合をしているかのようだと言われていた。

すでに、もうロビーニョは何か問題を抱えていたのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その57 カカ、ルーシオ、ルイス・ファビアーノとラミレスが、代表を離れた。 

ブラジル代表seleção brasileira監督ドゥンガは、ブラジルがアルゼンチンArgentinaを3対1で破った試合で2枚目のイエローカードを貰ったカカKaká、ルーシオLúcio、ルイス・ファビアーノLuis FabianoとラミレスRamiresを、ブラジル代表がサルヴァドールSalvadorで宿泊しているホテルから、自由にした。

この水曜日(9月9日)に行われるチリChile戦に出場しない選手たちは、サルヴァドールを離れて、欧州のそれぞれのクラブに戻る。

チリとの試合は、ワールドカップCopa do Mundoの南米予選の第16節の試合として行われる。
サルヴァドールSalvadorのピツアスPituaçu競技場で、21時50分(*ブラジリア時間)に始まる。

-------------------------------
ルイス・ファビアーノの代わりは、アドリアーノ。

でも、トレーニングのためには、そのポジションに誰か入れなければならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その119 第23節終了。

サッカー・ブラジル選手権の第23節が、
9月2日(水)、5日(土)および6日(日)に行われた。
※9月2日(水)には、
 第17節の未消化試合も行われた。
※※すべてのクラブの試合数が同じに揃った。

結果は次の通り。


9月2日(水)        第17節第3日目
試合開始        試合結果             競技場
21h    Internacional   3 x 0  Atlético-MG     Beira-Rio
※大分で開催されたスルガ杯にインテルナシオナウが出場したために
 日程が変更になった試合。
 インテルナシオナウがホームで大勝。

9月2日(水)        第23節第1日目
試合開始        試合結果             競技場
21h50   Corinthians   2 x 1   Santos        Pacaembu
コリンチャンスは、ホームのパカエンブー競技場で、逆転勝ち
 6位に上昇。

9月5日(土)        第23節第2日目
試合開始        試合結果             競技場
18h30   Palmeiras    2 x 1   Barueri      Parque Antarctica
18h30   Grêmio     1 x 1   Vitória      Olímpico
18h30   Sport       2 x 1   Botafogo    Ilha do Retiro
※9月2日(水)に入団発表をしたばかりの、
 ヴァグネル・ロヴィが早速大活躍した、
 パルメイラスがホームのパレストラ・イタリアで勝利
 首位を守る。
グレミオは、ホームで引き分け
スポルチは、ホームで勝利

9月6日(日)        第23節第3日目
試合開始        試合結果             競技場
16h    Atlético-PR    0 x 0  Flamengo      Arena da Baixada
16h    Goiás        2 x 2  Coritiba       Serra Dourada
16h    Cruzeiro      1 x 2  São Paulo     Mineirão
18h30  Santo André   1 x 2  Atlético-MG    Bruno José Daniel
18h30  Fluminense    1 x 1  Náutico       Maracanã
18h30  Avaí        0 x 2  Internacional    Ressacada
※フラメンゴは勝てず。
ゴイアスは引き分けで4位に後退。
クルゼイロはホームで勝てず
サント・アンドレはホームで勝てず
 降格圏に転落。
※監督がまたも交代したフルミネンセは地元で引き分け
 ナウチコは、降格圏を脱した。
インテルナシオナウはアウェーで勝利し、2位に。


次節の第24節の予定は次の通り。

9月12日(土)        第24節第1日目
試合開始        試合結果             競技場
18h30   São Paulo    x   Avaí          Morumbi
18h30   Flamengo     x   Sport         Maracanã

9月13日(日)        第24節第2日目
試合開始        試合結果             競技場
16h    Santos       x   Santo André    Vila Belmiro
16h    Internacional   x   Cruzeiro      Beira-Rio
16h    Vitória       x   Palmeiras      Barradão
16h    Atlético-MG   x   Atlético-PR    Mineirão
18h30  Barueri      x   Goiás         Arena Barueri
18h30  Náutico      x   Grêmio       Aflitos
18h30  Botafogo     x   Fluminense     Engenhão
※サント・アンドレはサントスと対戦。
※パルメイラスは、アウェーでヴィトリアと対戦。
※バルエリは、ホームでゴイアスと対戦。
※ボタフォゴ対フルミネンセという”クラシコ”だが、
 どちらも降格圏内というさびしさ。

9月16日(水)        第24節第3日目
試合開始        試合結果             競技場
21h50   Coritiba     x   Corinthians     Couto Pereira
※コリンチャンスは、2週間も試合の間隔が開くことになった。
 

(第23節を終了した時点での順位)
Spf20090906a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その58 曇天。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)の予想では、9月6日(日)は、サンパウロSão Paulo州全域で、部分的な曇りになる。
ところによっては、天気は曇りで、突風を伴ったにわか雨が降る。

サンパウロ市は、サンパウロ州の他のところと同じ、

天気は、部分的に曇りで、突風を伴ったにわか雨の可能性がある。
気温は17℃と23℃の間。

-------------------------------
9月5日(土)の、サンパウロ市の天気はほぼ終日曇りだった。

午後になって、雲が厚くなったので、雨が降るかと思ったが結局降ることはなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 5 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その56 ブラジル、予選突破、W杯出場決定。

9月5日(土)に、
アルゼンチンのロサリオで行われた、
2010年ワールドカップの南米予選の、
アルゼンチン対ブラジル戦で、
ブラジル代表が、3対1で勝利した。

これで、ブラジルは、
南米予選での勝ち点を30点として、
予選突破を決めた。

南米予選の残り試合は、3試合。

これで、
ブラジルの
ワールドカップの
すべての大会のへ出場記録が更新されたことになる。

ブラジルは、
2010年ワールドカップの出場を決めた国としては7番目。
すでに出場を決めているのは、
南アフリカÁfrica do Sul, 韓国Coréia do Sul, 北朝鮮Coréia do Norte, 豪州Austrália, 日本Japão, オランダHolanda。

-------------------------------
南米予選第15節の結果は次の通り。

9月5日(土)        第15節
試合開始        試合結果            開催都市
17h30  Peru       1 x 0  Uruguai      Lima
17h30  Colômbia    2 x 0  Equador      Medellín
19h30  Paraguai     1 x 0  Bolívia       Assunção
21h30  Argentina    1 x 3  Brasil        Rosário
22h30  Chile       2 x 2  Venezuela    Santiago

残りの3節の予定は次の通り。

9月9日(水)        第16節
試合開始        試合予定            開催都市
16h   Bolívia        x  Equador      La Paz
18h   Uruguai       x  Colômbia      Montevidéu
20h   Paraguai       x  Argentina     Assunção
22h   Venezuela      x  Peru        Puerto la Cruz
22h   Brasil         x  Chile        Salvador


10月10日(土)-11日(日)        第17節
        試合予定      
- Argentina     x   Peru -
- Bolívia       x   Brasil -
- Equador      x   Uruguai -
- Colômbia     x   Chile -
- Venezuela    x   Paraguai -


10月13日(火)-14日(水)        第18節(最終節)
       試合予定         
- Uruguai      x   Argentina -
- Brasil       x   Venezuela -
- Paraguai     x   Colômbia -
- Chile       x   Equador -
- Peru       x   Bolívia

(第15節を終了した時点での順位)
Spf20090905a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その55 アルゼンチン対ブラジル戦。

9月5日(土)21時30分(*ブラジリア時間)から、
アルゼンチンのロサリオで、
2010年ワールドカップの南米予選
アルゼンチン対ブラジル戦が行われた。

試合は、
3対1で、
ブラジル勝利

(アルゼンチンの先発)
Sps20090905ta
(ブラジルの先発)
Sps20090905tb

前半23分に、
DFルイゾンが、
頭で決めて先制。

さらに、前半30分に
GKにはじかれたボールを
FWルイス・ファビアーノが決めた。

前半を2対0で終えた。

後半、
アルゼンチンが、
攻勢を強める中、
守備を固めつつ、
カウンターを待っていたブラジルは、
22分に、またもやルイス・ファビアーノが決めた。

アルゼンチンは、
後半20分に、ダトーロが決めただけ。

メッシは、
ブラジルの守備に完全にブロックされた。

なお、なおブラジルはこの試合で6つのイエローカードを出されて、
ルイス・ファビアーノ、カカ、ラミレス、ルーシオは、
9月9日(水)にサルヴァドールで行われるチリ戦には、
出場できないことになった。

ルイス・ファビアーノの代わりは、この試合でも途中から出場したアドリアーノ。
カカの代わりは、ジュリオ・バチスタ。
ルシーオの代わりは、ミランダ。

GKジュリオ・セーザルが、足を痛めて、氷で冷やしているという情報がある。
9月9日(水)のチリ戦への出場が危ぶまれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー:ロマリオの日々 その126 30分で練習試合を放棄。

約30分で、ロマリオRomárioは9月3日(木)の午後のアメリカAméricaとカステロ・ブランコCastelo Brancoの練習試合を放棄した。

9月19日(土)をグランドに復帰する日として予定したロマリオは、ぶつかった後に、踝の痛みを感じて、その日の活動を止めた。

月曜日(8月31日)にも、ロマリオは腿に違和感を感じて、メカンMecãoでの練習への参加を止めた。

-------------------------------
年齢も年齢だし、約1年半も練習から遠ざかっていたのだから、
復帰と行っても簡単ではないはずだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その57 雨が続く。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)の自動観測ステーションの記録によると、サンパウロ市に寒冷前線が到達したことで、24時間で気温は10度下がった。

データによると、サンパウロSão Paulo市の北部にあるサンタナ観測所Mirante de Santanaでは、9月4日(金)に、21.4℃を記録した。
同じ時刻に、3日(木)には、気温は30.4℃だった。

危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想によると、週末にかけて気温はより下がり、6日(日)には、14℃から19℃の間になる。
3日(木)の夜からサンパウロ市に降り始めた雨もまた続く。

今週、サンパウロSão Paulo市はこの冬の最高気温の31.5℃を水曜日(2日)に記録した。
さらに、湿度が30%いかに下がったことで、今週サンパウロ市に2度にわたり注意報が出た。

危機管理センターによると、7日(月)の独立記念日Dia da Independênciaには、太陽がでて、気温は上がり、30℃に達するだろう。
最低気温は、19℃台。

-------------------------------
9月4日(金)も、
雨が降ったり止んだり。

それにしても、天気が激変するサンパウロである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 4 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その56 1時間半で11℃も気温が降下。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)によると、ブラジルの南部Sulと南東部Sudesteへ寒冷前線が到達したことで、このところ晴れ渡っていたサンパウロSão Pauloの天気が変わり、9月3日(木)の午後遅くに市内の大部分で強いにわか雨が降った。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、サンパウロ市では1時間半で11℃も気温が降下した。
市内南部のコンゴニアスCongonhas空港で15時に31℃が記録されたが、同じところで16時30分には20℃になった。

17時15分に、市内の北部、西部、中央部で、強いにわか雨が記録された。
南部では雨は軽かったと、危機管理センターCGEは発表した。

気候の急激な変化にもかかわらず、市内では冠水注意報がどこにもでていない。
危機管理センターの使用する基準では、監視、注意、警戒、最警戒となっている。

危機管理センターCGEによると、木曜日(9月3日)はサンパウロ都市圏região metropolitana de São Pauloには雨に広がる。
国立気象研究所Inmetの予想では、4日(金)も週末も、天気は不安定になる。

-------------------------------
9月3日(木)の朝のサンパウロ市は、
ほぼ快晴で気温は高かった。

午後から雲が出てきたが、
15時でもまだ暑かった。

16時過ぎに、空がほぼ雲に覆われた。

16時20分頃から、突風が吹き始めた。

そして、17時15分頃から、雷を伴った強い雨が降り始めた。

その後も、
雨は弱くなったが、
断続的に降り続いている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー:ロマリオの日々 その125 復帰試合は19日。

43歳のFWロマリオRomárioの、アメリカAméricaの選手としてのデビューが、9月19日(土)15時にジウチッチ・コウチーニョ競技場estádio Giulite Coutinhoで、リオ・デ・ジャネイロ州選手権セリエBSérie Bの第1フェーズprimeira faseの最終節の試合として行われるプロフーチProfute戦に決まった。

この試合は、18日に、アメリカの、クラブの105年目の創立記念日の翌日に行われる。

そのキャリアで1002ゴールを達成しているロマリオBaixinhoは、クロヴィス・ヂ・オリヴェイラClovis de Oliveira監督の指揮の下で、試合形式の練習に参加している。

ロマリオは、月曜日(8月31日)に、右腿に違和感を感じて、トレーニングを離れたが、この問題はデビューを先延ばしにしない。

ロマリオRomárioは、8月12日(水)にグラウンドへの復帰を発表し、リオ・デ・ジャネイロ州サッカー連盟Federação de Futebol do Rioの登録も最終日の21日に行った。

ロマリオは、アメリカAméricaのファンだった父親のエデヴァイールSeu Edevairの夢を実現することになる。

この4月から、ロマリオは、リオ・デ・ジャネイロ州選手権セリエAへの復帰を目指すこのクラブのプロチームの指揮を執っている。

アメリカAméricaは、勝ち点30点で、リオ・デ・ジャネイロ州選手権セリエBSérie BのグループAGrupo Aでトップを行っている。
2位のリオストレンシRiostrenseとキサマンQuissamãに、9点の差をつけている。

-------------------------------
アメリカは、リオ・デ・ジャネイロ州でのかつての名門クラブ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 3 de setembro de 2009

サッカー:ロマリオの日々 その124  復帰に向けてのトレーニングは続く。  

アメリカAméricaの控えの選手たちにとっては単なる親善試合だったが、ロマリオRomário43歳という大きな呼び物がいた。

ロマリオBaixinhoは、8月31日(月)に、芝生に復帰するという望みを発表してから、4度目のトレーニングをした。

僅かな動きだけで、MFとしてプレイしたロマリオRomárioは知性的なパスで目立った。

ボタフォゴBotafogoとヴァスコ・ダ・ガマの元選手のシモンSimãoが指揮するプロジェット・ドイス・トッキスProjeto Dois Toquesのチームは、ロマリオをマークするのが難しかった。

「ロマリオRomárioは違う。 彼はボールをタッチしない。 ”半分の”タッチだ。 彼に近づこうとすると、彼はすでに同僚にパスをしている」と、プロジェット・ドイス・トッキスのボランチのダニエウ・レイチDaniel Leiteは語った。

しかし25分で、ロマリオRomárioは左腿の違和感を感じて交替を要求し、クローヴィス・ヂ・オリヴェイラClóvis de Oliveira監督にすぐに受け入れられた。

アメリカの医療部がその部分を氷で手当てした。
グラウンドの縁に座って、ロマリオRomárioはクラブの医師のセルソ・バッホスCelso Barrosの手当を受けた。

疲れた表情で、ロマリオは彼の同僚が1対0で勝つところを見るために、試合の最後までそこにいた。

今のところ、ロマリオBaixinhoとアメリカAméricaのファンは、ロマリオがグラウンドに復帰するのをもう少し待たなくてはならない。

-------------------------------
ロマリオは、本気でトレーニングを続けている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その56 9月2日(水)の最高気温は31.5℃。

9月2日(水)のサンパウロSão Paulo市の気温は上がり続け、サンパウロ市北部のサンタナ観測所mirante de Santanaでの記録では31.5℃に達した。
国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、この気温はこの冬の最高気温。

温度計が気温の記録を作ったのは、2日続けてである。
昨日)9月1日)に、最高気温は29.8℃になっていた。

それまでの記録は8月8日(土)に、29.9℃となったときだった。

サンパウロSão Pauloの湿度はまた引き続き低く、国立気象研究所Inmetの自動観測ステーションでは13時過ぎに20%となった。

-------------------------------
9月2日(水)のサンパウロ市は、
夜になっても、
気温が下がらない。

24時過ぎでも、24℃もある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その542 拙宅以外で見かける小鳥6。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
カルデアルCardeal。
Sps20090508avj

学名は、Paroaria Coronata、Emersidae(Emberisinae)。

体長は18センチ。

拙宅で、ただ1回だけ見たことがあるが、
その後は周辺でも見たことがない。

頭が赤く、そしてその毛が少し立っているところが特徴なのだが、
いつも立っているわけでもないようだ。

ほぼ同じような鳥で、ガーロ・ダ・カンピーナGalo-da-campinaという鳥がいるのだが、よく見分けがつかない。
この鳥の学名は、Paroaria dominicana, Emersidae(Emberisinae)というので、同類だ。

元々は、サンパウロにはいなかった移入種らしい。

イビラプエラ公園の開けたところで見ることができる。
Sps20090508avc

Sps20090508avf

Sps20090508avg

Sps20090508avh

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 2 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル選手権2009 その118 第23節コリンチャンス対サントス戦。

9月2日(水)21時50分から、
サンパウロ市のパカエンブー競技場で、
サッカー・ブラジル選手権の第23節のコリンチャンス対サントス戦が行われる。
Sps20090902tb

夜になっても、気温がそれほど低くならないサンパウロ。

19時を過ぎた頃から、競技場周辺は何となく騒がしくなった。

19時47分に、最初の花火が上がった。

昼頃には、
正門観客席の入場券はもう売り切れていた。

平日ではあるが、
かなりの観客がやってくることだろう。

いつもより早く拙宅を出ることにしたい。

-------------------------------
20時35分頃に拙宅を出た。

やはり、アウェー席付近は、警察によって閉鎖されていたので、
またもや山越えを余儀なくされた。

サントスのファンが集まっているところを、通り過ぎていったのだが、
またもやというのか久しぶりにマコーニャ(=マリファナ)をたっぷりと浴びてしまった。

周辺はサンパウロでも屈指の最高級住宅街であるのだが、
住民はたまったものではないだろう。
家の中まで、あの臭いは入ってくるはずだ。

(コリンチャンスの先発)
Sps20090902tc
(サントスの先発)
Sps20090902td

試合は、
前半は0対0。

後半に、
コリンチャンスのDFシッコンの自殺点で、
サントスが先制

しかし、
その後コリンチャンスのFWソウザが下がった後、
動きが抜群に良くなり、
FWビルのゴールで同点
Sps20090902tg

さらに、
DFシッコンのゴールで、劇的な逆転。
Sps20090902th

2対1で、コリンチャンスが勝利
Sps20090902ta

約27千人の大観衆は、大感激で競技場を後にした。

試合終了後1時間たって、やっと競技場の周辺に静けさが戻りつつある。

メッセージ親父も来ていたし、
コリンチャンス大好きおばあさん第1号も、もちろん上機嫌。

ハーフタイムに、
新入団のアルゼンチン人のデフェデリコと、
再入団予定のマルセロ・マットスが、
コリンチャンスのユニフォームを着て、
グラウンドを一周した。
Sps20090902te
Sps20090902tf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その117 第21節 コリンチャンス対ボタフォゴ戦 観戦2。

8月23日(日)16時から、
サンパウロ市で最も伝統があるパカエンブー競技場で行われた、
ブラジル選手権の第21節コリンチャンス対ボタフォゴ戦を観戦に行った。

続きである


試合は、コリンチャンスのキックオフで始まった。
Sps20090823fzg

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが、風船気球を上げ始めた。
初めての技だ。
Sps20090823fzh

白と黒の風船は、どんどんと上がっていった。
試合よりも気になった。
Sps20090823fzi

風船の下には、やはり白もしくは黒の短冊状のものが下がっている。
Sps20090823fzj

風船は、その後あまり高度を上げることなく、グラウンドの上空に移動してきた。
Sps20090823fzk

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんは、さらに彼らの創立40周年の幕を広げた。
Sps20090823fzl

フランスのル・マンから移籍してきたDFパウロ・アンドレ
Sps20090823fzm

風が弱かったので、風船はゆっくりと漂っていたのだが、徐々に高度を下げ始めた。
Sps20090823fzn

DFジェアン
この日はキャプテンだった。
8月31日(月)に契約を解除し、FCモスコーに移籍してしまった。
Sps20090823fzo

MFモライス。
Sps20090823fzp

ボランチのエリアス。
Sps20090823fzq

FWデンチーニョ。
Sps20090823fzr

FWエンリッキ。
Sps20090823fzs

風船が降りてきた。
短冊状のものは紙製で、雨に打たれて水を吸い、重くなってきたようだ。
Sps20090823fzt

何とか、グラウンドの中には落ちることはなかった。
おしゃれで、賢い球拾いの少年は見向きもしなかった。
Sps20090823fzu

ボランチのモラデイ。
Sps20090823fzv

FWジョルジ・エンリキ。
Sps20090823fzw

GKジュリオ・セーザル。
Sps20090823fzx

右SBマルシーニョ。
Sps20090823fzy

この日のパカエンブー競技場。
※クリックすると拡大する。
Sps20090823fzz

前半43分に、FWデンチーニョがPKを決めた。
Sps20090823fzza

すぐに、ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんの方に走っていった。
Sps20090823fzzb

雨が小降りになったので、
コリンチャンス大好きおばあさん第1号は、新調の帽子を披露した。
Sps20090823fzzc

前半終了後、デンチーニョにマスコミが集まった。
Sps20090823fzzd

ボタフォゴのエステヴァン・ソアレス監督。
Sps20090823fzze

この試合にもロナウドが観客席にいて観戦していたので、
そのロナウドを見るために人が集まった。
Sps20090823fzzf

「コリンチャンスの日」が、9月1日であることの告知。
Sps20090823fzzg

ボタフォゴのエステヴァン・ソアレス監督がグラウンドに戻ってきた。
Sps20090823fzzh

コリンチャンスの控えの選手たちも戻ってきた。
Sps20090823fzzi

ボタフォゴのアウェー席。
Sps20090823fzzj

続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その55 9月1日の最高気温は29.8℃。

暑く乾燥したサンパウロ市は、9月1日(火)にこの冬の最高気温を記録した。

1日(火)の15時に、国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)の気象観測所で29.8℃を記録した。
この季節の最高の気温となった。

今年の冬で、今までの最高記録は8月8日(土)の29.1℃だった。

14時に、カンポ・ド・マルチCampo de Marte空港とコンゴニアスCongonhas空港の温度計は、今年のこの時期にしては高い29℃を記録した。

しかし、サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências da Prefeitura)の観測所で最も高い温度を記録したのは、30.1℃のヴィラ・プルーデンチVila Prudenteであった。

危機管理センターの気象士のミシャエリ・パンテーラMichael Panteraによると、予想では冬の終わりまでに、昨年の同じ時期に記録されたようにまだ気温のピークがやってくるだろうという。

「これから何日か、天気は乾燥し安定する。 最高気温は31℃に達するだろう」

国立気象研究所によると、天気は9月3日(木)から変わる。
寒冷前線が到達し、雨が降り、気温が下がる。

-------------------------------
冬の終わりになると、夏よりも暑い日がある。
夏は、午後から積乱雲が発達し夕立が降ることが多いが、
この時期は日中ずっと快晴だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その54 湿度28%。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、サンパウロSão Paulo市の湿度は、9月1日(火)に28%にまでなった。
予想では、サンパウロ州は、木曜日(9月3日)まで、太陽がでて乾燥する。

公式とされる国立気象研究所のデータの他に、サンパウロ市の危機管理センターが記録した数字にはさらに低く14時に25%になったものがある。
危機管理センターによると、夜になると湿度は上昇するという。

-------------------------------
乾いていることでよいことは、洗濯物があっという間に乾くこということだが、
人間にとっては、肌はかさかさで、喉はちくちく、目はしょぼしょぼ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その541 拙宅以外で見かける小鳥5。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
カルデアルCardeal。
Sps20090508avi

学名は、Paroaria Coronata、Emersidae(Emberisinae)。

体長は18センチ。

拙宅で、ただ1回だけ見たことがあるが、
その後は周辺でも見たことがない。

頭が赤く、そしてその毛が少し立っているところが特徴なのだが、
いつも立っているわけでもないようだ。

ほぼ同じような鳥で、ガーロ・ダ・カンピーナGalo-da-campinaという鳥がいるのだが、よく見分けがつかない。
この鳥の学名は、Paroaria dominicana, Emersidae(Emberisinae)というので、同類だ。

元々は、サンパウロにはいなかった移入種らしい。

イビラプエラ公園の開けたところで見ることができる。
Sps20090508avb

Sps20090508avd

Sps20090508ave

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 1 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル選手権2009 その116 第21節 コリンチャンス対ボタフォゴ戦 観戦1。

8月23日(日)16時から、
サンパウロ市で最も伝統があるパカエンブー競技場で行われた、
ブラジル選手権の第21節コリンチャンス対ボタフォゴ戦を観戦に行った。

試合の3時間前から弱い雨が降り始めた。
降格圏にあるボタフォゴとの対戦でもあるし、
コリンチャンスもロナウドを筆頭にかなりの選手が出場しない。
そういったことで、試合前の競技場の周辺は人の動きが少なく、静かだった。
Sps20090823fa

パカエンブー競技場の23番入り口。
Sps20090823fb

アウェー席の入場券売り場。
リオ・デ・ジャネイロのクラブであるボタフォゴなので、
買い求める人も少ない。
Sps20090823fc

それでもアウェー席の入り口は、
警察の警備車2台でしっかりブロックされている。
不測の事態に備えているのだ。
Sps20090823fd

テレビの中継車が並ぶパカエンブー競技場の西側。
Sps20090823fe

競技場に入った。
Sps20090823ff

アウェー席。
Sps20090823fg

トボガン席。
Sps20090823fh

雨のために、人の動きも少ない。
Sps20090823fi

正面スタンド席。
屋根が掛かっている上から2列だけに人が集まっている。
Sps20090823fj

9月1日は、「コリンチャンスの日」という告知。
Sps20090823fk

コリンチャンス大好きおばあさん第1号が登場。
Sps20090823fl

帽子を新調したようだが、
雨のために披露できないのが可哀想だ。
Sps20090823fm

バンデイランチ局のグラウンド・レポーター。
Sps20090823fn

コリンチャンスの先発選手たちの紹介が始まった。
GKは正GKのフェリッペが怪我のために、ジュリオ・セーザル。
Sps20090823fo

右SBにマルシーニョ。
Sps20090823fp

ボランチのエリアス。
Sps20090823fq

コリンチャンス大好きおばあさん第1号は、
いつもは割と下の方に座るのだが、
雨のために上の方にやってきた。
おかげで、「舞」をすぐそばで見ることができた。
Sps20090823fr

コリンチャンスの控えの選手たちが入ってきた。
Sps20090823fs

コリンチャンスの先発選手たちが、グラウンドの中央で挨拶。
※クリックすると拡大する。
Sps20090823ft

マノ・メネゼス監督。
Sps20090823fu

コリンチャンスの先発選手たちの記念撮影。
※クリックすると拡大する。
Sps20090823fv

FWエンリッキ。
Sps20090823fw

FWデンチーニョにインタビュー。
後方はMFジュシレイ。
Sps20090823fx

DFパウロ・アンドレ
フランスのル・マンから移籍して来たばかりだ。
Sps20090823fy

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが、黒い風船を手にしている。
Sps20090823fz

ボタフォゴの選手たちが旗を持って入ってきた。
Sps20090823fza

そして、アウェー席に向かって挨拶。
Sps20090823fzb

国歌演奏。
Sps20090823fzc

コリンチャンス大好きおばあさん第1号は、コリンチャンスの勝利を祈っていた。
Sps20090823fzd

空に、風船が舞い上がった。
Sps20090823fze

コリンチャンスの選手たちが円陣を作った。
Sps20090823fzf

続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その115 ロナウドの復帰は近い。

ロナウドRonaldoの、コリンチャンスCorinthiansへの復帰は近い。

この火曜日(9月1日)、ロナウドはチエテ環境公園トレーニング・センターCentro de Treinamentos do Parque Ecológico do Tietêで運動をした。
7月終わりの左手の手術と脇腹の脂肪吸引lipoaspiraçãoからの回復の最終段階を始めた。

ロナウドFenômenoは、怪我からの回復中で試合から外れているブルーノ・オタヴィオBruno Octávio、デニスDenis、エスクデーロEscudero、アレサンドロAlessandroの他、最近契約されたデフェデリコDefedericoのグループとは別にトレーニングをした。

そのときには、マノ・メネゼスMano Menezes監督は戦略練習を指揮していた。
ロナウドRonaldoは、自分の車を運転してトレーニングセンターを後にした。
彼の個人的な警備の車がそれに続いた。

手術の後、ロナウドRonaldoが芝生の上でトレーニングをしたのは2回目になる。
最初は、月曜日に同じチエテ環境公園Parque Ecológico do Tietêトレーニング・センターでのことであった。
これ以前は、ロナウドはパルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeのジムで身体を調整していただけであった。

来週、コリンチャンスTimãoは月曜日から金曜日までサンパウロSão Paulo州内陸部のイツーItuでトレーニングをするが、ロナウドFenômenoが行くかどうかはまだ監督によって確認されていない。
しかし、ロナウドも行くと予想されている。

「選手たちに関しては、バスが出発する月曜日に決める」と、マノ・メネゼス監督は明かさなかった。

医師たちによると、ロナウドRonaldoは9月20日(日)に行われるゴイアスGoiás戦もしくは27日(日)のSPFC戦には、出場するようになる。

-------------------------------
ロナウドの車は、
リオ・デ・ジャネイロのナンバーのランド・ローバー。
警備の車も、やはりリオ・デ・ジャネイロのナンバーの同じ車種である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その53 晴天が続く。

サンパウロ市の危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergência)の予想では、この木曜日(9月3日)までは、天気は乾燥し太陽がでる。

この期間、気温はずっと最高気温は30度近くなり、湿度は30%以下になる。

日中は気温が高くなるにもかかわらず、危機管理センターによると、明け方の体感気温は引き続き寒い。

9月4日(金)には、寒冷前線が到達し、気温が15℃から24℃と下がり、にわか雨が降る。
週末は、ずっと雨がちで、強い雨が降ることもある。

-------------------------------
9月1日(過)のサンパウロは、
朝から快晴だった。

昼頃から、やや雲が増えたが、気温は高く、乾燥した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2009 その114 第23節 コリンチャンス対サントス戦の入場券の窓口発売開始。

ブラジル選手権の第23節として行われるコリンチャンスCorinthians対サントスSantos戦の入場券を求める者は多い。

月曜日(8月31日)までに、すでに14,500枚が販売された。
試合は、水曜日(9月2日)21時50分から行われる。

入場券は、火曜日も引き続き販売される。

入場券の価格は、15レアルから180レアル。
ファンは、入場券を何カ所かの売り場で買い求めることができる。

販売場所:
パルケ・サン・ジョルジParque São Jorge
パカエンブー競技場Pacaembu
カニンデ競技場Canindé
ブルーノ・ジョゼ・ダニエリ競技場Estádio Bruno José Daniel
イビラプエラ体育館Ginásio do Ibirapuera - Rua Manoel da Nóbrega, s/nº
ジョゼ・コヘーア体育館Ginásio de Esportes José Corrêa
          - Avenida Guilherme P. Guglielmo, 1000 - Barueri
ピッタ・スポーツPitta Sports - Rua Silva Bueno, 1.156 - Ipiranga
アナクレット・カンパネーラ競技場Estádio Anacleto Campanella, São Caetano do Sul,
                   Rua Walter Tomé, Ginásio Milton Feijão

価格:
セクター                         大人       半額
正門観客席Arquibancada Portão Principal     R$30      R$ 15
黄色観客席Arquibancada Amarela          R$30      R$ 15
21番入り口観客席Arquibancada Portão 21    R$30      R$ 15
トボガン席Tobogã                    R$30      R$ 15
オレンジ特別椅子席Cadeira especial laranja    R$ 70     R$35
屋根なし椅子席Numerada descoberta       R$100     R$50
VIPエリアÁrea VIP                   R$180     R$90

-------------------------------
入場券は、
すでに先週木曜日に、インターネット経由で確保した。

パカエンブー競技場の販売窓口を見ている限り、
売れ行きはかなり良いようだ。

サントスのファンは、
かなり過激なので、気をつけなくてはいけない。

そういえば、
今年のサンパウロ州選手権では、
サントスのファンが観客席で暴れたのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その54 アルゼンチン戦・チリ戦のためのブラジル代表集合。

アンゼンチンArgentina戦とチリChile戦のためのブラジル代表seleção brasileiraは、8月31日(月)の夜に、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroのトン・ジョビン空港Aeroporto Tom Jobimに集合したが、完全に揃うのは火曜日である。

ダニエル・アウヴェスDaniel Alves、エラーノElano、ルイゾンLuisão、ラミレスRamiresは、月曜日(8月31日)に所属クラブのためにグラウンドに出た。(バルセロナBarcelona対スポティング・ジジョンSporting Gijón、ベンフィカBenfica対ヴィトリア・ヂ・セツーバルVitória de Setúbal、アンカラスポールAnkaraspor対ガラタサライGalatasaray)
ブラジル・サッカー協会CBFの公式サイトによると、昼前に、グランジャ・コマリーGranja Comaryに到着する。

ブラジル代表チームは、9月3日(木)まで、テレゾポリス市のグランジャ・コマリーでトレーニングを行う。
そして、9月5日(土)にアルゼンチンArgentinaと対戦するロサリオRosárioに向かう。

アルゼンチンとの試合の後に、一行は直接に、水曜日(9月9日)にチリChile戦が行われるサルヴァドールSalvadorに向かって出発する。

-------------------------------
火曜日には、全員が揃った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その540 拙宅以外で見かける小鳥4。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介してきた

だが、小鳥たちに多様な環境を提供するような広大な敷地に住んでいるはずもなく、それでやってくる小鳥の種類にはどうしても限りがある。

都心部とはいえ広大で、水もあるような、サンパウロ市のイビラプエラ公園には135種の小鳥を発見できるそうである。

それで、サンパウロ市およびその周辺のいろいろなところに出かけたときに、拙宅では見られないような小鳥を見つけたときには、写真を撮りためてきた。

それほど多くはないが、少しずつ紹介していく。

-------------------------------
ケロケロQuero-quero。

学名は、Vanellus chilensis、Charadriidae。

体長は37センチなので、割と大きな鳥で、小鳥とは言えない。
Sps20090807cn

Sps20090807co

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« agosto 2009 | Main | outubro 2009 »