« ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その61 大豪雨2。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2009 その121 第23節 コリンチャンス対サントス戦 観戦1。 »

quarta-feira, 9 de setembro de 2009

サッカー・ブラジル代表のカカが、信奉する教会の再建式に出席。

サッカー選手のカカKakáが、9月7日(月)に、キリスト再生教会Igreja Renascer em Cristoの創立者のソニアSônia牧師とエステヴァン・エルナンデスEstevam Hernandes伝道師夫妻と並んで、サンパウロSão Paulo市中心部のカンブシCambuci教会の再建開始の式に出席した。
Sps20090908akaka0925123

Sps20090908bkaka021872418ex00

今年1月18日(日)に、建物の屋根が落ちて9人が亡くなり、106人がけがをした

この時には、一つの学校と8軒の家が閉鎖された。

犯罪院IC (Instituto de Criminalística)の報告書では、事故は9年前に行った改装時の瑕疵によるものであった。

屋根の梁の一つが、計画にはあった金属による補強をなされていなかった。
民事警察は、報告書で、教会の”無関心”を指摘した。

工事の開始を祝うこのイベントは、その古い教会があったところで行われた。

教会によると、約1000人の信徒が、祝福に参加した。

2005年にここで結婚したカカKakáは、集会で歌った。

ソニアSônia牧師は、群衆を指揮して泣いた。
彼女は、基礎の石を投げいれて、喝采を受けた。
「この教会は、ブラジルの印となる。 再建を始めよう」と語った。

キリスト再生教会の広報担当者によると、予定では、工事は、寄付やイベントの収益により、2011年の初めに終了する。
総工費は発表されていない。

15日前に、サンパウロ市の家屋局は再建を許可した。

-------------------------------
8月始めに、
キリスト再生教会の創立者夫妻は、
服役していた米国から戻ってきていた。
ブラジルでも、脱税など種々の訴追を受ける身なのだが、実の息子が重体であることでその付き添いが理由なのか、到着後に収監されていないし、警察に呼ばれたという報道もない。

イエローカードの累積でブラジル代表を離れたカカは、まっすぐレアル・マドリに戻らずに、ここに現れたわけだ。

何かとお騒がせのこの教会とカカの話題は、つきない。

この教会一つくらい、カカの年間の寄付金で、十分のはずだ。
年収の1割というが、通常だ。

|

« ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その61 大豪雨2。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2009 その121 第23節 コリンチャンス対サントス戦 観戦1。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/46161265

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表のカカが、信奉する教会の再建式に出席。:

« ブラジル・サンパウロは「冬」2009 その61 大豪雨2。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2009 その121 第23節 コリンチャンス対サントス戦 観戦1。 »