« ブラジル・サンパウロは「春」2009 その1 9月22日(火)18時18分から「春」。 | Main | 第28回サンパウロ・ビエンナル その46 作品32。 »

terça-feira, 22 de setembro de 2009

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その67 Claudya。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている。

コンサートには、月に何回かは出かけているし、
多いときには週に3回も行ったこともある。

でも、さすがに週に3回は、疲れる。

サッカーの試合観戦もあるし、いろいろとスケジュールの調整も大変だ。

それに、行けば、それなりに費用もかさむ。
無料のコンサートやただ同然なものも多いのだが、駐車料金などその他の費用がかかる。

サンパウロでは、12月の中旬から約2ヶ月間と、7月は、コンサートが少なくなる。
特に、クラシックのフル・オーケストラによる演奏会はまずない。
12月中旬からは、クリスマス休暇だし、夏休みのシーズンだからだ。

7月は、サンパウロ市ではなくても、高地で寒いカンポス・ドジョルドンという富裕層の別荘都市では、寒さを楽しむこの時期にクラシックコンサートが開催されている。

その他のポピュラー音楽でも、これらの時期はどちらかというとショーが少なくなる傾向がある。

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分とたまっているので、2008年の分を、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子を知りたいという、希望者があれば、
 何とか対応したい。

-------------------------------
またまた、古い話になるのだが、昨年2008年6月12日(木)20時30分から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にある鏡の間で、
行われたクラウヂアClaudyaのコンサートに行った。
Sps20080612ce

(プログラムの一部)
※クリックすると拡大する。
Sps20080626o

クラウヂアは、
9歳ですでに、ラジオに出演していたという早熟な才能を持っていて、
1960年代後半から、1970年代にかけて、
かなり活動をしていた歌手である。
Sps20080612ch

発売したアルバムは、25枚以上というが、
なかなかネット上でも、それらを見つけるのは難しいのが残念である。

このコンサートでは、
彼女の娘というのも出演したが、
母親の方がさすがのキャリアを見せつけていた。
Sps20080612cf

Sps20080612cg

|

« ブラジル・サンパウロは「春」2009 その1 9月22日(火)18時18分から「春」。 | Main | 第28回サンパウロ・ビエンナル その46 作品32。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/46287107

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その67 Claudya。:

« ブラジル・サンパウロは「春」2009 その1 9月22日(火)18時18分から「春」。 | Main | 第28回サンパウロ・ビエンナル その46 作品32。 »