« ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その33 作品30。 | Main | ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その34 作品31。 »

quarta-feira, 25 de novembro de 2009

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その289 Os gêmeos 148。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
パンドルフォ兄弟は、多作である。
国際的に有名になった今でも、描き続けている。

彼らの多くの作品は、かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuciリベルダーヂLiberdadeベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南側に位置するリベルダーヂ地区を分断して、東西に抜ける大幹線の道路のラヂアル・レスチ・オエスチの道路壁にも、パンドルフォ兄弟は、今までにもいくつか作品を残している。

自動車専用道路で、交通量も多く、速度も70キロ程度で通過しているので、作品の存在の確認も、なかなか至難の業である。
朝夕は大渋滞するので、脇見をすることは不可能ではないが、車線を変更するのは簡単ではない。

そのラヂアル・レスチ・オエスチの上を、直角に交差するコンセリェイロ・フルタード通りから、数十メートル東側の道路壁に、彼らの作品としては今までになく小さな作品がある。
Sps20090926cy

知らない人は見過ごしてしまいそうな作品だが、
長く彼らの作品を追いかけているので、
すぐに気がついた。
Sps20091003cc

問題は、いつものように撮影の方法である。

自動車専用道路であり、交通量も多いので、作品の前に、駐車することは、平日はおろか、休日も不可能である。

どこかに止めて、歩いていくしかない。
それも、だいたいろくなところではないリベルタドーレスの低地地区のなかでも、決して歩きたくない道の一つであるサンパウロ通りからアプローチするのか、距離的には一番近いのである。

休日は、特に住民の路上人口が多くなるので、撮影は、平日しかない。

車を止めて、3分も歩くと作品の前に到達する。
Sps20090926cm

Sps20090926cl

Sps20090926cn

顔がないどころか、手だけの作品は、今までにあっただろうか。
Sps20090926ci

Sps20090926ck

Sps20090926cj

手早く、撮影を終えて、その場を離れる。
Sps20090926co

Sps20090926cp

|

« ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その33 作品30。 | Main | ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その34 作品31。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その289 Os gêmeos 148。:

« ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その33 作品30。 | Main | ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その34 作品31。 »