« ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その31 作品28。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2009 その47 曇り時々雨。 »

segunda-feira, 23 de novembro de 2009

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その287 Os gêmeos 146。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
パンドルフォ兄弟は、多作である。
国際的に有名になった今でも、描き続けている。

彼らの多くの作品は、かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuciリベルダーヂLiberdadeベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの北側のルース地区。
セントロ地区とルース地区を隔てるのが、東西に延びる鉄道である。

この鉄道の高架橋の橋脚に、今までにないパターンのパンドルフォ兄弟の作品を発見した。
Sps20091025ck

これも発見当時は、描かれてから日が経っておらず、状態はよかった。
Sps20091025co

カンタレイラ通りの800番台付近である。
Sps20091025cj

爆弾がある作品を他では知らない。
Sps20091025cp

いくら何でも、ブラジル・サンパウロでは、爆弾が落ちてくることはない。
Sps20091025cl

どうしてこのような図案にしたのだろうか。
Sps20091025cm

Sps20091025cn

このカンタレイラ通りは、基本的には問屋街で、平日は車が渋滞するところである。
しかし、この陸橋付近は、そういった問屋も少なく、人の動きも少ない。

週末は、問屋はせいぜい土曜日の午前中までしか営業しないので、
車の通りもほとんどなくなるし、
人も歩いていない。

もの凄いまがまがしさを感じるところでもないが、十分に周囲に気を払って、作品を鑑賞することをおすすめする。

|

« ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その31 作品28。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2009 その47 曇り時々雨。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その287 Os gêmeos 146。:

« ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その31 作品28。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2009 その47 曇り時々雨。 »