« ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その45 作品42。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2009 その56 ふたたび雨。 »

terça-feira, 8 de dezembro de 2009

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その79 Orchestra D`Archi Italiana。

2008年10月24日以来、”Ivan Lins”を最後に、コンサートについて取り上げていなかったのだが、
また始めている

ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

随分とたまっているので、2008年の分を、急いで紹介しておきたい。
コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 個人的に何とか対応したい。

-------------------------------
またまた、古い話になるのだが、昨年2008年5月7日(木)21時から、
サンパウロの「メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ」内にあるシモン・ボリバール公会堂で、
行われたOrchestra D`Archi Italianaのコンサートに行った。
Sps20080507malc

Sps20080507malh

Sps20080507malj

Sps20080507malp

Sps20080507mals

メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナのシモン・ボリバール公会堂で、
純然たるクラシックのコンサートが行われることは、少ない。

週に一回平日の正午から、「鏡の間」で、
1時間程度の、ミニコンサートが開催されていたりするが、
現れる観客は少ない。

ブラジルには、イタリア移民の子孫が2500万人いるという。
その多くはサンパウロ州に住んでいて、サンパウロ州の人口の約半分がイタリア人の子孫という。

そういうこともあって、
イタリア政府の後援による文化活動も、きわめて盛んである。

毎月毎月、種々の催しが行われている。
美術展覧会もあるが、
音楽活動も頻繁に行われている。

このOrchestra D`Archi Italianaもそうした活動の1つであった。
ここメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナでは、
1年に1回は、
その一環としてのクラシックのコンサートが開催されている。

メンバーの一人に、
東洋系の顔立ちの女性がいた。
Sps20080507mald

(プログラム)
Sps20080507malaa

Sps20080507malab
※クリックすると拡大する。

Sps20080507malac

Sps20080507malad

バイオリンに、"Kanda Chiaki"という名前がある。
日本人のようだ。
イタリアに住み、ブラジル・サンパウロで公演をされている。
すばらしいことだ。

Sps20080507malg

-------------------------------
大変時間がかかったが、
2008年に行ったコンサートについての紹介をこれが最後になる。

数えてみると、
50回以上行っていた。

ここではあまり紹介しなかったが、
クラシックのコンサートにも20回程度は行った。

次回からは、2009年に行ったコンサートについての紹介をしていく。

|

« ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その45 作品42。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2009 その56 ふたたび雨。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その79 Orchestra D`Archi Italiana。:

« ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その45 作品42。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2009 その56 ふたたび雨。 »