« ブラジル・サンパウロのナタウ2009 その1 いつものナタウ。 | Main | ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その65 作品62。 »

sábado, 26 de dezembro de 2009

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その298 Os gêmeos 157。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
パンドルフォ兄弟は、多作である。
国際的に有名になった今でも、描き続けている。

彼らの多くの作品は、かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuciリベルダーヂLiberdadeベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南を迂回して、サンパウロ市の東西を結ぶ大幹線道路のラヂアル・レスチ・オエスチが、サンパウロ市の南北を結ぶ大幹線道路のヴィンチ・トレース・ヂ・マイオ大通りと、立体交差するあたりにある道路壁に書かれた壁絵。
Sps20081214cb

この作品は、
サンパウロ市が公認したもので、パンドルフォ兄弟のほか、ニナ・パンドルフォやヌンカなどが参加した共同制作作品である。
Sps20081222cb

Sps20081222cj

この作品が書かれた道路壁には、以前にも公認の共同制作作品が描かれていたのだが、市に依頼されたグラフィッチの塗り消しを行っている業者が塗りつぶしてしまった

これに抗議したところ、市がまたあっさりと非を認めてしまった。
そして、また新たに、2008年12月に、共同制作作品が描かれた。
Sps20081214ca

Sps20081217ca

個人的には、共同制作作品そして市当局の公認の作品は、パンドルフォ兄弟の作品としては、あまり評価していない。

メルヘンな、寓話的な図案になることが多く、サンパウロ市の危ない地区に出没する少年たちを描いたグラフィッチのような生々しさがないからである。

とはいえ、パンドルフォ兄弟の作品でもあることも、事実であるので、紹介しておく。
Sps20081222cc

Sps20081222ce

Sps20081222cf

Sps20081222cd

特に、パンドルフォ兄弟によって、描かれた部分である。
Sps20081222ca

Sps20081222ch

Sps20081222ci

このほかにも全体にわたって、彼らの手による小さなキャラクターも存在している。

|

« ブラジル・サンパウロのナタウ2009 その1 いつものナタウ。 | Main | ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その65 作品62。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その298 Os gêmeos 157。:

« ブラジル・サンパウロのナタウ2009 その1 いつものナタウ。 | Main | ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その65 作品62。 »