« ブラジル・サンパウロは「春」2009 その55 曇り。 | Main | ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その45 作品42。 »

segunda-feira, 7 de dezembro de 2009

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その296 Os gêmeos 155。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
パンドルフォ兄弟は、多作である。
国際的に有名になった今でも、描き続けている。

彼らの多くの作品は、かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuciリベルダーヂLiberdadeベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの東側を、タマンドゥアテイ川が南から北へ流れている。
Sps20090728cu

そこは、川を挟んで、パルケ・ドン・ペドロ1世と呼ばれる広大な地区である。
パルケと名がつくが、公園ではない。

南北に長い楕円形をした地区で、半分以上は、未使用になっている。、
Sps20090728ct

一部には、サッカーグラウンドもある。
タマンドゥアテイ川の西側は、市の東部や南東部へ向かうバスのターミナルもある。
Sps20090728czc

高架になっているが、地下鉄の駅もある。
Sps20090728czi

だが、実際は、南北を結ぶ幹線道路のエスタード大通りや、東西を結ぶラヂアル・レスチ・オエスチなどを中心としたサンパウロ市の重要な大幹線道路が、このパルケ・ドン・ペドロ1世で、立体交差になった周回道路で、交差している。

車の通りは多いが、バスターミナルや地下鉄駅に向かう人たちが歩いているところ以外は、人はあまり歩いていない。
ただ、緑地や高架下には、住民がお住まいになっている。
Sps20090728czs

このパルケ・ドン・ペドロ一世地区の、南側の高架下に、パンドルフォ兄弟の作品が3体ある。
発見したのは、6月のはじめである。

まず、エスタード大通りを南から北に向かい、ラヂアル・レスチ・オエスチを市西部に向かうアプローチが円を描いて、高架になっていく部分の橋脚に最初の作品を発見した
Sps20090611czf

このあたりは、交通量も多いし、駐車禁止なので、ブラス側に、車をおいて、歩いて現地へ向かった。
Sps20090613cq

この作品のある地点の道路を隔てた向かい側には、バス乗り場があり、バス待ちの人たちには、奇異には思われただろうが、人が多い分、多少なりともリラックスして、撮影することができた。
Sps20090611cze

Sps20090611czc

Sps20090611czd

パンドルフォ兄弟の作品を一体でも発見したときには、かならず、その周辺にもあると思った方がよい。
撮影を終えて、周辺も見回したら、さらに作品を発見できた。
Sps20090611czg

100メートルほど南である。
ラヂアル・レスチから、ラヂアル・レスチ・オエスチに向かう高架道路が、エスタード大通りの北行きを越える部分の橋脚にあった。

わずか、100メートルなのであるが、やや薄暗く、普通の人が歩くようなところではない。

近づいていったら、そこには、2体の作品を発見した。
Sps20090611czo

Sps20090611czl

Sps20090611czi

Sps20090611czk

ただ、1体の作品の足下で、熟睡中の方がおられて、その作品の完全な姿を撮影することができなかったので、後日撮影し直すことにした。
Sps20090611czn

Sps20090611czh

Sps20090611czm

次の撮影までは、約1ヶ月半もあいたのだが、ともかく撮影を無事に済ますことができた。
Sps20090728cr

Sps20090728czl

Sps20090728cl

Sps20090728czk

Sps20090728czj


Sps20090728cq

Sps20090728czm

Sps20090728czr

Sps20090728czt


Sps20090728ch

Sps20090728ck

Sps20090728cj

Sps20090728czp


Sps20090728ci

Sps20090728cg

Sps20090728cf

Sps20090728czn

Sps20090728czo

その後このあたりには、住民が増加している。
いつも書いていることだが、そういった住民に対する配慮が、非常に重要である。

住民と通じ合えないような人は、現地での作品の鑑賞はするべきではない。

|

« ブラジル・サンパウロは「春」2009 その55 曇り。 | Main | ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その45 作品42。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その296 Os gêmeos 155。:

« ブラジル・サンパウロは「春」2009 その55 曇り。 | Main | ブラジル・サンパウロの”// PARALELA 08 //”展 その45 作品42。 »