« ブラジル・サッカー・オフ2009 その3 コリンチャンスの、ダニーロ獲得が近い。 | Main | ブラジル・サッカー・オフ2009 その4 コリンチャンスはラルフと契約。 »

domingo, 13 de dezembro de 2009

ブラジル・サンパウロのコンサート2009 その4 Theatro São Pedro。

2009年に行ったコンサートについて、これから紹介をしている。

2009年は、歴史的中心部セントロにあるサンパウロ市立劇場が、2度にわたり改装を行い、ほとんど閉鎖されていたことで、このサンパウロ市立劇場にはほとんど行くことができなかった。
今も、まだ閉鎖中である。

このサンパウロ市立劇場は、サンパウロ市立交響楽団などのコンサートがほぼ開催されていたのだが、ことしは、別の小さな会場に移して、演奏を行っていた。

このことと、演奏のプログラムにあまり好みのものがなかったこともあって、2009年は、クラシックのコンサートにほとんど行っていない。

12月の第1週までに、40をちょっと越えたくらいのコンサートに行っている。
2008年よりも、10ほど少ない。

-------------------------------
ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 個人的に何とか対応したい。

-------------------------------
前にも、書いたことだが
ブラジルでは、
12月の中旬から、1月もしくは2月の中旬までは、学校は「夏休み」で、ナタウ(=クリスマス)などもあり、休暇シーズンになる。

このためか、公的な会場でのコンサートやショーの開催は著しく減る。

クラシックのコンサートの、1年間もしくは半年間のプログラムの発表も、この休暇シーズンがあけてからである。

-------------------------------
2007年の末頃から鑑賞に行った、
コンサートの模様を紹介しているのだが、
ちゃんと読んでいる方であれば、
それらの会場が、まだ10程度しかないことに気付かれているかもしれない。

人口1000万人を越えるサンパウロ市で、そういった会場が10程度しかないわけではない。
大中小の公的な施設だけでも、30-40はあるだろう。
それに、レストランバーやライブハウスなども入れると、数十では聞かないだろう。

定期的にやっていないものを入れると、100どころではないはずだ。

中には、若者向けのライブハウスで、数百人以上入るが、開場が23時とか、時には2時とかいうところもあるが、とても縁が遠い。

行っているショーやコンサートの、基準の1つは、拙宅から、それほど遠くないことが大きい。

これは、レストランやショッピングでも、基本的に同じことだ。

よほどのことがない限り、車で1時間も、市内を運転したくない。
まして、夜はだ。

そういうことで、会場が、結構限っている。
市内南部にある収容人数が大きなホールでの、ショーなどは、はじめから選択支に入れていない。

幸い拙宅は、市内中心部にきわめて近く、交通至便なところにあり、そういう条件にかなう施設は少なくない。

さらに、催しの種類や出演人数にもよるが、良い席を確保できることも、条件の1つである。
あまりに遠すぎて、顔も見えないところはいやだ。
だから、屋外の巨大会場などには行かない。

さらに、料金も大きな要素である。
日本に比べれば、比較にならないくらい料金は、安いものが多い。
公的な補助や企業メッセが当たり前のこともあるだろう。
ブラジルの水準で、それなりの範囲と思われるものにしている。

といって、できるだけ、無料のも、極力避けるようにしている。
無料となると、客層があまり良くないことが多いし、
無料なだけに、真剣に鑑賞していない人が多くて、騒がしいこともあるからだ。

条件をいろいろとつけても、
とても行けないくらいコンサートやショーは多い。

この環境には十分満足している。

-------------------------------
さて、今年は、サンパウロ市立劇場が改装のためにほとんど閉鎖されていた。

そのため、その代わりになるような劇場がないか、また探索していたところ、拙宅から近くにあった。
それが、サン・ペドロ劇場Theatro São Pedro。
Sps20090325cca

拙宅から車まで10分程度の、サンタ・セシリア地区のバッハ・フンダ通りにある。
Sps20090325ccb

会場から90年を経ているが、近年では2004年に改修が終了して、きれいになった劇場である。

ここは、サンパウロ州政府の関連団体が運営していて、
クラシックでも、オペラやコーラスなどがよく催されている。
Sps20090307cca

ほとんどの場合、料金は、申し訳ないくらいに、リーズナブル。
Sps20090307ccb

この地区自体は、商工業混在地区化しており、それほど良いところではないが、観客のレベルは高い。
隣接しているサンパウロ市で最高級のアパート地区のイジェノポリスからの観客が多いようだ。

収容人数は約600席と、手頃。

今年は、4回行った。

2010年は、もっと回数を増やそうかと思っている。

ここも、もちろん、観客に日系人の姿を見ることはきわめて少ない。

|

« ブラジル・サッカー・オフ2009 その3 コリンチャンスの、ダニーロ獲得が近い。 | Main | ブラジル・サッカー・オフ2009 その4 コリンチャンスはラルフと契約。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのコンサート2009 その4 Theatro São Pedro。:

« ブラジル・サッカー・オフ2009 その3 コリンチャンスの、ダニーロ獲得が近い。 | Main | ブラジル・サッカー・オフ2009 その4 コリンチャンスはラルフと契約。 »