« サッカー・サンパウロ州選手権2010 その5 第2節コリンチャンス対ブラガンチーノ戦の廉価席の入場券売り切れ。 | Main | ブラジル・サッカー・始動2010 元選手エヂムンドの父親が亡くなった。 »

quarta-feira, 20 de janeiro de 2010

ブラジル・サッカー・始動2010 ロベルト・カルロスはブラジル代表復帰の希望をまだ持っている。

コリンチャンスCorinthiansに入団してから、ロベルト・カルロスRoberto Carlosはブラジル代表seleção brasileiraとしてもう一度ワールドカップCopa do Mundoを戦いたいことを隠していない。

しかし、2010年の南アフリカÁfrica do Sulに出るという夢があるにもかかわらず、ロベルト・カルロスは、彼がブラジルBrasilに戻ってきたのはまたブラジル代表の黄色のユニフォームを着るという望みとは関係が無く、36歳のできを評価するためにサンパウロ州選手権Campeonato Paulistaの何試合かを考えることを望んでいる。

「代表が理由でブラジルBrasilに戻ってはいない。 自分はワールドカップを考えるためにブラジルBrasilに戻ってないと言った。良いプレイができれば、ドゥンガDunga代表監督が自分が行くべきと考える。 それでよい。 スペースは空いている」と明言した。

Ronaldoロナウドと同様に、2006年のあと、ロベルト・カルロスRoberto Carlosはブラジル代表でのポジションを得るためにドゥンガDunga代表監督を取り込むためには少ししか時間がなかった。
ドゥンガ代表監督は実質的にグループを決めている。
.
「何が起きうるか見るためにサンパウロ選手権Campeonato Paulistaで1ヶ月間期待しよう」と、ロベルト・カルロスは付け加えた。

しかし、ロベルト・カルロスRoberto Carlosは、ロナウドFenômenoよりも優位なところがある。
ドゥンガDunga代表監督はまだ左SBの正選手に出会っておらず、このポジションでのテストを続けている。

フェネルバシェFenerbahce-TURのアンドレ・サントスAndré Santosが、今までのところよりプレイしているが、未だに未定だ。
ロベルト・カルロスの経験が助けになる。

「自分は自分のプレイのスタイルを決して変えていない。 とても攻撃的だったので、時々非常にカバーされた。 しかし変えない。 欧州Europaでマークをすることをよく学んだ。 今は、自分はよく準備ができてい手、90分から何ができるか知っている」と締めた。

-------------------------------
ロベルト・カルロスが、ブラジル代表に復帰の希望をまだ持っているとはちょっと驚いた。

たしかに、2006年のワールドカップがあのようの結果に終わったあとに、ブラジル代表監督となったドゥンガは、左SBにいろいろな選手を招集してきたが、往年のロベルト・カルロスを超えるような選手がいないのは事実。

だが、2006年のブラジル代表にとっての最終戦となった対フランス戦の敗戦の大きな責任は、ロベルト・カルロスにあるのも事実。

ロベルト・カルロスは、ドゥンガ代表監督になって一度も招集されていないはずだ。

昨年半ばまで、コリンチャンスにいたアンドレ・サントスも、確かによいところはあるが。


|

« サッカー・サンパウロ州選手権2010 その5 第2節コリンチャンス対ブラガンチーノ戦の廉価席の入場券売り切れ。 | Main | ブラジル・サッカー・始動2010 元選手エヂムンドの父親が亡くなった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー・始動2010 ロベルト・カルロスはブラジル代表復帰の希望をまだ持っている。:

« サッカー・サンパウロ州選手権2010 その5 第2節コリンチャンス対ブラガンチーノ戦の廉価席の入場券売り切れ。 | Main | ブラジル・サッカー・始動2010 元選手エヂムンドの父親が亡くなった。 »