« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その301 Os gêmeos 160。 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」2009-2010 その17 やっぱり豪雨。 »

segunda-feira, 25 de janeiro de 2010

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その144 アレルギーで病院へ。

このブログで、かつて2005年から2008年半ばまで毎週取り上げていて、今でもその記事へのアクセスが上位に来ているサブリナ・サトウ。

ブラジルで、男女を問わず好感度大の、大人気の日系人タレントである。

もちろん、rede TV!局のpanico na TVという番組の不動のレギュラーとして、出演を続けている。

そのサブリナ・サトウは、この番組以外でも、毎週のように話題を提供している。

-------------------------------
1月19日(火)に、サブリナ・サトウSabrina Satoが病院に行ったのは、化粧をするためではない。

写真撮影の時に使っていた、つけ爪unhas postiçasの接着剤colaが、サブリナ・サトウの目にアレルギーalérgicaを引き起こした。
爪のための接着剤がどうして、目のアレルギーになるのだろう。


サブリナ・サトウはそれで家で休んでいて、仕事に戻るのはガヴィオンエス・ダ・フィエウGaviões da Fielの(カルナバルの)リハーサルがある22日(金)になる。
サブリナ・サトウは、ガヴィオンエス・ダ・フィエウでは、今年もrainha de bateriaとなっている。

「とても痛かった。 兄弟に笑われた」と、サブリナ・サトウが語っている。

-------------------------------
サブリナ・サトウは、このアレルギーからすでに回復していて、
23日(土)には、リオ・デ・ジャネイロのレブロンLeblonのレストランで、
目下の恋人のファビオ・ファリアFábio Fariaと昼食を取っていた。

-------------------------------
ガヴィオンエス・ダ・フィエウといえば、
コリンチャンスの最大のファン組織である。

エスコーラ・ヂ・サンバでもあり、
サンパウロのカルナバルのデスフィーリにも、
今年も参加する。

サブリナ・サトウもコリンチャンスのファンであり、
もう毎年ガヴィオンエス・ダ・フィエウに参加している。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その301 Os gêmeos 160。 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」2009-2010 その17 やっぱり豪雨。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その144 アレルギーで病院へ。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その301 Os gêmeos 160。 | Main | ブラジル・サンパウロは「夏」2009-2010 その17 やっぱり豪雨。 »