« ブラジル・サンパウロは「夏」2009-2010 その やや気温が上昇。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2010 その 第11節終了。 »

sábado, 27 de fevereiro de 2010

サッカー・ブラジル代表2010 その グラフィッチとカルロス・エドゥアルドを追加招集。

ドゥンガDunga代表監督は、2月27日(土)に、ウォルフスブルグWolfsburgのFWグラフィッチGrafiteとホーフェンハイムHoffenheimのMFカルロス・エドゥアルドCarlos Eduardoを、3月2日(火)にロンドンLondresで行われるアイルランドIrlandaとの親善試合に招集した。

グラフィッチGrafiteは、肩の問題で代表を外されたFWルイス・ファビアーノLuis Fabianoの代わりに喚ばれた。
二人の選手は、日曜日にロンドンLondreに現れる。

今回で、グラフィッチGrafiteがブラジル代表seleção brasileiraに喚ばれるのは2回目。
最初に喚ばれたときには、グラフィッチはブラジル代表として彼のただ一つのゴールを決めている。
2005年に、パカエンブーPacaembu競技場で行われたグァテマラGuatemalaとの親善試合である。
この試合は、ロマリオRomárioの代表からの引退試合となった。

「この招集を待って時間が経った。 よく仕事をして、ゴールをすれば、そうなるとわかっていた。 とても満足している。 プロは誰でもその国の代表の一人になる夢を見ている。 自分も何も違っていない」と、グラフィッチGrafiteは明言した。

「ブラジル代表seleção brasileiraになれば、トーナメントで戦いたい夢がある。 難しいことは知っているし、ドゥンガDunga代表監督が実質的にグループを決めていることも知っている。 でも仕事を続ける。 最終招集の日に誰がグループに入るのかがわかる」と語った、

招集されたことを祝っているのは、カルロス・エドゥアルドCarlos Eduardoもそうだ。
カルロス・エドゥアルドは、すでに対オマーンOmã戦と対イングランInglaterraド戦の親善試合にドゥンガDunga代表監督のグループに入っていて、今回また復帰した。

「少し驚いた。 でもとても幸せだ。 こんな報せを毎日受け取ることはない。 もう一度いい仕事をして、ブラジル代表の指揮官を喜ばせたい。 ブラジルになることよりも、ずっとグループに居続けることが難しい」と、カルロス・エドゥアルドCarlos Eduardoは明言した。

-------------------------------
ロナウヂーニョ・ガウーショは、追加招集には入らなかった。

|

« ブラジル・サンパウロは「夏」2009-2010 その やや気温が上昇。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2010 その 第11節終了。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表2010 その グラフィッチとカルロス・エドゥアルドを追加招集。:

« ブラジル・サンパウロは「夏」2009-2010 その やや気温が上昇。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2010 その 第11節終了。 »