« ブラジル・サンパウロは「夏」2009-2010 その 暑い。 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯(2010年)とコリンチャンス その10 入場券の売れ行き好調。 »

terça-feira, 23 de fevereiro de 2010

サッカー:コリンチャンスのロナウド その53 2011年12月、引退。

ロナウドRonaldoは、2011年12月31日をもって、その経歴の終わりにする。

2月22日(月)の、パルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeでの記者会見で、ロナウドはコリンチャンスCorinthiansとの契約をもう一年前倒しに更新し、来年の末からはもうプロ・サッカーではプレイしないことを明らかにした。
このあと、世界に向けて、コリンチャンスの大使となる。

「自分はもう2年更新した。 経歴の最後となる。 全力を出したい。 楽しんで、重要なタイトルと取っておえたい」と、この12月にはプレイを終えるかもとしていた、ロナウドは語った。

数多くの怪我、特に膝、にもかかわらず、ロナウドFenômenoはまだ高いレベルでのプレイができる身体の状態にあると理解している。
今年の初め、ロナウドは、サンパウロ州選手権Campeonato Paulistaでわずか2試合プレイしただけで右腿の筋肉の問題がでた。 回復して、ロナウドは、2月24日(水)21時50分からパカエンブーPacaembu競技場で行われるラシングRacing-URU戦で、コリンチャンスTimãoの選手としてリベルタドーレス杯Taça Libertadoresの初戦に臨む。

「我々のファンは非常に情熱的である。 ますますこのクラブが好きになっている。 ますます自分がわかってきた。 ここサンパウロSão Pauloでの自分の人生をすばらしいものにしたい」と、ロナウドは明言した。

2011年のあとは、ロナウドRonaldoはグラウンドの外で活動する。
彼はすでにコリンチャンスCorinthiansの社長と、海外におけるコリンチャンスの大使となる合意がある。 コリンチャンスの視界を海外に広げるだけではなくて、ロナウドは他のクラブやスポンサーとの関係をつなげたりすることに責任持つ。

「ロナウRonaldoドは、海外におけるコリンチャンスCorinthiansの代表になる。彼が持っている名前や重要性を、コリンチャンスの力と合わせる」と、ロナウドの代理人のファビアーノ・ファラーFabiano Farahは説明した

今のところ引退はしないので、ロナウドRonaldoはもう一度ワールドカップCopa do Mundoで戦いたいという、彼にとって5度目になる夢を隠さなかった。
今まで、ロナウドは一度もドゥンガDunga代表監督に招集されておらず、南アフリカに行くグループに入るというのは全く困難なことである。 2014年は37歳で、ロナウドはあきらめている。

「ワールドカップについて、見ていよう。 また今でも、行くチャンスはある。 その次2014年は不可能だ。 彼はもう遙かに遠く、時は過ぎ去っている」と、ファビアーノ・ファラーは締めた。

-------------------------------
引退は、2年先の話。

怪我が続くようだと、もっと早まるかも。


|

« ブラジル・サンパウロは「夏」2009-2010 その 暑い。 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯(2010年)とコリンチャンス その10 入場券の売れ行き好調。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:コリンチャンスのロナウド その53 2011年12月、引退。:

« ブラジル・サンパウロは「夏」2009-2010 その 暑い。 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯(2010年)とコリンチャンス その10 入場券の売れ行き好調。 »