« ブラジル・サンパウロのコリンチャンスの礼拝堂に泥棒。 | Main | ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その1 「緑と黄色」 »

segunda-feira, 22 de março de 2010

第29回サンパウロ・ビエンナル その1 ポスター発表。

今年2010年は、2年に一度の「サンパウロ・ビエンナル」の開催年に当たる。
※※「サンパウロ・ビエンナーレ」ではない。
   「サンパウロ・ビエナウ」の方が、より正確だろうが、
   今まで「サンパウロ・ビエンナル」としてきたので、
   ここではそのまま踏襲する。

-------------------------------
サンパウロ・ビエンナル財団Fundação Bienal de São Pauloは、9月21日(火)から12月12日(日)まで開催されることが予定されている、第29回のこの美術展のポスターを発表した。

サンパウロ・ビエンナル財団のデザイン及びビジュアルID・チームのコンセプトで、ポスターは、アラゴアス州出身の詩人のジョルジ・ジ・リマの言葉"Há Sempre um Copo de Mar para o Homem Navegar"をベースにしている。
この言葉は、第29回サンパウロのタイトルともなっている。

ポスターは、先週、このイベントの最初の講演が行われたアレーナ劇場Teatro de Arenaの入り口に掲げられた。
財団によると、このポスターは、今回のビエンナルの「平易な隠喩」"metáfora singela"となっている。
Sps20100318bbcartazbienal2

-------------------------------
"Há Sempre um Copo de Mar para o Homem Navegar"の、的確な訳を思いつかない。

-------------------------------
あまりにお粗末だった第28回サンパウロ・ビエンナルのあとなのだが、
財団にお金がないのは変わりがないようだ。

昨年11月だったと思うが、
展示企画責任者(=学芸員ではちょっと説明がたりない)を補佐する”外国人”企画員7人が発表されたが、その一人は日本人女性だった。

招待作家も、第1陣が発表されているが、その中には日本人はいなかったようだ。

サンパウロ・ビエンナル財団のサイトは、全く更新がなされておらず、
公式発表を、今のところ、見つけることはできない。

マスコミや美術関係のサイトや美術関係者のブログなどから、情報を得るしかない。

|

« ブラジル・サンパウロのコリンチャンスの礼拝堂に泥棒。 | Main | ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その1 「緑と黄色」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第29回サンパウロ・ビエンナル その1 ポスター発表。:

« ブラジル・サンパウロのコリンチャンスの礼拝堂に泥棒。 | Main | ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その1 「緑と黄色」 »