« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その305 Os gêmeos 164。 | Main | ブラジル・サンパウロは「秋」2010 その11 天気は回復中。 »

terça-feira, 30 de março de 2010

ブラジル・サンパウロのコンサート2009 その12 Dolores Duran。

2009年に行ったコンサートについて、紹介をしている。

2009年は、歴史的中心部セントロにあるサンパウロ市立劇場が、2度にわたり改装を行い、ほとんど閉鎖されていたことで、このサンパウロ市立劇場にはほとんど行くことができなかった。
今も、まだ閉鎖中である。

このサンパウロ市立劇場は、サンパウロ市立交響楽団などのコンサートがほぼ開催されていたのだが、ことしは、別の小さな会場に移して、演奏を行っていた。

このことと、演奏のプログラムにあまり好みのものがなかったこともあって、2009年は、クラシックのコンサートにほとんど行っていない。

12月の第1週までに、40をちょっと越えたくらいのコンサートに行っている。
2008年よりも、10ほど少ない。

-------------------------------
ブラジルでは、
クラシックのコンサートをConcertoといって、
その他の音楽のコンサートはShowといって区別しているようだが、
ここではすべてコンサートとする。

コンサートの音源は、音質に難がある場合もあるが、ほとんどあるのだが、
スペースの問題で、当分の間、省略する。
※ブラジルのコンサートの様子をどうしても知りたいという、希望者があれば、
 個人的に何とか対応したい。

-------------------------------
2010年も3ヶ月が過ぎようとしているのだが、
すでに、18のコンサートに行った。
それなのに、ここでの紹介は今だ2009年の、それもやっと12番目である。

-------------------------------
2009年8月11日(金)18時00分から、
サンパウロ市のバッハ・フンダにある、
ルイ・バルボーザ労働裁判所にある講堂で開催されたのが、ドロウレス・ドゥランDolores Duranのコンサートである。

ドロウレス・ドゥランは、もうとうの昔に亡くなっている。
2009年が、亡くなって50年に当たる年だった。
それで、追悼のコンサートが開催されたわけだ。

"o Lado B de Dolores Duran"と名付けれられて、ブラジル銀行がスポンサーとなり、
8月21日(金)、22日(土)、23日(日)の3日間に、場所も、出演者も違えて、3回のコンサートが開催された。
Sps20090821bba

その最初のコンサートに行った。
Sps20090821bbb

この労働裁判所の建物は、その建設に当たって、巨額の賄賂が動いたことで有名な建物で、当の裁判所長が逮捕されて、すでに裁きを受けている。
ただ、高齢なので、刑務所に収監されず、自宅での「座敷牢」となっている。
自宅も、超豪邸で広大な庭もあり、ちっとも刑になっていないように思える。
Sps20090821trta

その裁判所の地下にある講堂で、コンサートが行われたのだが、
無料で、入場券は、1時間前から先着順となっていた。
後にも先にも、ここでのコンサートは、今のところこれだけしか行ったことがない。
Sps20090821trtb

こんなコンサートだったのだが、
出演者がすごいのだ。
アライデ・コスタAlaide Costa, クラウデッチ・ソアレスClaudette Soaresというほとんど化石のような人たち。
この人たちでなければ、ドロウレス・ドゥランを語ることはできないはずである。
ドロウレス・ドゥランは、非常に若くして亡くなっており、
彼女たちよりちょっと年上くらいだったはずである。
ドロウレス・ドゥランは、歌手でもあり作曲家でもあり、良い作品を残していた。
ただ、「ボサノバの歴史」に書かれていることだが、非常な名訳として「ヤ○マン」であったこということである。
Sps20090821bbc_2

Sps20090821bbd

最初に登場したのは、
イージー・ゴードンIzzy Gordonという、割と若く、背が高い、黒人系の歌手。
誰なのか知らなかったが、2008年頃にドロウレス・ドゥランを追悼するアルバムを作成していた。
ドロウレス・ドゥランの実の姪に当たるそうだ。
Sps20090821trtc

Sps20090821trtd

そして、次に登場したのが、アライデ・コスタ。
Sps20090821trtf

Sps20090821trte

最後に登場したのが、
やや足が弱ってきているのが、ステージに上がるのがやや苦労していた、
クラウデッチ・ソアレス
Sps20090821trth

Sps20090821trti

とても小さな大歌手である。
Sps20090821trtk

そして、またイージー・ゴードンが登場し、
Sps20090821trtn

さらに3人が揃い、歌った。
Sps20090821trto

Sps20090821trtq

これで、無料というのが、信じられない、コンサートであった。
Sps20090821trtt

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その305 Os gêmeos 164。 | Main | ブラジル・サンパウロは「秋」2010 その11 天気は回復中。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/47833589

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのコンサート2009 その12 Dolores Duran。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その305 Os gêmeos 164。 | Main | ブラジル・サンパウロは「秋」2010 その11 天気は回復中。 »