« maio 2010 | Main | julho 2010 »

segunda-feira, 28 de junho de 2010

ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その6 対チリ戦。

6月28日(月)15時30分(*ブラジリア時間)から、
2010年サッカー・ワールドカップの、
ブラジル体表にとっての第4戦で、
決勝トーナメントでの初戦となる対チリ戦が行われた。

朝から、
何かそわそわして、落ち着かない。

トーナメントに入って、やっとワールドカップ本番といえるわけで、
真剣になる。

午前中に、いろいろなことを済ませておかないと、いけないので、
焦った感じ。

銀行やスーパーなど、人が多いわけでもないのだが、なんか落ち着かない。

12時を過ぎて、
帰宅を始める車が徐々に増えてきた。

Globo局は、14時40分過ぎには中継開始。
ガルヴォン・ブエノ氏が、いつものように快調に喋りまくっている。

15時頃で、
まだ拙宅の近くの、郊外へ向かう道路は渋滞。

そんな中15時19分に、
またもや車がカーブを曲がりきれずに、隣家に突っ込んだ。
明らかにスピードの出し過ぎて、
突っ込む前から、異常なタイヤの音がして、
またやるなと思っていたら、
やっぱり突っ込んだ。
盛大に、ほこりが上がった。


何人か乗っていたようで、
助手席の男は頭を打ったようだ。

だいたい時速30キロが、制限速度である。
60キロでも出し過ぎである。

結局、
試合に間に合わないどころか、
完全に見ることができなくなったわけだ。

気になるので、
試合開始後に見に行った。
運転していたのは、若い女性だった。
真新しそうなプジョーの307の全部が塀に突っ込んで大破していた。
エンジン・オイルが流れている。
エアバッグは機能したようだ。

15時40分過ぎに、
パトカーが2台やってきた。

1台のパトカーには、
どこかのテレビ局(たぶんバンデイランチ局)のクルーも同乗していた。

前半34分 DFフアンが、コーナーキックを、頭でゴール。

花火が上がりまくっている。
神経質な試合の均衡が崩れた。

前半37分、 FWルイス・ファビアーノのゴール。
オフサイドかと思っていたが、違っていた。
左から、ロビーニョがよく走った。

16時16分 前半終了。
        2対0で、ブラジルがリード。

レッカー車が来て、
事故車を引っ張っていた。
道路が空いているので、
早くやってきた。

後半14分に、ロビーニョのゴール。

結局、延長2分の末、17時22分に、
ブラジルが3対0で勝利した。

試合後、3-4分は花火が上がったが、
それもすぐに終わった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その5 対ポルトガル戦。

6月25日(金)11時(*ブラジリア時間)から、
2010年サッカー・ワールドカップの、
ブラジル体表にとっての第3戦で、
グループリーグでの最終戦となる対ポルトガル戦が行われた。

11時に試合開始と言うことで、
学校は7時30分に始まるのはいつも通りだが、
10時前には授業を終えて、帰宅。

公共機関は9時から10時頃まで窓口が開いているのはいい方で、
14時から業務開始というところも多かった。

朝は車が少なかった。

試合は、
地味に、
0対0の引き分け。
怪我をしないようにやったのだろう。

だいたい、ブラジルは旧宗主国のポルトガルには友好的である。

試合が終わって、20分もすると、車が増えてきた。

また業務開始である。

勝ったわけでもないので、
花火もあまり上がらず、
まあ落ち着いたものである。

ともかくも、
グループリーグを1位で通過したので、
強敵がいないトーナメントに入ることができた。

あいかわらず、ガルヴォン・ブエノ氏はうるさい。
10時前から、Globo局で喋りまくっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 21 de junho de 2010

ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その4 対象牙海岸戦。

6月20日(日)15時30分(*ブラジリア時間)から、
2010年サッカー・ワールドカップの、
ブラジル代表にとっての第2戦の
対象牙海岸戦が行われた。

最近は、「象牙海岸」と呼ばずに、「コートジボアール」とフランス語で表記するのが普通になったこの国だが、
ポルトガル語では、「コスタ・ヂ・マルフィン」という。
意味は「象牙海岸」である。

元々、日曜日の午前中は、あまり人も出てこないサンパウロ市のパウリスタ大通りではあるが、
いつもの日曜日よりは若干人のでが早かったように思えた。

やはり、「緑と黄色」を着た人が目立った。

この日も、開いている店舗でも14時には閉まるので、
用事がある人は早く出てきたのかもしれなかった。

先週までは、寒かったのだが、
週末からは、やや気温が上がってきた。
13時頃には、久しぶりに暑く感じるくらいになった。
なので、この時刻に出てきたような近所の人は、夏のような格好であった。

休日なので、
車も極端に少なく、
帰宅を急ぐようなラッシュもなく、
クラクションが鳴り響くこともなく、
ごく普通の日曜日の午後のようだった。

Globo局は、
14時から地上波で、中継を始めた。
試合開始1時間半も前である、
早速、ガルヴォン・ブエノ氏が登場し、「喋りまくっていた」。
この人、連日の試合中継もナレーターをしているのだが、
「うるさい」。
この日も、結局17時56分まで喋り続けていた。

試合開始前には、
”ブブゼラ”のようなものをならす人もいたし、
花火も上がったが、
初戦ほどではなかったようだ。

ゴールの時には、
ちょっと遅れて、花火が上がり、
前半終了でまた花火が上がり、
追加点でも花火が上がる。

そして、試合終了で、
また花火があちこちで上がる。

日曜日なので、
試合後も、
それほど交通量は増えなかった。

-------------------------------
試合後でも、
選手たちとが、マスコミと接触することは多くない。

ドゥンガ代表監督と、
マスコミ(Globo局も含む)との折り合いが悪く、
記者会見中に、
ドゥンガ代表監督がむくれるし、
不適切な発言(*ピー音で消されていたが)があった部分などが流される。

Globo局は、
正確な報道をしたいので、
もっと情報をほしいのだと言っていたが。

とにかく、
ブラジルのマスコミにも、
距離を置いているブラジル代表である。

練習でも、シャットアウト。
合宿所も、シャットアウト。

2006年の代表とは、全く大違いである。

おもしろネタなど全くない。

おもしろい選手もいないが。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

sábado, 19 de junho de 2010

ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その3 初戦 対北朝鮮戦。

6月15日(火)15時30分(*ブラジリア時間)から、
2010年サッカー・ワールドカップにおける
ブラジル代表の初戦が行われた。

対戦相手は、あの「北朝鮮」であった。

-------------------------------
その朝から、
やはり、サンパウロ市の様子は何か違っていた。

「午後に大事なことがある」という雰囲気である。
それにあわせて、すべてを行っているという雰囲気である。
すべての人が、そうなのだから、街中がいつもとはどことなく違った雰囲気なのである。

「緑と黄色」を着込んだ人が多かった。
「緑と黄色」の小旗をつけて走る車も増えていた。

午後からは仕事にならないので、サンパウロ市内に入ってくる車も少なかったのか、午前中は車がいつもよりはスムーズに動いていた。

14時に業務を終えることになっていたので銀行は、人が午前中に集中したようだ。

正午前から、
そろそろ帰宅し始める人が、現れていた。

昼食をとる人も、いつもよりは少なかった。

13時になると、
帰宅する車で道路が渋滞してきた。
15時30分までに、絶対に家に着かなくてはならないという目標があるわけで、
いつのも夕方のラッシュとはそこが違う。

かなり焦っているような感じで、
クラクションが鳴っていた。
それに、
ブブゼラではないが鳴り物をならしながら走る人も多く、
騒然としていた。

14時に州の公的な機関で用事があったのだが、
早めに13時前にはついていたのだが、
果たして予定通りなのかどうか、
警備員でもわからないという状態。

図書館で時間をつぶして、
13時45分頃にいったのだが、
どうも機能しそうであった。

所用を、14時40分頃までに済ませて、
拙宅に向かった。
近いところだったし、ラッシュの流れとは全く反対方向なので、
あまり渋滞はしなかった。

ほぼパカエンブー大通りを走ったのだが、
対向車線はまだだ渋滞であった。

ロナウドの自宅アパートのすぐ近くにある
彼の行きつけの美容サロン前あたりから、
パカエンブー競技場のまえのシャルレス・ミラー広場に至るまでである。
http://www.youtube.com/watch?v=OXUi10tKy1Y

さらに、自宅に戻る前に、
シャルレス・ミラー広場を軽く回ってみた。

サッカー博物館はすでに閉館していた。
競技場の一角にあるカフェバーは、
巨大な画面を設置して、
いつもよりスペースを広げて、
自宅に戻らずに観戦する人たちを期待していたようだが、
あまり客はいないようだった。
http://www.youtube.com/watch?v=SdvU9RjdBec

15時少し前に、拙宅に戻ったのだが、
Globo局の地上波では、
すでに、
ナレーターのガルヴォン・ブエノ氏が喋りまくっていた。

試合開始前に、
あちこちで花火が上がった。

まだ、渋滞は完全に解消していなかった。

後半になって、
ブラジルのゴールで、
また花火が少し上がった。

2点目でも、少しあがった。

試合終了時にも、
花火が上がった。
でも、たいしたことはなかった。

終了直前に、ゴールを入れられたせいなのか、
大勝でもなかったからかもしれない。

試合後、30分もすると、
また車が増えてきた。
試合中でも、車の通りが全くなくなったわけでもない。

昔に比べると、
試合中でも、静かではなくなったように思う。

-------------------------------
いつものことながら、
ブラジル代表は、
1次リーグ戦の初戦では、余りよい試合をしない。
徐々に調子を上げて、チームを作っていくという感じである。

第2戦そして第3戦を、見ていかなければならないだろう。

それにしても、
ドゥンガ代表監督の管理が厳しいので、
代表選手たちの「余計な情報」が全く出てこない。

それが、
2006年の代表とは大きな違いである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 14 de junho de 2010

ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢2010 その2 盛り上がっているような、盛り上げられているような。

ワールドカップも南アフリカで開幕し、
6月15日(火)は、ブラジル代表も初戦を迎える。

対戦相手は、あの「北朝鮮」で、
ブラジル・ブラジリア時間の15時30分からの試合となる。

明日は、学校は休みである。
サンパウロ市の公共機関は、14時で、「業務終了」ということである。
その他の機関も、ほぼ同様になるのだろう。

民間企業も、たぶん午前中で終わりだろう。
商店は、試合の前後は、シャッターを閉める。
その時間にお客もないだろう。

ただ、テレビを設置して、みんなで観戦しようという飲食店は多い。

------------------------
ところで、いったい盛り上がっているのかというと、
どうもそうでもないような気がする。

拙宅のある地区は、サンパウロ市内でも屈指の高級一戸建て地区なのだが、何も変わった様子はない。
そのせいかもしれない。

近くのサッカー博物館は、
ワールドカップにちなんだ特別企画展が開催されているので、
連日学童がバスを連ねて大挙して訪れている。

商店は、店内を「緑と黄色」に飾っているところも少なくはないが、意外にクール。
「緑と黄色」の服を着て歩いている人も少なくはないが、多くもない。

もちろん試合の日は、多いだろうが。

テレビは、
ガリバーのGlobo局は、またもや大人数を派遣している。
大体1年前から、人を常駐させていた。
今は、女性レポーターだって、連日登場している。

テレビといえば、CMは
かなり「緑と黄色」である。
オフィシャルスポンサーとなっているところなどは、当然としても、
そうでないところもだ。
観戦しながら、ビールを飲む人が少なくないせいか、
ビールの広告投入量は多い。

市内周辺部のどちらかといえば、
低所得者の住むような地区では、
道路が「緑と黄色」に、住民たちによって塗装されたりと、飾られているようだが、わざわざ見に行くようなこともない。

----------------------------
だいたい、
ドゥンガ代表監督が、
選手たちを厳しく管理していて、ブラジルのマスコミにさえ、ほとんど接触させていない。
毎日二人だけの記者会見だけである。
トレーニングだって、非公開が多い。

テレビのレポーターも、ネタ不足なわけである。

----------------------------
Globo局は、
全試合を地上波でも同時中継するようである。
系列のスポーツ専門局のsporTV局は、朝から晩まで、ワールドカップ一色といってもよい。

今日(6月14日)11時(*ブラジリア時間)から、日本代表の試合が行われたわけだが、
これも地上波で中継されていた。
ところどころ見ることもあったのだが、
中継アナウンサーのガルヴォン・ブエノ氏だけではないが、
話題の中心はカメルーンのエトー。
日本の選手は、あまり取り上げられいなかった。
まあ、田中選手くらいだったかな。
これは、ブラジル人だからまた別の関心である。

試合終了後のサンパウロのローカルニュースのトップでは、
日本代表を応援していたリベルダーヂの空手道場からの中継だったけど、
人も10人程度で、「サムかった」。
無理やりだったような。
人が集まるはずのリベルダーヂ広場でも、もう日本を応援するような人は多くないのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード2010 その1

6月6日(日)に、
2010年のサンパウロの「ゲイ・パレード」が挙行された。

例年通り、
パレードは、
パウリスタ大通りをスタートして、
コンソラソン通りを下り、
フランクリ・ルーズベルト広場までであった。

2005年から、
毎年行き、
毎年ここで紹介してきたわけであるが、
これにも飽きてきたいたところであった。

だけど、
当日の朝11時にパウリスタ大通りで所用があり、
これが終わったのが、13時過ぎということで、
ちょうどパレードと重なってしまった。

いつもの日曜日であれば、
車でその辺りまでいって駐車するのであるけども、
すでに規制されていることと、
周辺であっても混雑することは目に見えていたので、
アンジェリカ通りに車を止めて、あとは歩いていった。

パレードが始まる前ではあったが、
11時前でも、パウリスタ大通りには
かなり人が出ていた。

13時過ぎには、
もう、大音響が始まる前であったが、
人はもういっぱいであった。

戻りつつ、
パレードの中に入ったり、
歩道でながめたりした。

どうも、例年よりも、人手がずっと少ないように感じた。
というのは、あまり人と接触することなく歩けたからである。

だけども、
主催者の発表では、340万人が集ったと、
昨年以上だと発表していた。

拙宅の戻ったのは、15時頃であったが、
大音響は17時でもまだとどろき渡っていた。

写真は、例年のようには撮らなかった。
あまり変わり映えがしないようだったからだ。

楽しい様子だ。
大音量にするとより実態に近い。
http://www.youtube.com/watch?v=pd7AIVpFbS4
http://www.youtube.com/watch?v=Cc6FPM6C_XQ
http://www.youtube.com/watch?v=cpZJV8jfBgs
http://www.youtube.com/watch?v=2BNtiMOrtk4
http://www.youtube.com/watch?v=JitxoUpif4M
http://www.youtube.com/watch?v=IwgUPJhU48E
http://www.youtube.com/watch?v=roGm0nbe1o4
http://www.youtube.com/watch?v=xMWIkR_4i8w
http://www.youtube.com/watch?v=WoxN-_l3i-o

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 6 de junho de 2010

サッカー・サンパウロ州選手権2010 その9 第7節終了。

サッカー・ブラジル選手権の第7節が、
6月5日(土)および6日(日)に行われた。

この第7節終了後、
ワールドカップ期間中は、
ブラジル選手権は中断する。


結果は次の通り。


6月5日(土)                第7節第1日目
試合開始           試合結果               競技場
18h30   Avaí      0 x 3   Fluminense    Ressacada
18h30   Flamengo   1 x 2   Goiás        Maracanã
18h30   Vitória    1 x 0   Atlético-PR    Barradão
フルミネンセは、アウェーで勝利
フラメンゴは、ホームで敗戦
ヴィトリアはホームで勝利

6月6日(日)                第7節第2日目
試合開始           試合結果               競技場
16h     São Paulo    3 x 1   Grêmio     Morumbi
16h     Santos      4 x 0   Vasco      Vila Belmiro
16h     Botafogo     2 x 2   Corinthians  João Havelange
16h     Atlético-MG   0 x 1   Ceará      Mineirão
18h30   Internacional  1 x 1   Palmeiras    Beira-Rio
18h30   Guarani      1 x 0   Prudente    Brinco de Ouro
18h30   Atlético-GO   2 x 1   Cruzeiro    Serra Dourada
グレミオは、アウェーで惜敗
サントスは、地元で大勝
コリンチャンスは先行したが、後半に逆転された。
 しかし、終了1分前に、同点に追いついた。
 引き続き、無敗で、首位。
セアラはアウェーで勝利し、2位。
 無敗。
パルメイラスはアウェーで引き分け
※サンパウロ州内陸部同士の試合で、グァラニーはホームで勝利
アツレチコ・ゴイアニエンセはホームで勝利


次節の第8節は、
ワールドカップ終了後の
7月14日(水)に再開される。

7月14日(水)         第8節第1日目
試合開始           試合予定               競技場
19h30    Grêmio      x   Vitória      Olímpico
19h30    Atlético-PR   x   Cruzeiro     Arena da Baixada
19h30    São Paulo    x   Avaí        Morumbi
21h     Flamengo    x   Botafogo     Maracanã
21h50    Guarani     x   Internacional   Brinco de Ouro
21h50    Goiás       x   Vasco       Serra Dourada
21h50    Ceará       x   Corinthians   Castelão
※コリンチャンスは、アウェーでセアラと対戦。

7月15日(木)         第8節第2日目
試合開始           試合予定               競技場
21h   Palmeiras      x   Santos        Parque Antarctica
21h   Atlético-MG    x   Atlético-GO    Mineirão
21h   Fluminense     x   Prudente      Maracanã


(第7節を終了した時点での順位)
※2位のセアラの、7試合で、わずかに1失点というのはすごい。
Spf20100606a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 4 de junho de 2010

サッカー・サンパウロ州選手権2010 その8 第6節終了。

サッカー・ブラジル選手権の第6節が、
6月2日(水)および3日(木)に行われた。

結果は次の通り。


6月2日(水)                第6節第1日目
試合開始           試合結果               競技場
19h30  Atlético-PR   3 x 2   Botafogo       Arena da Baixada
19h30  Fluminense   2 x 1   Vitória         Maracanã
19h30  Prudente     1 x 0   Atlético-GO     Prudentão
21h   Ceará       2 x 0   Avaí          Castelão
21h50  Palmeiras    0 x 1   Flamengo       Pacaembu
21h50  Cruzeiro     0 x 0   Santos        Mineirão
21h50  Goiás       2 x 1   São Paulo       Serra Dourada
※アツレチコ・パラナエンセはホームで勝利。
 降格圏を脱した。
※フルミネンセは地元で勝利し、3位に上昇。
 破れたヴィトリアの監督はトニーニョ・セレーゾだった。
 ヴィトリアは降格圏入り。
※プルーデンチは地元で勝利。
 アツレチコ・ゴイアニエンセは、まだ勝利がなく、最下位。
※セアラは地元で勝利し、暫定で首位に立った。
 セアラはまだ無敗。
※パルメイラスは、ホームのパレストラ・イタリアが2年間改修で使用できず、 
 この試合はパカエンブー競技場で行った。
 ただ、観客はわずか5千人台。
 拙宅でも、試合が行われているとは思えないくらい静かだった。
 で、パルメイラスは敗れた。
 フラメンゴ4位に上昇。
※クルゼイロは地元で引き分け。
※ゴイアスは、地元で、堂々の勝利。
 正義の一撃をくらわした。

6月3日(木)                第6節第2日目
試合開始           試合結果               競技場
21h    Grêmio       2 x 1   Atlético-MG    Olímpico
21h    Vasco       0 x 1   Guarani       São Januário
21h    Corinthians    2 x 0   Internacional    Pacaembu
※グレミオは地元で勝利。
 アツレチコ・ミネイロは降格圏に陥落。
※ヴァスコ・ダ・ガマはホームで破れた。
※コリンチャンスは地元パカエンブー競技場を満員にして、
 完璧な勝利。
 ダニーロがPKになるファールを得て、これをロベルト・カルロスが決めた。
 ロナウドは、観客席で、アンドレ・サントスとしゃべっていた。 
 コリンチャンスはまだ無敗で、首位をキープ。
 この試合も観戦に行っていない。
 疾走中なのである。
 拙宅の前は、19時前からもう違法駐車状態であった。
 22時30分に戻ってきたときは、試合中なので、
 まだ何とか通ることができた。
 試合終了後、1時間以上も騒がしかった。


次節の第7節の予定は次の通り。
ワールドカップ前の最後の試合となり、以後中断する。

6月5日(土)                第7節第1日目
試合開始           試合予定               競技場
18h30   Avaí        x   Fluminense      Ressacada
18h30   Flamengo     x   Goiás          Maracanã
18h30   Vitória       x   Atlético-PR     Barradão

6月6日(日)                第7節第2日目
試合開始           試合予定               競技場
16h     São Paulo      x   Grêmio         Morumbi
16h     Santos        x   Vasco          Vila Belmiro
16h     Botafogo       x   Corinthians      João Havelange
16h     Atlético-MG     x   Ceará         Mineirão
18h30   Internacional    x   Palmeiras       Beira-Rio
18h30   Guarani        x   Prudente       Brinco de Ouro
18h30   Atlético-GO     x   Cruzeiro        Serra Dourada
※コリンチャンスは、アウェーでボタフォゴと試合。
※パルメイラスは、アウェーでインテルナシオナウと試合。


(第6節を終了した時点での順位)
Spf20100603a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« maio 2010 | Main | julho 2010 »